ソマリア空爆でテロリスト集団最高指導者の排除を図った米軍特殊作戦部隊



公安調査庁によれば今回の標的となった組織もイスラム国樹立を目指しており、場所は違いますが、イスラム国への対応の一環とみることもできます。ペンタゴンからの歯切れの悪い情報開示は特殊作戦であることに加え、ソマリアが米国には忌まわしい記憶が残る地でもあり、結果報告で配慮しているのでしょう。

Pentagon Targeted Al-Shabaab Leader in Somalia Strike

By: Dave Majumdar
Published: September 3, 2014 8:27 AM
Updated: September 3, 2014 8:27 AM
Ahmed Abdi al-Muhammad, also known as Ahmed Godane in an undated photo
アーメド・アブディ・アルムハマッド別名アーメッド・ゴダネ 撮影時期不明


ソマリアでテロリスト組織アルシャバアアブ Al-Shabaab を狙った空爆を月曜日に実施したペンタゴンだが、指導層を排除できたのか不明のままだ。

  1. 空爆の標的は組織の最高指導者アーメッド・アブディ・アルムハマッド Ahmed Abdi al-Muhammad 別名アーメッド・ゴダネ Ahmed Godane で2013年のウェストゲートモール(ケニア・ナイロビ)襲撃事件を実施したと自ら認めている。

  1. 「作戦結果は評価中で、追加情報は適当となった時に提供する」とペンタゴン報道官ジョン・カービー少将は9月2日に報道陣に述べている。「作戦の具体的情報は、部隊名、情報の出所、戦術、方法など含め一切お知らせできない」

  1. ただカービー少将によれば空爆には米陸上部隊も加わり、首都モガデシュで実施されたという。空爆でゴダネ含むアルシャバアブ指導部がいたとされる野営地が破壊された。

  1. 「昨日東部標準時間11:20ごろ、米特殊作戦部隊が有人機無人機を使い、野営地1と車両をヘルファイヤミサイルとレーザー照準弾で破壊した。」(カービー)

  1. ただ作戦に投入した機種や所属はあきらかにしていない。たださい、米特殊作戦司令部 Special Operations Command (SOCOM)  には米空軍所属のジェネラルアトミックスMQ-1プレデターとMQ-9リーパー無人機が配属されている。

  1. SOCOMは特殊作戦用ヘリコプターやガンシップに改造した輸送機も運用中。

  1. カービー発表から推測すると投入されたのはMQ-9の可能性が高い。同機はロッキード・マーティンAGM-114ヘルファイヤーミサイルとレーザー誘導爆弾を搭載できる。■


コメント

このブログの人気の投稿

★★★★北朝鮮ミサイルが中国衛星で誘導されている可能性

★★★真偽は?日本もUCAVを開発していた

★★ロッキードが極超音速技術の完成に近づいている模様、SR-72との関連へ注目