台湾が対中国ミサイル防衛に重点投資



再び台湾のニュースです。新型迎撃ミサイルと言うものの、ご覧のように小型ミサイルでこれで大丈夫なのかと心配になるくらいですが、電子工業の発達した台湾ですので、性能は確かなのでしょう。またかえって大型化すると中国を刺激することになるのかも。そこらあたりに台湾の知恵が見えますが、かつては海峡を挟み軍事優越を維持してきた台湾がここまで追い込まれているのでしょうか。



Taiwan to spend $2.5 billion on anti-missile systems

Aug. 30, 2014 - 04:17PM   |  
By AGENCE FRANCE-PRESSE   |   Comments
(CORRECTION) Taiwan for the first time u
台湾が2007年軍事パレードで初公開した天弓3ミサイル。 (PATRICK LIN / AFP/Getty Images)

TAIPEI — 台湾は今後9年間で748億台湾ドル(25億米ドル)を投じミサイル迎撃システムを構築し、中国への防空体制を固める。
  1. 台湾国防部は現地開発の天弓 Tien Kung 3 (Sky Bow 3)地対空ミサイルを2015年から2024年までに旧式のホークミサイルと更新する。実現すれば台湾国産装備の調達として最大規模になる。

  1. 天弓3を開発したのは中山科学技術院 Chungshan Institute of Science and Technology で戦術級弾道ミサイルとミサイル迎撃に対応した仕様。1996年から開発を開始し200億台湾ドル以上を投入したといわれる。天弓3は2007年の軍事バレードで初めて公開され、2011年度のミサイル演習でテストされている。

  1. 蘋果日報Apple Daily によれば前国防部長高華柱 Kao Hua-chu が天弓3で中国巡航ミサイルへ対抗が可能で、J-20ステルス戦闘機にも対応し、台湾の防空能力向上につながると発言している。

  1. 台中間の緊張は馬英九 Ma Ying-jeou の総統就任(2008年)から一気に緩和しており、親中路線を取る馬は2012年に再選されている。

  1. とはいえ、中国は台湾を自国領土の一部と認識し、再統一の機会を待っているが、必要なら力で達成する構えだ。

  1. 台湾の専門家の試算では台湾に照準を合わせる人民解放軍のミサイルは1,600発を超えるという。台湾国防部関係者のコメントはいまのところ得られていない。■


コメント

このブログの人気の投稿

★★★★北朝鮮ミサイルが中国衛星で誘導されている可能性

★★★真偽は?日本もUCAVを開発していた

★★ロッキードが極超音速技術の完成に近づいている模様、SR-72との関連へ注目