F-35Aエンジン火災事故(6月)の原因解明に近づく





F-35 Blade Microcracking Began Three Weeks Prior To Engine Fire

Sep 3, 2014
Amy Butler | AWIN First

6月23日にF-35AエンジンF135で発生した火災事故を発生させたのは第三段ローターの微小亀裂 microcracks と判明した。この亀裂は事故の三週間前から、ヨー、ロール、gストレスを組み合わせつつ安全にパイロットが操縦した際にに広がったと開発責任者が明らかにした。
  1. わずか2秒間の操作でブレイドのチタン合金エンジン外部を補強する摩耗性条片が「激しく摩擦」し、エンジン温度は1,900F(約1.038C)と想定の1,000Fを大きく上回ったと米空軍クリストファー・ボグデン中将が9月3日に明らかにした。

  1. 微小亀裂はその際に発生し、その後三週間で成長しブレイドが分解し燃料タンクに穴が開いた。

  1. F-35共同開発室はF135エンジンブレイドの摩擦が火災原因であり、全機飛行停止の原因となったとつきとめた。F135メーカーのプラット&ホイットニーはブレイド摩擦を発生させない条片を使う新設計にとりかっており、10月にテストを開始とボグデン中将が明らかにした。

  1. 一方で、「焼き付き」措置を別個に検討しており、一定の制限下の飛行実施で条片を摩耗させる現象で、これが確立されれば改修せずに厳しい条件でも飛行再開が可能になるのではと期待がある。現在の飛行は厳しく制限された形で実施中だ。またブレイドのチタン合金の冶金特性も調査中だ。
.
  1. テスト機材は21機になっており、各エンジンはボアスコープで三時間の飛行後に毎回点検を受けている。これが迅速なテスト実施の妨げになっている。

  1. プラット&ホイットニーは納入済エンジン156基すべての点検費用を負担する。

  1. 「プラット&ホイットニーの本問題への対応はとても良好」とボグデンは述べ、「技術的観点から同社はAチームをあてている。営業の観点からは同社はこの問題を絶対解決しなければと考えている」
.
  1. 調査チームは原因となりうる要因を4つまで絞り込んでおり、今月中に真の原因を解明との期待がある。

  1. エンジン火災事故でテスト日程は30日から45日相当遅れているが、ボグデン中将は海兵隊の初期作戦能力獲得予定は来年7月だと強調している。■

コメント

このブログの人気の投稿

★★★★北朝鮮ミサイルが中国衛星で誘導されている可能性

★★★真偽は?日本もUCAVを開発していた

★★ロッキードが極超音速技術の完成に近づいている模様、SR-72との関連へ注目