次世代爆撃機:税優遇策で安堵したノースロップ・グラマン


Northrop Bomber Team Relieved Over California Legislation

Aug 15, 2014Amy Butler | AWIN First


  1. カリフォーニア州議会が可決した法案は米空軍次世代爆撃機開発をめざす企業チーム双方に税軽減策を提供する内容でボーイング/ロッキード・マーティン連合だけに420百万ドル分を軽減するとした以前の決定を覆すもの。

  1. 米空軍は非公開のステルス次世代爆撃機の提案要求を7月10日に発出している。提案提出期限は発出後90日以内が通例だが、今回は空軍から具体的な締切日の言及がない。この事業は秘匿の厚い壁に囲まれ、情報開示はごくわずかにとどまっているが、空軍は80から100機を、単価550百万ドルで購入する意向で受注成功は各社に死活的な意味を有する。

  1. ロッキード・マーティンの議会対策が功を奏し一方的に税優遇を得たとわかりノースロップ・グラマンはパニックになった。双方に適用される税優遇でないと、ノースロップ・グラマンは50億ドル近くのハンディを抱えたまま入札することになり、敗北は必至だったからだ。

  1. ロッキード・マーティンの議会対策チームはカリフォーニア州法AB2389として税優遇の適用先をで同州内で雇用を特別アクセス事業に発生させる「下請け協力企業」に提供することに成功した。特別アクセスとは明らかに極秘爆撃機事業のことを指す。ロッキード・マーティンはボーイングの下請け企業の立場となる。ノースロップ・グラマンは主契約企業として事業を進める立場なので税優遇策を全く享受できなくなるわけだ。

  1. 8月14日に州議会を通過した法案では主契約、下請け契約問わず同じ税優遇策を提供するもので、空軍にとっては契約のトラブル再発を回避する結果となった。空軍は戦闘捜索救難ヘリ、空中給油機の後継機種開発を巡りまずい処理をしてきただけに積極的に動いていなかった。

  1. ノースロップの支持派からは大幅税優遇を一方にだけ適用するのは、両社とも同州パームデールに生産施設を有しており不公平と主張していた。是正ない場合は同社が提訴するのは必至と見られていた。B-2で実績を有する同社にとって今回の受注はどうしても必要なのだろうと外部は見る。

コメント

このブログの人気の投稿

★★★★北朝鮮ミサイルが中国衛星で誘導されている可能性

★★★真偽は?日本もUCAVを開発していた

★★ロッキードが極超音速技術の完成に近づいている模様、SR-72との関連へ注目