米韓合同陸上機械化部隊が創設される




今回発表となった新部隊は北朝鮮崩壊時に大量破壊兵器を制圧し、流出を防ぐ意味があるのでしょう。集団安全保障ともからみ日本も静観できない構想ではないでしょうか。


Report: US, South Korea Set Up Wartime Unit To Destroy North's Nukes

Sep. 4, 2014 - 04:23PM   |  
By AGENCE FRANCE-PRESSE   |   Comments
Republic of Korea Marines participate in a mock amphibious landing during an exercise in March with US forces.
韓国海兵隊が模擬上陸作戦を三月の米軍合同演習で実施している (Master Sgt. Michael Schellenbach / US Marine Corps)

SEOUL, SOUTH KOREA — 9月4日に韓国から合衆国との合同部隊創設の発表があった。報道によれば開戦時に北朝鮮の大量破壊兵器に対応するものだという。
米軍少将が指揮する機械化部隊として来年上半期中に編成されると韓国国防省が発表。
「両国合同部隊として戦時の作戦部隊のな初の試み」と国防省報道官は述べたが任務内容には触れていない。
同部隊には北朝鮮の大量破壊兵器の排除が認められているとの聯合通信報道は報道官に確認を拒否された。
国防省によれば新部隊の米韓合同司令部はソウル南方の議政府Uijeongbuに置く。同地は北朝鮮による侵攻への抑止力として米陸軍第二歩兵師団が防護している。
全面戦争となれば、韓国の機械化一個旅団が米第二師団に合流すると発表。
両国は休戦したままで、平和条約はないので、技術的に交戦状態のままだ。
軍事協定により約3万の米軍部隊が韓国に駐留しており、有事には米軍司令官が韓国軍640千名も指揮下にいれることになっている。
米国による戦時統制権が有効なのは2015年までだが、韓国は統制権返還の先送りを希望しており、北朝鮮の核とミサイル開発の脅威をその理由としている。
一方で韓国と米国は恒例の軍事演習を8月に実施しはじめて核攻撃の脅威への対応が訓練に取り入れられたと韓国国防省は発表しており、両国協議で決まった「個別調整ずみの」抑止力戦略に沿ったものだろう。
韓国は合衆国の核の傘で守られており、有事の際は韓国内の米軍部隊は本国並びに東アジアの米軍部隊で祖増強されるはずである。
北朝鮮は6月に新型高精度戦術誘導ミサイル発射に成功と発表しており、その後もミサイル、ロケット弾の試射を続けている。
国連決議により北朝鮮は弾道ミサイル発射は禁じられている。にもかかわらず北朝鮮はミサイル発射を正当防衛の一種として正当化しようとしている。■



コメント

このブログの人気の投稿

★★★★北朝鮮ミサイルが中国衛星で誘導されている可能性

★★★真偽は?日本もUCAVを開発していた

★★ロッキードが極超音速技術の完成に近づいている模様、SR-72との関連へ注目