★F-35A参加でレッドフラッグはこう変わった



Controversial F-35A warplane struts its stuff in Red Flag exercise

Posted February 2, 2017 - 6:15pmUpdated February 3, 2017 - 12:10am

img
An F-35A Lightning II takes off from Nellis Air Force Base during Red Flag on Thursday, Feb. 2, 2017, in Las Vegas. (Brett Le Blanc/Las Vegas Review-Journal Follow @bleblancphoto)

img
An RC-135V Rivet Joint taxis to a runway at Nellis Air Force Base on Thursday, Feb. 2, 2017, in Las Vegas. Brett Le Blanc/Las Vegas Review-Journal Follow @bleblancphoto
img
A B-1B Lancer takes off from Nellis Air Force Base during Red Flag on Thursday, Feb. 2, 2017, in Las Vegas. Brett Le Blanc/Las Vegas Review-Journal Follow @bleblancphoto
img
An F-22 Raptor takes off from Nellis Air Force Base during Red Flag on Thursday, Feb. 2, 2017, in Las Vegas. Brett Le Blanc/Las Vegas Review-Journal Follow @bleblancphoto
img
An aggressor F-16C Fighting Falcon takes off from Nellis Air Force Base during Red Flag on Thursday, Feb. 2, 2017, in Las Vegas. Brett Le Blanc/Las Vegas Review-Journal Follow @bleblancphoto
img
An EA-18G Growler takes off from Nellis Air Force Base during Red Flag on Thursday, Feb. 2, 2017, in Las Vegas. Brett Le Blanc/Las Vegas Review-Journal Follow @bleblancphoto

By KEITH ROGERS
LAS VEGAS REVIEW-JOURNAL

F-35Aを巡る議論が続く中、先週木曜日に同機が初めてレッドフラッグ航空戦闘演習のためネリス空軍基地に姿を現した。
今年初のレッドフラッグ演習は1月23日に開幕し、F-35Aがもう一つのステルス戦闘機F-22と初めて一緒に飛行しており、その他80機ほどの制空戦闘機が米国以外に英国、オーストラリアから参加した。
ライトニングIIは演習でミッション110回ほどをこなしており、2月10日の閉幕を待つ状態だ。演習場所はラスヴェガス渓谷の北ネヴァダ試験練習場だ。
F-35に関しては昨年末からドナルド・トランプ大統領が政権移行期から価格を批判し、さらに「制御不能」とまでツイッターで批判し、ロッキードのライバルであるボーイングにF-18スーパーホーネットの参考価格提示を求めるなどその行く末が疑問にさらされていた。今回のレッドフラッグではF/A-18も8機参加している。
第34戦闘機飛行隊でF-35A編隊を率いるジョージ・「バンザイ」・ワトキンス中佐はF/A-18スーパーホーネットト比較するのは「りんごとオレンジ」を論じるのと同じだと述べている。だがそのワトキンスもF-35は今回の演習で「本領を発揮した」と言う。
今回のレッドフラッグの企画ではF-35をユタ州ヒル空軍基地から35機移動させ、もっと多くのアグレッサー機に対決させ、高性能ミサイル攻撃のシミュレーションの回避も狙った。
友軍の「青チーム」所属のF-35各機は地上の防空陣地を搭載するハイテクセンサーで探知に成功し、訓練用爆弾で目標を排除している。
木曜日の時点でF-35のキルレシオは15対1にのぼっているが、もともとF-35は空対空任務を主に想定していない。ラプターがこの任務にあたっている。
ワトキンス中佐によれば「こんなレッドフラッグは初めてで、これだけ多くの高性能敵機がむかってきとたことはない。これで損害が少なくなかったらそれ自体がすごいこと」なのだという。
ペンタゴン予算を握る議会もF-35の費用問題を注視している。一機およそ100百万ドルとされるものが90百万ドルになると見られている。
ジャッキー・ローゼン下院議員(民、ネヴァダ州)は下院軍事委員会に新しく加わったが、大統領の主張する史上最高価格の兵器システムとなった同機の見直しの方向性に同感できるという。「大統領、国防長官はともにF-35価格に取り組んでおり、これは絶対に正しい動きだ。コストは下がるだろうが、これまで支払ってきた値段をさらに下げていく追加策はあるはずです」
ワトキンス中佐によればF-35Aのレッドフラッグ演習デビューで同機がF-22と補完効果があると実証できたという。
「F-22は空対空を主眼に設計しています。こちらは敵防空網の制圧を主任務にししています。SAR(合成開口レーダー)で天候条件に関係なく地表の様子がわかりますし、脅威の存在もわかり、他の機体に脅威になる前に除去できます」
海兵隊仕様のF-35Bは昨年7月のレッドフラッグ演習に投入され、JSFとして初登場をしている。■
Contact Keith Rogers at krogers@reviewjournal.com or 702-383-0308. Follow @KeithRogers2 on Twitter.



コメント

このブログの人気の投稿

★★★★北朝鮮ミサイルが中国衛星で誘導されている可能性

★★★真偽は?日本もUCAVを開発していた

★★ロッキードが極超音速技術の完成に近づいている模様、SR-72との関連へ注目