黒海で増強されつつあるNATO艦船の動き



ウクライナでロシアが真っ先に狙ったのがクリミヤ半島です。黒海を裏庭と考えるロシアにはNATO艦船の動きは神経をいらだたせていることでしょう。国内では黒海の動きは報道されていないと思いますので、今後も動静をフォローしていきます。




Four NATO Ships Due in Black Sea Ahead of Maritime Exercise

By: Sam LaGrone
Published: September 3, 2014 3:24 PM
Updated: September 3, 2014 3:26 PM
Sailors assigned to the Arleigh Burke-class guided-missile destroyer USS Ross (DDG 71) conduct small boat operations in a rigid-hull inflatable boat on Aug. 3, 2014. US Navy Photo
アーレイ・バーク級誘導ミサイル駆逐艦USS ロスRoss (DDG 71) 乗組員が小舟艇の訓練を8月3日に行っている様子 US Navy Photo

NATO艦船4隻が黒海に数日以内に移動し、ウクライナ含む国際演習に臨むことが米海軍発表から判明した。今回の4隻を加え、NATO艦船は黒海に9隻、過去最大規模になる。

  1. 誘導ミサイル駆逐艦USSロス Ross (DDG-71) がボスポラス海峡を通過したと米第六艦隊から発表あり、フランス海軍フリゲート、コマンダン・ビロCommandant Birot(F796)も通過するという。

  1. ロスの派遣はNATO加盟国ならびに域内提携国の集団的安全保障への米国の真剣さを示す目的があると第六艦隊は発表している。

  1. カナダ海軍のハリファックス級フリゲートHMCSトロント Toronto (FFH-333) 、スペイン海軍誘導ミサイルフリゲート艦アルミランテ・フアン・ド・ボルボーンAlmirante Juan de Borbón (F-102) も9月7日までに黒海に移動するとロシア通信社イタル-タスが報道している。

  1. 各艦は演習シー・ブリーズが9月8日から10日にかけ実施されるため派遣されたとペンタゴン報道官スティーブ・ウェーレン大佐が報道陣に3日発表している。演習では海上阻止行動、防御、航法、人道災難救援humanitarian and disaster relief (HADR) を実施する。7月には機雷対応を主眼とした海軍演習が行われている。

  1. フランス海軍の情報収集艦デュピュイドローム Dupuy de Lôme (A759)は依然として黒海にあると言われ、ロシアに対する示威ミッションにあたっている。

  1. 黒海内に自国領土を有さない各国の艦船はいわゆる1936年のモントルー条約で21日を超えて黒海に艦船を派遣することができない。■

コメント

このブログの人気の投稿

★★★★北朝鮮ミサイルが中国衛星で誘導されている可能性

★★★真偽は?日本もUCAVを開発していた

★★ロッキードが極超音速技術の完成に近づいている模様、SR-72との関連へ注目