★★米空母の「軽」空母構想は実現するか



CSBA報告書を米海軍が前向きに捉えているようです。予想と違っていますね。新しい考え方を取りいれる態度がある海軍には将来性が感じられます。ただ報告書では財源を触れているのでしょうか。フォード級CVNの追加建造、コロンビア級新型ミサイル原潜と大型案件が控える中でCVL建造が簡単にできるでしょうか。そこで、艦体は日本が建造し、搭載航空部隊は米側が担当する案はいかがでしょうか。(英海軍の新型空母の例あり)現行のいずも級より相当大きくなりますが、日本にも有益な技術的進歩を実現する機会になりませんかね。

The National Interest

Will the U.S. Navy Build 'Light' Aircraft Carriers (Armed with Stealth Fighters)?

February 11, 2017


  1. CSBA(戦略予算評価センター)がまとめた将来の海軍戦力整備案はCVN超大型空母12隻体制の維持とともに新たにCVL軽空母の開発をすすめるべきと提言している。新型空母が実用化するまでは現在の大型揚陸強襲艦をかわりに利用するとする。
  2. 「4万から6万トン規模の小型通常動力CVLを想定し、ARG揚陸即応集団の一部として抑止効果戦力を形成することを提言したい」とCSBA報告は言及。「CVLは兵力投射効果および制海能力を提供し、小規模交戦、攻撃、CASを戦闘初期段階で行い、CVNにはハイエンド交戦を複数艦で行わせる前方攻撃部隊あるいは北部ヨーロッパ抑止部隊に専念させる」
  3. 構想中の新型通常動力空母は第二次大戦時に生まれたミッドウェー級に匹敵する規模で、相当の航空戦力を運用するだろう。「当初は既存のLHA/LHD揚陸強襲艦をCVLとして運用し、F-35Bを20機から25機搭載する。各艦が耐用年数が終りを迎える頃に専用に建造したCVLが登場しカタパルトと拘束ギアを搭載する」(CSBA報告書)
  4. CVL搭載の航空部隊は現在の海兵隊航空戦闘部隊を発展させればよい。「CVL航空部隊にはF-35Bが20機でISR、AEA他小規模CAS、SUW他攻撃任務の目標捕捉を行わせ、抑止部隊として機能させる。空母搭載用のF-35Bは海兵隊の調達機数を考慮している。この配置で陸上基地から運用するUDP(部隊展開)に影響が出るが、UDP運用は域内のARGが支援し、複数陸上基地から柔軟運用が可能となる。AEWやC2ではLHA/LHD航空部隊は陸上基地運用の哨戒機やE-2Dの支援を受ける」
  5. 最終的にはCLV航空部隊にも専用の電子攻撃機や早期警戒機を配備する。「カタパルト・拘束ギア搭載してCVLを建造すれば、航空部隊にはUCAV、輸送給油用無人機、AEW機をそれぞれ一機ないし二機加えられる。海軍海兵隊の航空部隊は統合可能になるはずで、すでにCVNでこれは実現している」
  6. 米海軍はCSBAに報告書作成を委託し、構想を前向きに捉えているようだ。提言に盛り込まれた考え方の多くが参考になる、とジョン・リチャードソン作戦部長も述べている。「勝利をおさめるために思考を磨く必要があり、研究成果は参考になる。まさしく我々が求める内容が盛り込まれた新鮮な発想だ。提言は現在の考え方を裏付けながら、さらに先を目指すもの。検討が必要な内容もあるが研究成果を分析し、戦闘演習、実験、技術実証、試作に活かしたい」
Dave Majumdar is the defense editor for The National Interest. You can follow him on Twitter: @davemajumdar.


コメント

このブログの人気の投稿

★★★★北朝鮮ミサイルが中国衛星で誘導されている可能性

★★★真偽は?日本もUCAVを開発していた

★★ロッキードが極超音速技術の完成に近づいている模様、SR-72との関連へ注目