主張: ISIS打倒戦略を考える


対ISIS戦役は予想よりも長くなる、シリア空爆と簡単に言うが、防空システムが一応作動している同国はイラクとは大違い、ISISのねらいをよく見据えることが必要との主張ですね。戦術と戦略を混同しないように注意が必要ですし、予算が厳しい中で米軍も大変なことになるかもしれませんね。




Opinion: Searching for a Strategy to Defeat ISIS

By: Cmdr. Daniel Dolan, USN (Retired)
Published: September 8, 2014 3:21 PM
Updated: September 8, 2014 3:21 PM

イラク・シリア・イスラム国(ISISIまたはISIL)関連のニュースは急速に展開しており、前週の報道は過去の歴史のように聞こえるほどだ。先週は世界各地でISIS打倒の戦いに踏みきれば合衆国はバシャー・アル・アサド政権のシリア支援につながると報道していた。

  1. ただし専門家の誰も口にしていないことがある。短期的にはその通りなのだが、ISISを打倒できれば西側支援対象となる穏当な自由シリア軍がアサド政権に対抗する余地ができる。アサドの政府軍も凶悪とはいえ、他のアラブ国家を打倒する動きはとっておらず、ましてや合衆国や西側同盟国を攻撃する構えもない。端的に言えばISISが合衆国の権益に対抗する最大の脅威勢力であることは間違いない。

  1. カール・フォン・クラウゼヴィッツの戦争論では「敵のうち一つを打倒すればすべての敵を打ち負かすことになるので、戦闘ではこの一つの敵の打倒を大目的とすべきである。この敵への攻撃が紛争全体の重心点に打撃を与えことになる」としている。

  1. ISISこそ今回の衝突の重心だと主張する向きがあろう、またISIS撲滅により穏当勢力が最終的にアサド政権を打倒する機会が生まれると見る向きもあろう。望ましい結果がシリアに生まれるほうがISIS打倒よりも可能性は高いと言うのが戦略論の考え方である。

  1. アメリカ内部ではISIS対策の開始を望む向きがあるが、その先として地域内の長期戦略の策定のみならず合衆国の権益をどう保護するかを構想しておくべきである。端的に言って我が国はアサド政権を支援しているのではなく、将来における自由シリア国発足の条件を整備しているのである。議会には500百万ドルの歳出案を可決し、自由シリア軍に装備を与える機会がある。これは賢い投資でありかつ必要である。

  1. ISISが地域内最大の脅威と言う点では異論はない。アメリカ人ジャーナリストがもう一人先週殺害されたが、迅速な行動を求める声が先週までの空爆拡大は慎重に行うべしとの主張を圧倒している。「今すぐ行動を」と言うのが今日のアメリカ人大多数の明快な合言葉である。

  1. ISIS空爆をシリアに拡大するかとの問いにバラク・オバマ大統領は8月27日に合衆国は「戦略の準備ができていない」と答えていたが、大統領の真意はシリア国内のISIS攻撃の戦略方針を指していたのである。実施すれば大きなエスカレーションとなるので慎重な検討が前提だ。9月3日に海軍大学校からの生中継でチャック・ヘイゲル国防長官が米国の立場を明確にし、指導部がイラクおよびシリアで「ISILの動きを止め、打倒する」戦略をどこまで進めているのかをはっきりと説明している。

  1. これとは別にシリアが統合防空システムを運用中であることが課題だ。イラクと違いシリアは自国領空内で合衆国軍に要請したりしない。

  1. ISISと異なりシリアには米軍機を撃墜する能力がある。合衆国がこの水準の脅威に直面するのは1999年コソボ紛争以来のことで、シリア国内での軍事活動はさらに複雑な様相を示すはずだ。

  1. ISISとの対立、打倒策を模索するアメリカ指導層に参考となるのは有名な海軍戦略思考家アルフレッド・セイヤー・マハンの言葉だろう。「戦術とは人が作った道具である武器を使って世代を超えた人種の変容真価をわかちあうもの.....古くからの戦略の基礎は今も変わらず、あたかも岩の上に据えたようである」 ISISとの対決はまだ深いものではないが、マハンの知恵が示している普遍の戦略上の教義は今日でも通用する。状況が複雑だからこそ、有効な戦略がわれわれの理解の範囲の中にあることを喚起したい。

  1. ISISによる忌まわしい行為に対する感情的な反応は別にして、テロリストの行動には戦略的な論理が働いている。そもそも弱い存在のテロリストは行動することで不相応な反応を期待している。例としてオサマ・ビン・ラディンが2001年9月11日に何を考えていたかと言うと米国へのテロ攻撃で合衆国を長期にわたる高価なアフガニスタン戦に引きずり出そうとしたのだ。ビン・ラディンと配下のムジャヒディン戦士はソ連と同様に米国も痛めつけられると信じていた。実際にビン・ラディンは「アメリカを出血させ破産させるこの方針を維持し....アラーの許しを得てアルカイダの資金1ドルで敵の百万ドルを空費させるのだ」と2004年に発言している。ビン・ラディンとアルカイダは合衆国に厭戦気分を植え付けるのがねらいではなく、彼らに我が国を近づかせるのを狙っていたのだ。

  1. 「無実のアメリカ人ジャーナリストを殺害すれば目的を達せられると考えているのなら、すでにその狙いは失敗している」と発言したオバマ大統領が誤っていたらどうなるか。もしISISが失敗しなかったら。彼らの狙いが我々を戦いに引きづりこむことだったらどうなるか。

  1. 2001年当時のアルカイダのようにISISの言動には合衆国を戦いの場に誘う意図が明らかだ。アルカイダ同様にISISが「合理的に行動する」とは思えない。我々の側では理解に苦しむ点だが、これが戦略的にどんな意味を持ってくるかを説明しよう。第一に、合衆国にもっと目に見える役割を演じさせることでISISはイラク政府・軍の正当性が減ると考える。合衆国が地上軍再派遣せざるを得なくなれば顕著だ。簡単に言えば我々がプレゼンスを強化すれば今でも元気のないイラク政府がさらに弱くなる。

  1. 第二に、情報の拡散でSISにとっては新規戦闘員の勧誘が大幅に有利になる。現時点で米軍地上戦力の再派遣が非現実的であるので、ISISはまず米軍の空爆に耐えることをめざせばよい。


  1. 現在の対策は国際有志連合を形成し、シャトル外交を展開し、精密航空攻撃を実施して、機会あるごとにすべての行動を正しい方向に保つことだ。だがISISが示す脅威のレベルやISIS打倒に必要な方策には相当の犠牲と経費がかかり、9・11以来の経験を超えるものとなるかもしれない。
.
  1. その分かれ目にいる今こそ第三次イラク戦争は9・11以降で最も厳しい局面で向かいつつあると言ってよい。■


コメント

このブログの人気の投稿

★★★★北朝鮮ミサイルが中国衛星で誘導されている可能性

★★★真偽は?日本もUCAVを開発していた

★★ロッキードが極超音速技術の完成に近づいている模様、SR-72との関連へ注目