ロシアのミサイル攻撃を米海軍協会はこう分析している



米海軍協会は投入された艦艇の情報がさすがに詳しい。心情的な反応ではなく、技術的な情報が豊かですので対照的ですね。しかしクルド人勢力もビデオを自由に扱い、ネットに投稿する時代なのですね。

Kurdish Video Lends Credibility to Russian Navy Caspian Sea Strike Mission Claims

By: Sam LaGrone
October 7, 2015 4:29 PM

Undated photo of Russian Navy guided missile frigate Dagestan firing UKSK Shot.
日付不詳、ロシア海軍誘導ミサイルフリゲート艦ダゲスタンがUKSAによるミサイル発射をしている

4隻のロシア戦闘艦がカスピ海から合計26発の誘導巡航ミサイルをイラン、イラクを通過する形で発射し、シリア国内のISIS目標を900マイル以上離れた地点から攻撃したとロシアが主張している。

  1. 裏付ける証拠がISISと戦うクルド人ペシュメルガ勢力から出てきた。ツィッター上で誘導巡航ミサイルがクルド人部隊の野営地上空を飛行する映像を公開したのだ。

  1. 水曜日発表のにロシア国防省声明によればブヤン-M級海防艦(1,000トン)3隻と2,000トンの誘導ミサイルフリゲート艦ダゲスタンがSS-N-30A巡航ミサイルを発射し、「弾薬製造工場、指揮所、弾薬貯蔵設備、戦闘員訓練所をラカ、イドリブ、アレッポの各地で」目標にしたという。

  1. ペルシェメルガ発表の動画では亜音速巡航ミサイル二本がSS-N-30Aの特徴のまま飛来する様子が見られる。

  1. ロシア外務省からも独自に編集した動画が公表されており、ミサイルを発射する艦船、ミサイルがシリア中央部に飛来する経路とともに亜音速SS-N-30AあるいはカリブルNKまたは3M-14Tと呼称されるミサイルを示している。

  1. 国防長官官房(OSD)の関係者および米中央軍からはロシアの主張への確認ならびに独自の軌跡結果はまだ発表されていない。

  1. ミサイルが飛行した距離がロシアの言うとおりなら、イラン、イラク、シリアの領空内を通過して移動している。

  1. 多数のミサイルが自国の領空内を通過すれば該当国の防空体制が無用な反応をしないよう事前準備する必要があると指摘するのはブライアン・クラーク(前海軍作戦部長付特別補佐官、現戦略予算分析センター(CSBA)の主任研究員)だ。

  1. 「本当なら各国間の調整能力が相当前進して戦域大で作戦を調整できる様になったことを示すものです。これまでは実現できていませんでした」とクラークは USNI News に語った。

  1. 事実だと確認できれば、ロシアには遠隔地から攻撃能力があることになるとエリック・ワーサイム(米海軍協会編世界の戦闘艦艇の編者)も USNI News に語った。

Buyan M guided missile corvette.
ブヤンM誘導ミサイル海防艦


  1. ロシアが有効射程と威力の点でレイセオンのトマホーク陸上攻撃ミサイル(TLAM)に匹敵する兵器を有している事実は「世界各国が技術面で差を縮めてきた」ことのあらわれだとワーサイムは指摘。

  1. 前方配備中の航空機なら簡単に攻撃できたのに、今回ミサイルを投入したことに意味があると見るのはスティーブン・ホーレル(米海軍から大西洋協議会へ派遣の主任研究員)で USNI News にこう語っている。

  1. 「戦術的な意味と関係なく、明らかに米国およびNATOにメッセージを送っている」「またトルコには領空・国境線侵害をめぐり緊張が高まっており別の意味がある」


  1. ブヤンM級の海防艦やダゲスタンは新型の水上艦艇としてロシア艦隊に編入されており、UKSK垂直発射方式で長距離巡航ミサイルを発射できる。黒海配備の水上艦では近代的装備の運用は不可能だ。ロシアが同部隊の近代化をしないと決めているためだ。

  1. ただしロシア海軍は巡航ミサイルを装備した艦艇を拡充している。

  1. 「カスピ海に加え、黒海にも改キロ級潜水艦ノボロシスクが同様の能力を有して先月配備されバルチック艦隊にも新型フリゲート艦が編入されている」とホーレルが言う。■


コメント

このブログの人気の投稿

★★★★北朝鮮ミサイルが中国衛星で誘導されている可能性

★★★真偽は?日本もUCAVを開発していた

★★ロッキードが極超音速技術の完成に近づいている模様、SR-72との関連へ注目