MiG-31後継機種開発に動くロシアは PAK-FA技術の展開を期待



Russia to Develop MiG-31 Replacement Starting In 2017

By: Dave Majumdar
Published: August 13, 2014 11:31 AM
Updated: August 13, 2014 2:00 PM
MiG-31 Fighters
A pair of Mikoyan MiG-31 Foxhound

ロシアはミコヤンMiG-31フォックスハウンド迎撃戦闘機の後継機開発を2017年に開始すると国営通信RIAノーヴォスティが伝えている。

  1. 「2017年から長距離迎撃機機を開発しMiG-31後継機種とする」とロシア空軍司令官上級大将ヴィクトル・ボンダレフCol. Gen. Viktor Bondarevが語っている。

  1. 新型機の就役は2025年とし、122機あるMiG-31は2028年までに退役させる。

  1. フォックスハウンドはマッハ3級のMiG-25を原型とするが、低高度での超音速飛行が可能でフェイズドアレイレーダーを戦闘機として初めて搭載している。フォックスハウンドも高速が得意でマッハ2.83飛行を維持できるという。

  1. 兵装はヴィンペルVympel R-33長距離空対空ミサイルでR-77や新型R-37も搭載できる。ソ連時代の防空軍に1982年から配備開始され、1994年に製造が終わったのはソ連崩壊のためだ。

  1. ロシアは第五世代機としてSu-27フランカーをもとにスホイT-50 PAK-FAを開発中だが、PAK-FA技術を元にフォックスハウンド後継機を開発するとみられる。ただし開発大日程はどう見ても実施不可能だ。

  1. RIAノーヴォスティ通信によればドミトリ・ロゴジン副首相 deputy prime minister Dmitry Rogozin は8月8日にMiG-31生産ラインを再開すれば良いと発言している。ロゴジンはMiG-31は西側戦闘機で匹敵する存在がないとしているが、広大なロシア領土を防衛するべく生まれた独特な性能が特徴だ。■


コメント

このブログの人気の投稿

★★★★北朝鮮ミサイルが中国衛星で誘導されている可能性

★★★真偽は?日本もUCAVを開発していた

★★ロッキードが極超音速技術の完成に近づいている模様、SR-72との関連へ注目