次期JSTARSに737-700改装案を売り込むボーイング




Boeing Eyes 737-700 Solution for New JSTARS

Sep. 12, 2014 - 01:22PM   |  
By AARON MEHTA   |   
Boeing is looking at its 737-700 airframe as a potential winner for the Air Force's next-generation JSTARS program.
ボーイングは空軍向け次期JSTARS機材に737-700を推す(Boeing Illustration)

WASHINGTON — ボーイングは米空軍向け共用監視目標攻撃用レーダーシステム (JSTARS) の後継機に737-700を原型とする案を提案する。
  1. 「現時点で判明している米空軍の要求内容に基づくと737-700が機体寸法、重量、出力、冷却のいずれも現在および将来のJSTARミッションに最適」と同社広報のカロライン・ハチソンCaroline Hutcheson がeメールで伝えてきた。

  1. 現時点で18機あるJSTARSはボーイング707-300を改造して長距離レーダーを搭載し空軍によれば124マイル先の地上車両を発見、追跡、分類できる。

  1. ただし空軍は次期JSTARSの要求性能を整理していない。大型機材を選べば、737は好条件となる。737-800には海軍P-8哨戒機もあり、商用機から軍用機を作ることがボーイングの戦略の一部になっている。ただし空軍が小型機を選ぶ可能性もある。その場合はボンバルディアガルフストリームが契約を獲得するだろう。

  1. Tealグループのリチャード・アブラフィアRichard Aboulafia of the Virginia-based Teal Group によれば機体サイズの選択は空軍が一部のデータを機外で処理するのか機内にすべて搭載させるかの選択次第だろうという。
.
  1. 「現行JSTARSと同等の能力なら最新のコンピュータやレーダーでガルフストリームにも搭載可能で、処理能力は相当早くなっている」(アブラフィア)

  1. どちらにせよ次期JSTARSは民間商用機が原型になる。

  1. 「新規開発機体でなく、実証済みの技術をセンサーに使い、実証済みの戦闘管理指揮命令ソフトウェアを使える」とウィリアム・ラプランテ調達担当空軍次官William LaPlante, Air Force undersecretary for acquisition が語っている。

  1. 「次期JSTARSの課題は技術統合です。これを許容できる時間内に実現したい。統合とは実際には難しい仕事です」レイセオンやノースロップ・グラマンが統合の実績がある。■

コメント

このブログの人気の投稿

★★★★北朝鮮ミサイルが中国衛星で誘導されている可能性

★★★真偽は?日本もUCAVを開発していた

★★ロッキードが極超音速技術の完成に近づいている模様、SR-72との関連へ注目