2月8日の東シナ海上空米海軍P-3CとPLA機の異常接近事案の続報


今回の事件は意図的なものではなかったということのようです。しかしこれから南シナ海(東シナ海も)上空での予期せぬ事態は発生するでしょう。

Pentagon Reviewing ‘Unsafe’ Military Aircraft Encounter Over South China Sea

By: Sam LaGrone
February 10, 2017 2:46 PM

A U.S. Navy P-3C Orion maritime patrol aircraft from to the Skinny Dragons of Patrol Squadron (VP) 4 conducts a fly-by with the guided-missile destroyer USS Cole (DDG 67) on Nov. 15, 2014. US Navy photo.
米海軍P-3C。哨戒飛行隊(VP)4所属。USSコール(DDG-67)上空を飛行している。US Navy photo.


人民解放軍機と米海軍機との間で南シナ海上空で発生した飛行中の危険な遭遇事案はペンタゴンが検証中だ。
  1. 2月8日に発生したのはP-3Cと中国空軍KJ-200の異常接近で、米太平洋軍は「危険」な状況と判断して以下声明を発表している。「米海軍所属P-3Cは通常のミッションを国際法に従って実行中だった」「国防総省と米太平洋軍は中国軍との危険接近を常に憂慮している」
  2. ペンタゴンはこの事案を検証中だと報道官ゲイリー・ロス中佐がUSNI Newsに10日述べている。

KJ-200 surveillance aircraft
人民解放軍のKJ-200。2015年。 Japan MoD Photo

  1. 「両者とも艦船航空機の安全運行を維持しようと相当努力している。中国軍との連絡チャンネルはすでに確立されており、軍事海洋協議合意の仕組みもその一例」「国防総省は本件を外交・軍事チャンネルを介して中国側に提起したい」
  2. KJ-200とは「人民解放軍空軍と海軍航空隊PLANの双方が空からの監視用に供用している」とDefense Newsが伝えている。
  3. 「今回の機体がどちらの所属か不明だが、PLANのKJ-200は海南島から運用されており、今回の事件の現場スカボロー礁から530マイルの地点だ」
  4. PLA所属機との間でこれまでに発生した事案では中国機が乱暴な操縦を米偵察機に行っている点が今回と異なる。たとえば2014年にはPLA戦闘機がP-8Aポセイドンに嫌がらせをしているが、今回は不注意が原因だったかもしれない。
  5. P-3Cでは衝突警報が作動した際に旋回途中でKJ-200を目視し、回避行動をとったと関係者がUSNI Newsに10日述べている。
  6. この関係者によれば衝突警報が鳴るまで両機とも相手機の接近は認知できなかった。■

コメント

このブログの人気の投稿

★★★★北朝鮮ミサイルが中国衛星で誘導されている可能性

★★★真偽は?日本もUCAVを開発していた

★★ロッキードが極超音速技術の完成に近づいている模様、SR-72との関連へ注目