★★★次期ステルス戦闘機で日本へ共同開発を持ちかけるロッキード




ヒューソン社長が小牧に来ていたのは知りませんでした。商売上手な同社のことですからこれからあの手この手と日本側に甘いことばをかけてくるのでしょうね。一方で三菱重工業も単独開発のリスクを考えると共同開発には一定のメリットがあると考えるはず。そうなるとボーイングが何を言ってくるかがポイントになりそうです。

Nikkei Asian Review

Lockheed proposes stealth fighter project with Mitsubishi Heavy

SAM NUSSEY, Nikkei staff writer
October 15, 2016 2:00 am JST

TOKYO -- ロッキード・マーティンが三菱重工業に新型ステルス戦闘機製造で共同開発提案していることが明らかになった。
「パートナーとなる三菱重工から情報開示の要望が8月にありすでに対応している」と同社社長マリリン・ヒューソンが日本航空宇宙展での取材に答えている。
Lockheed Martin President Marillyn Hewson

ロッキード・マーティンの回答は防衛省からの要望に対応したもので緊張高まる中で日本の防衛力を整備する方策を検討する一環と思われる。
日本は現有90機あるF-2の後継機として選択肢を3つ想定している。ひとつは国産開発だ。二番目はロッキード・マーティン含む海外メーカーとの共同開発、三番目が既存機種の調達だ。
防衛省の検討はまだ続いており、第二回目情報開示要請が来年3月までに出る見込みで、ヒューソンは「是非対応していきたい」とする。最終決定は2018年度内に行われる見込みだ。
ロッキードのライバルたるボーイングも三菱重工業と共同でF-2後継機開発を提案している。三菱重工業はすでに試験機を昨年初飛行させており自社単独開発の途も選択可能だ。
日本が調達するF-35合計42機はF-4の更改との位置づけだ。そのうち最初の四機はロッキードがテキサスで製造中で1号機は完成済みで9月23日にロールアウト式典が行われている。
残る38機は三菱重工が名古屋の最終組立点検施設(FACO)内で完成させる。この施設は米国以外には二箇所にしかない。「相当の作業量と技術移転が実現するので日本の防衛能力整備の継続に役立つはず」とヒューソンは語った。米国防総省は日本とオーストラリアをF-35ノアジア太平洋地区での整備拠点に選定ずみだ。
ヒューソンは名古屋近郊の同施設を訪問し、「当社社員が多数三菱側と肩を合わせて作業している生産現場を見られてよかった」と感想を述べている。■



コメント

匿名 さんのコメント…
外資系トップは本当にスピーチが上手ですねw
F-3事業が確定したら交渉次第でF-35関連の更なる技術移転がもたらされる可能性もありますね。
(尤も機密情報に関する部分はロッキードといえどアメリカ議会の承認なしに動けませんが)

ところで三菱重工については色々噂されてます。
例えば人材不足、現在MRJの開発・生産に航空機開発部門のリソースが割かれておりF-3開発が本格化した場合、手が回らない可能性が高いという話。
反面F-2開発時の三菱重工の意気込みは目を見張る物があり、当時は例え事業赤字でも国内開発に拘っていたことから、30年振りのF-3開発にはトップ判断で国内開発を推奨する・・等。

まぁどちらにせよIHIで開発中のエンジンについて評価悪ければ純国産は不可能なんですが。

このブログの人気の投稿

★★★★北朝鮮ミサイルが中国衛星で誘導されている可能性

★★★真偽は?日本もUCAVを開発していた

★★ロッキードが極超音速技術の完成に近づいている模様、SR-72との関連へ注目