最新のMiG-35に見るロシアの新軍事思想と海外販売の可能性


なるほどスホイが大型高性能化を進む一方でミグは小型かつ経済価格で新しい思想で設計しているのですね。ロシア空軍での採用よりも資金が潤沢でない各国を取り込む狙いがあるようです。

New MiG-35 “Fulcrum Foxtrot” Demonstrated For Putin and Foreign Market

Jan 27 2017
By Tom Demerly

鳴り物入りのイベントでロシア政府向けに1月28日発表されたのはミコヤン・グレヴィッチ設計局(MiG)の新型MiG-35戦闘機だ。輸出を意識した飛行展示が前日に行われていた。

  1. ウラジミール・プーチン大統領は飛行の様子を悪天候のため現地中継で見ていたと言われる。
  2. 新型MiG-35にはNATO名称「フルクラム・フォックストロット」がついており、原型のMiG-29から大幅に改良されている。主な内容にフライバイワイヤーの全面採用による飛行制御、コックピットの大幅改良、エイビオニクスの改良の他、機体設計思想で以前の機種よりも大幅に自由度が高まっている。また精密誘導用の照準能力で対地攻撃が可能となっているのも以前のロシア機と大きく異る。
MiG-35は2017年1月27日に公表された。

  1. エンジンは大きく性能向上されており、クリモフRD-33OVT双発でスラストヴェクトル変更ノズルをに方向式で装着し、Su-35や米F-22が単軸の垂直方向推力ヴェクトル変更方式を採用するのと異なる。
  2. これでソ連時代を引きずる以前の機体と決別しながらロシア好みの低価格は引き継ぎ、数の優勢で勝敗を決する傾向はロシアの軍事思想に根深く残っている。
  3. ロシアでは個々の機体性能よりも数の優位が重要と考えれてきた。興味を引くのはこの考え方が数と質の組み合わせにやや傾いてきていたことで国内仕様輸出向け双方でも最適解を模索していることだ。新型MiG-35はこの流れの好例だ。
  4. ロシア新鋭機ではセンサーと機体性能が大きく引き上げられているが、とくに輸出向け機材でこの傾向が強い。さらに伝えられるところでは国内向けのMiG-35生産はわずか37機で、ロシアとしてはごく小規模の調達だ。だが輸出向けはもっと多くなる予想でまずエジプトが50機程度の発注をするようだ。
  5. エジプト向け機材には新型高性能標的昇順ポッドPPKが装着され、MiG-35単独で目標へ精密誘導する能力が実現すると米F-15Eストライクイーグル並になるとの報道がある。これまでのロシアの考え方は地上誘導による攻撃に固執していた。
  6. さらに国内仕様のMiG-35にはNPK-SPP OLS-K電子光学方式標的照準装置が搭載される。右エンジンナセル下の機体上に搭載されるが取り外し式のポッドではない。OLS-Kセンサーは移動目標を20キロ先から探知し、海上なら40キロの有効範囲を有する。統合式レーザー測距機は20キロ先までの標的を攻撃する兵装の計算を担当する。またレーザー照準で誘導兵器の運用能力も含む。
OLS-K照準偵察装置がエンジンナセルにつく。

  1. MiG-35によりロシアは海外顧客に精密攻撃能力を安価に提供できることになる。MiG-35はより大型でそれだけ高価なスホイとは対照的な機材だ。仕向国の対地攻撃能力要求が短距離性能で十分ならMiG-35はちょうどよいサイズと価格の選択肢となる。
  2. 中東やアフリカで精密攻撃で付随被害を抑える必要が増えていることを考えれば、ロシアにとっては有望な輸出商品となり、防衛産業の顧客にも歓迎されるだろう。
Image credit: Mikoyan-Gurevich Design Bureau

コメント

このブログの人気の投稿

★★★★北朝鮮ミサイルが中国衛星で誘導されている可能性

★★★真偽は?日本もUCAVを開発していた

★★ロッキードが極超音速技術の完成に近づいている模様、SR-72との関連へ注目