中国 空母運用テスト中にパイロット二名を失う








Two PLA Pilots Have Died Testing Fighters for Chinese Carrier

By: Sam LaGrone
Published: September 5, 2014 5:44 PM
Updated: September 5, 2014 6:25 PM
中国の空母「遼寧」, PLAN Photo

人民解放軍空軍のパイロット少なくとも2名が空母遼寧で運用予定の機体テストで死亡したと中国国営メディアでひっそり報じている。

  1. 「パイロット二名がテスト中にその生命ををささげた」と8月27日報道で瀋陽J-15の空母運用テスト中の事故を伝えている。記事ではそれ以上の詳細は伝えておらず、機体がどうなったかも不明だ。

  1. 9月5日付のJane’s Defence Weekly では「少なくとも二機を喪失したようだ」と結論づけている。


  1. 海軍問題の専門家エリック・ワーゼイムEric Wertheim(米海軍協会発行「世界の戦闘艦艇」U.S. Naval Institute’s Combat Fleets of the World 著者)によれば今回の事故は異例ではないという。

  1. 「驚くにあたらない」とUSNI Newsに5日答えている。「空母航空隊には危険がつきもの、とくに初心者にはそうだ」

  1. 中国はソ連時代の技術に大きく依存して空母中心の打撃群の整備に乗り出した段階で、遼寧は技術実証の手段の色彩が強く、国産空母がこの後続くとみられる。

遼寧艦上で運用中のJ-15、日付不明写真 PLAN Photo

  1. J-15はライセンスを無視したスホイSu-33フランカのをコピーで中国はロシアが設計しウクライナが建造した遼寧から運用中。

  1. 中国は空母からの航空運用をブラジル海軍パイロットから学んでいると伝えられている。ブラジルは1960年代からフランス製中古空母を運用している。

  1. それでもPLAは空母での航空運用を素早く学びつつあり死傷者は米海軍実績を下回る。


  1. 2013年時点で当時の大西洋航空部隊司令官テッド・ブランチ中将 Vice Adm. Ted Branch (現海軍情報部長)は「中国は我々より早く学び、我々の得た教訓を活用するだろう」と述べていた。
.
  1. 米海軍は空母ジェット機運用を体得する過程でパイロット、機体を相当喪失している。

  1. 1949年から88年にかけて「海軍と海兵隊で1,200機を喪失し、死亡は8,500名にのぼる」と「米海軍航空戦力100年史」 “One Hundred Years of U.S. Navy Airpower” の著者ロバート・C・ルーベルRobert C. Rubel.は述べている。

  1. 中国については空母戦力整備の仮定で発生した損失を中央政府が認めることは異例だ。遼寧は中国国民の文化面で大きな人気を集めており、艦と乗員は各地で崇拝の対象になっている。

  1. Jane’sによれば遼寧は四か月に及ぶ乾ドック内整備を終えて出航したばかりで、飛行テストをまもなく再開するという。■



コメント

このブログの人気の投稿

★★★★北朝鮮ミサイルが中国衛星で誘導されている可能性

★★★真偽は?日本もUCAVを開発していた

★★ロッキードが極超音速技術の完成に近づいている模様、SR-72との関連へ注目