イラク空爆で考えられる選択肢



As Strikes Begin in Iraq, Many Options for Pentagon


Aug. 8, 2014 - 01:55PM   |  
By AARON MEHTA   |   Comments
Flying high in the sky
A-10が投入されれば今回が同機の最後の実戦になるかもしれない。 (US Air Force)

WASHINGTON — イラクの広大な領土を支配する過激勢力への米軍事作戦が始まった。空爆では選択肢が多数ある。
  1. 8月8日午前ペンタゴンからF/A-18スーパーホーネット2機がイラク・レヴァント・イスラム国の砲兵を空爆したと発表があった。空爆がこれで終了と見る向きは少ない。
  2. 「非常に自由に行動出来る空の環境ですが、低空のMANPAD(携帯ミサイル)に要注意とはいうものの、作戦実施で問題は生じないでしょう」と見るのは元国防総省勤務で戦略国家予算評価センター Center for Strategic and Budgetary Assessmentsでアナリストをつとめるマーク・ガンジンガーMark Gunzinger。
  3. ガンジンガーは長期作戦になればイラク国外から運用する長距離飛行になると見る。「イラク国内に大規模基地がなく、機材も多くないので、作戦は長距離飛行能力に大きく左右されるでしょう。以前の空爆作戦とは大きく異る様相を示すはずです」.
  4. 米空軍は同地区内に各種の装備を配置している。米空軍中央司令部 US Air Forces Central Command (AFCENT)の報道資料では戦闘機 (A-10, F-15E, F-16, F-22) 爆撃機(B-1)、偵察機 (E-3, E-8, RC-135)、支援機 (C-17, C-130, KC-10, KC-135)、無人機(MQ-1, MQ-9, RQ-4)がある。
  5. イラク国内の作戦は三段階構造だ。はじめが情報収集で、米軍はすでに数週間に渡り実施してきた。
  6. 7月29日に空中戦闘軍団司令官マイク・ホステジ大将がイラク国内の情報収集監視偵察飛行に有人・無人機を投入中と発言していた。「従来と異なるISRで、戦闘機に目標捕捉ポッドを搭載している他、地上監視対象で大量の情報が入ってきている」 F-15、F-16、F-22、A-10でISR能力が利用可能だ。
  7. 第二段はイラク・クルド軍へ補給品を送ることだ。
  8. 国防総省高官から報道陣に人道支援第一回の物資投下が7日実施されC-130、C-17にF/A-18の護衛をつけたと発表されている。
  9. 第三段目が一番耳目を集める空爆の実施だ。
  10. 精密爆弾を搭載できるF-15E、F-16、F-22、F/A-18各機は高高度・高速飛行で対空砲火から安全だ。もう一つの可能性はB-1爆撃機で、同機は13年に渡りイラクで精密爆撃任務にあたっている。
  11. A-10も最後の実戦任務に投入されるかもしれない。同機の支持者は反乱軍が非戦闘員にまぎれこんでも低高度で運用でき民間人の巻き添え死傷を防止できると主張。
  12. 無人機MQ-9リーパーも投入されそうだが、MQ-1プレデターは最後の戦闘運用になるかもしれない。プレデターは徐々に運用縮小中だ。
  13. リビア作戦(2011年3月)ではB-1BとB-2スピリットを長距離飛行させ前方配備せずに敵目標を攻撃した。.
  14. 509爆撃飛行隊(ミズーリ州ホワイトマン空軍基地)のB-2で隊が25時間ノンストップ飛行し、2,000ポンド共用直接攻撃弾45発でリビアのガルダビヤ空軍基地を破壊した。.
  15. B-1Bランサー爆撃機2機もサウスダコタ州エルスワース空軍基地を発進し、リビアの飛行禁止地帯の執行を助け、3日後に帰還する間に100近くの目標を爆撃している。■

コメント

このブログの人気の投稿

★★★★北朝鮮ミサイルが中国衛星で誘導されている可能性

★★★真偽は?日本もUCAVを開発していた

★★ロッキードが極超音速技術の完成に近づいている模様、SR-72との関連へ注目