スキップしてメイン コンテンツに移動

★★中国は超大型機An-225を入手して何をするのか



中国には技術を自国で物にするためには時間と労力が必要だとの認識が近代化開始からずっと欠けたままです。今回も金の力で苦境にあるウクライナから技術を獲得する良い取り引きができたと思っているのでしょうが、長い目で見ればどうなのでしょう。戦略では長期的な視点が目立つ中国が技術戦略ではどうして同じことができないのか。それは科学技術の意義が理解されていないためとズバリ指摘しておきます。An-225は確かに巨大ですが、あまり意味のない機体でしょう。

War Is BoringWe go to war so you don’t have to
Antonov Airlines’ An-225. Karlis Dambrans photo via Flickr

China to Build the World’s Largest Plane — With Ukraine’s Help

The An-225 could assist Beijing’s space program, or something else

by ROBERT BECKHUSEN

  1. ウクライナの航空機メーカー、アントノフはソ連時代の伝説的企業でロシアのクリミア侵攻で存続が危うくななった。同社の主要顧客であるロシア政府が一夜にして望ましくない顧客に変身したためだ。
  2. 以前にも苦い経験はあった。ソ連時代の1980年代にアントノフは世界最大の輸送機An-225ムリヤ(「夢」)を企画し現在一機だけ飛行可能な状態にある。
  3. 今日ではこの唯一の機体が民生貨物輸送機として超重量級発電機、タービンブレイド、石油掘削装置まで運んでいる。興味深いことにアントノフはもともと同機をスペースシャトル搬送用に使おうとしていた。
  4. さこで中国が同型機をまず一機生産させようとしており、追加もありうる。
  5. 両国は協力取り決めに8月30日に調印し、未完成のままのAn-225二号機を完成させ中国航空工業集団に納入する。「第二段階でAn-225のライセンス生産を中国国内で認める」とアントノフは報道資料で説明。
  6. An-225ムリヤはNATO呼称コサックでAn-124ルスランを大幅に改造したものだ。An-124はロシア空軍で最大の輸送機として供用中で世界最大の軍用輸送機だ。だがAn-225は機体をさらに大きくしエンジン二基を追加し、貨物床を強化したうえ、主翼を延長し、尾翼もふたつになっている。このためムリヤは最大離陸重量が700トンと747より200トン多く、エアバスA380-800Fよりも50トン多い。An-225の翼幅は世界最大の290フィートで怪物航空機といってよい。ただし翼幅の最大記録はH-4ハーキュリーズが保持している。とはいえAn-225の機体重量は世界最大だ。
  7. 現在唯一のAn-225は初飛行が1988年だが、ブラン宇宙シャトル計画が1993年に打ち切られ、ウクライナは二番機を製作途中でモスボール状態にしていた。アントノフはこの二号機の生産を再開し中国へ納入する。
  8. 同社は二号機の機体状況を写したキエフ工場内写真を公開した。
The second, incomplete An-225. Antonov photos
  1. ミリヤはZMKBプログレスD-18ターボファン6基を搭載し、各51,600ポンドの水力を生む。車輪32個を搭載し(A380は22個)、巡航速度ほぼ500マイルで貨物満載して9,500マイルの飛行が可能だ。
  2. だがAn-225案件はウクライナ航空産業が深刻な状態にあり顧客がないことを示している。
  3. アントノフはソ連からウクライナが独立したためウクライナ企業とななったが、ソ連崩壊後も主にロシア向けに頑丈な輸送機を以前同様に設計していた。
  4. 同社は設計のみで生産していなかった。ただし2009年に製造部門に進出し、キューバや北朝鮮向け旅客機も製造したとニューヨーク・タイムズが報道している。
  5. だがアントノフは危うい状態にあった。ロシアのウクライナ東欧侵攻で環境が悪化し、ウクライナのロシアとの防衛関係は停止状態となった。
  6. 予想通りアントノフは苦境に立ち、危うくウクライナ航空産業を道連れにするところだった。「アントノフはウクライナの切り札だ。世界のどこにも負けない輸送機を産んだ企業だ」とウクライナの軍事アナリスト、ヴァレンチン・バドラクがNYタイムズに2014年語っていた。「同社の消滅は片腕を失うのと同じ」
  7. 同社はなんとか生き延び、2016年1月にウクライナはアントノフ資産を精算し、国営軍事複合企業体クラボロンプロム傘下に移した。
  8. そこで世界最大の航空機を入手する中国の意図が問題になる。詳細不明とはいえ、大型航空機案件では目に見えるものを信じろというのが鉄則だ。
  9. ロシアの航空専門家、ワシリー・カシンは中国にはAVIC中国航空宇宙工業という大企業があるが、今回の買い手AICCはずっと小規模の企業だと注意喚起している。
  10. 「今回の取引は中国がこれまで軍事用途の技術を入手してきたのと同じパターンで、ウクライナにとっては同社は貿易上の中間業者に過ぎない」とカシンはロシア国営報道機関スプートニクに述べている。
ソ連の宇宙シャトルであるブランがAn-225の機体に乗り第38回パリ国際航空宇宙ショー(1989年)に展示されていた。 Photo via Wikipedia
  1. An-225には戦略軍事輸送上の欠陥がある。機体が大きいため最大離陸重量では滑走路長が11,500フィート(約3,500メートル)必要で目的地も限られる。これでは戦略用途には不利だ。Popular Mechanicsによると軍事用途の輸送事例として2002年に米軍部隊をオマーンまで輸送している。
  2. 中国にも大型ジェット輸送機の必要があるだろうが、大量の機材が必要であり、運用確立のために今後数十年に渡り数百万人時間をかける必要がある。
  3. 高価かつ高度に特化した怪物超大型機がその目標に寄与できるのだろうか。中国空軍が大型機を生産運用する経験を必要としているのは事実だが。現在唯一の国産戦略級ジェット輸送機は西安Y-20で2013年に初飛行している。
  4. アントノフは知的所有権の譲渡は合意していない。中国にAn-225の知財は渡さないと説明している。
  5. だが中国版An-225では現在のウクライナ同様に世界各地への同機運行が発生するはずだ。このため同機運行に乗り気な民間会社が必要になる。現在An-225を運行するのはアントノフエアラインだけだが年間飛行回数は一回か2回しかない。
  6. もう一つの可能性はソ連がもともとAn-225に期待したのと同様のスペースシャトル搬送だ。
  7. 中国がソ連時代のブランやNASAスペースシャトル同様の高額で非効率な有人シャトル建造に乗り出す可能性は極めて低い。だがミリヤは中国の宇宙計画を小型宇宙機を搭載したロケットを空中発射することで支援できるはずだ。
  8. 中国が空中発射式の無人宇宙機神龍Shenlongを実験していることは知られている。西安H-6爆撃機が搭載するのがまず視認された。超大型支援機なら今後登場するはずの大型宇宙機を搭載できるだろう。
  9. ソ連がAn-225を打ち上げ母機として宇宙機MAKSを運用しよとしていたことを忘れてはならない。ミリヤでは再利用可能なロケット推進宇宙機を機体上部に搭載し、高度28,000フィートで降下し速度を稼いでからMAKSを切り離し滑空させる構想だった。
  10. だが端的に言って中国の意図がまったくわからない。また未完の二号機がウクライナを離れる日が本当に来るのかもわからない。■


コメント

このブログの人気の投稿

★★★★北朝鮮ミサイルが中国衛星で誘導されている可能性

中国も北朝鮮関連では叩けば埃がどんどん出そうですね。北京が見切りをつければ平壌の現政権など簡単に転覆させるでしょうが、中国国内にある北朝鮮とのしがらみ(おそらく共産党内部の派閥争い)と東北部の軍の非合法ビジネスの問題があり、米国といったん話がついても実施が難しいのでしょう。そのうちにしびれを切らした米国が単独行動に出るかもしれません。
Record China Is North Korea Using China's Satellites to Guide Its Missiles? 北朝鮮は中国衛星を使ってミサイル誘導をしているのか
Peter J. Brown May 23, 2017 http://nationalinterest.org/blog/the-buzz/north-korea-using-chinas-satellites-guide-its-missiles-20810?page=show

北朝鮮がミサイル発射を繰り返し米本土を狙うICBM開発に走る中、ひとつ見落とされている点がある。ミサイルに衛星誘導を使っているのではないか。北朝鮮に衛星航法ネットワークはないため、中国衛星を利用しているとの観測がある。 2014年報道で北朝鮮技術者が中国国内で北斗Beidou衛星航法システムの運用を研修中とある。同年の別の記事で中国軍専門官から中国は北朝鮮による北斗の軍事利用を止められないと発言している。 北斗以外に北朝鮮の選択肢として米露両国のGPSがあり、ロシアはグロナスGlonasと呼んでいる。 「グロナスの可能性もありますが、ミサイル誘導に北斗を利用している可能性の方が高い」と小泉 悠(未来工学研究所特別研究員、ロシア安全保障問題)がメールで述べており、ロシアは北の核実験後に武器および軍事関連技術の北朝鮮向け禁輸措置を取っているがグロナスが対象かは不明と小泉は述べる。 北斗衛星群打ち上げは1994年に始まり、現在は東アジア以遠まで展開している。北斗は民生商業用途と軍用の両面で利用され、軍用では妨害を受けず正確にデータが利用できる。 北朝鮮が北斗の軍用機能を利用しているか不明だが、民生用機能で精密誘導兵器を運用しているとは考えにくい。というのは北斗の民生機能は日米韓の電子妨害に弱く有事の際に北朝鮮が利用するのは困難になるためだ。 「特別のチップならびに中国の協力がな…

★★ロッキードが極超音速技術の完成に近づいている模様、SR-72との関連へ注目

Amid SR-72 Rumors, Skunk Works Ramps Up HypersonicsSR-72の噂と関連か、スカンクワークスの極超音速技術が加速中
Sep 27, 2017Guy Norris | Aerospace Daily & Defense Report http://aviationweek.com/technology/amid-sr-72-rumors-skunk-works-ramps-hypersonics
SR-72: Lockheed Martin FORT WORTH, Texas—ロッキード・マーティンが極超音速技術開発を加速化しており、初の実証機を目撃したとの報告もあり、スカンクワークスが進めるSR-72高速機開発との連関が注目される。 「詳細は言えませんが、スカンクワークスのあるカリフォーニア州パームデールで超高速飛行実現の動きを倍増しています」とロッキード・マーティンで航空力学執行副社長オーランド・カバルホOrlando CarvalhoがSAE 国際航空技術学会で語っている。「端的に申し上げれば米国は極超音速革命まであと一歩まで来ています」 Darpaと米空軍研究実験部門が共同で進める推進滑空兵器および極超音速空気取り入れ式兵器コンセプト研究に言及して、カバルホは「この十年で研究は大幅に進み、極超音速技術で状況が一変する意味があることが明らかになってきました。今後も研究テストを進め、極超音速飛行の実現にDarpaとのプロジェクト二件を活用します。国家安全保障ではスピードが肝心です」 SR-72への言及はなかったが、同社が極超音速機として退役済みの高速SR-71ブラックバードの後継機を提案中であることは広く知られており、カバルホの前向きな発言はロブ・ワイスRob Weiss(ロッキード・マーティンの高性能開発事業体執行副社長兼総支配人)の発言に重なる。6月にワイスはAviation Weekに選択的に有人操縦となるSR-72の前身となる飛行研究用機体(FRV)が予定通り進行中と暗に述べていた。 スカンクワークスはFRV開発を来年から始めるといわれ、初飛行予定は2020年だ。FRVはF-22ほどの機体サイズで推進力はフルスケールのコンバインドサイクルエンジン一基だ。しかし実証機に先立ち、ロッキードは各種技術の地上・飛行テスト…

★★真偽は?日本もUCAVを開発していた

日本にもブラック事業がある(あった)のでしょうか。映像公開したのは機密解除になったのか、事業がもっと先に進んでいるからでしょうか。各務原での目撃がないことから別の場所で秘密裏に開発されたのでしょうか。川崎重工関係者は口がさけても語れないと思いますが、事実なら日本もUAV-UCAVを開発していることがわかりますね。判断は読者の皆さんにおまかせします。This is the combat drone Japan has been building in secretこれが秘密裏に開発していた日本の戦闘無人機だ 川崎重工ブースのビデオでUCAV試作機の飛行状況を写していた (Photo by Harold Hutchison) By Harold HutchisonOct. 06, 05:10 AM http://www.wearethemighty.com/news/this-is-the-combat-drone-japan-has-been-building-in-secret
無人戦闘航空機、つまりUCAVはこれからの軍事航空のカギを握ると言われる。米国、ロシア、フランスが開発中と判明している。 だが本誌We Are The Mighty (以下WATM)はこのたび日本も秘密裏にUCAV開発を進めていたことを知った。 ワシントンで先ごろ開催された空軍関係のイベントでWATMは川崎重工業のブースでビデオ画像を見た。それは同社によるUCAV研究開発の様子で、画像内のUCAVはボーイングX-45やノースロップ・グラマンX-47に似ているようだった。 会場で詳しく聞こうとしたが、同社係員が日本政府の意向だとしてやんわりと断ってきた。翌日も別の係員はこの件は存じていないと答えてきた。 結局三番目に会った川崎重工の小林タクミ氏が「試験機で10年近く前のもの」とし、「防衛省予算による実験事業だった」と説明してくれた。同氏はさらにメールで「2008年ごろのプロジェクト」と述べている。 WATMが当時空軍の筆頭参謀次長として情報監視偵察分野を担当し現在は航空宇宙研究にあたるミッチェル研究所の所長をしているデイブ・デプチュラ退役空軍中将に日本がUCAV開発をしていた事実を知っているか聞いたところ、即座に「知らない」との答えが返ってきた。 このことから日本のUCAVは秘密のベールに隠されていたことがわか…