スキップしてメイン コンテンツに移動

日曜日はのんびりと:CIA機密解除文書「ロシアジョーク集」をお楽しみください


今回は趣向が違う記事です。こちらのユーモアのセンスが試されるので原文をのせておきます。もっとうまく訳せる方はコメントください。ソ連時代は過去の物といっても住んでいるのは同じ人達ですからロシアではこんな言い回しをするのかということですね。ややわかりにくいジョークもありますが。sarcastic joke というのでしょうか。


The CIA just declassified these 11 Russian jokes about the Soviet Union

Feb 9, 2017 3:42:01 pm
2017年1月にCIAが機密解除し公開したのはソ連時代に収集した文書だ。その中にロシア人自身によるソ連体制のジョーク集がある。
表題を「DDCI向けソ連ジョーク集」(DDCIとは中央情報局副局長の略)としミハイル・ゴルバチョフが題材になっているので1980年代のものとわかる。レーニンからブレジネフまで歴代のソ連指導者が対象なのも驚きだ。
鉄のカーテンの裏側にこんな陽気さがあったとは興味深い。ロシア国民は宣伝とは違い実は共産主義体制を嫌っていたということか。
jokes about the soviet union
「そんな形のユーモアはよくないな、ワシリー」
1.
A worker standing in a liquor line says, “I have had enough, save my place, I am going to shoot Gorbachev.” Two hours later he returns to claim his place in line. His friends ask, “Did you get him?” “No,” he replied. “The line there was even longer than the line here.”
ある労働者が酒販売店の行列に立って言う。「我慢できん。場所を取っておいてくれ。ゴルバチョフを撃ってくる」二時間経過し、本人が戻ってきたので友人が聞く。「撃ってきたのか」彼は答える。「いいや。あっちの列はこっちより長くてね」

2.
Q: What’s the difference between Gorbachev and Dubcek*?
A: Nothing, but Gorbachev doesn’t know it yet.
問「ゴルバチョフとドゥブチェク*の違いを言ってみろ」
答「実はないがゴルバチョフはまだそのことを知らない」
*(Alexander Dubcek led the Czech resistance to the Warsaw Pact during the Prague Spring of 1968, but was forced to resign)
*ドゥブチェクはチェコ指導者で1968年プラハの春を実現したが辞任を余儀なくされ退陣

3.
Sentence from a schoolboy’s weekly composition class essay: “My cat just had seven kittens. They are all communists.” Sentence from the same boy’s composition the following week: “My cat’s seven kittens are all capitalists.” Teacher reminds the boy that the previous week he had said the kittens were communists. “But now they’ve opened their eyes,” replies the child.
ある児童の作文から「飼い猫に子猫が7匹います。みんな共産主義者です」同じ児童の翌週の作文は「うちの子猫7匹はみんな資本主義者です」だったので、教師が先週はみんな共産主義だと書いていたと指摘すると、「みんな目が見えるようになったので」と答えた。
jokes about the soviet union
ソ連コメディ映画「すべてを5分で」のリュドミラ・グルチェンコLyudmila Gurchenko in the Soviet comedy “The Carnival Night.”

4.
A Chukchi (a tribe of Eskimo-like people on Russia’s northwest coast) is asked what he would do if the Soviet borders were opened. “I’d climb the highest tree,” he replies. Asked why, he responds: “So I wouldn’t get trampled in the stampede out!” Then he is asked what he would do if the U.S. border is opened. “I’d climb the highest tree,” he says, “so I can see the first person crazy enough to come here.”
チュクチ(ロシア北西沿岸部に暮らすエスキモーのような少数民族)が聞かれた。ソ連の国境が開放されたらどうするか。「一番高い木に登りますね」と答えたので理由を聞くと、「脱出する群れに踏み潰されないため」。そこで米国国境が開放されたらどうするか聞くと、「一番高い木に登ります。こっちへ最初に来る人をよく見てやるためでさあ、相当頭がおかしい人なので」

5.
A joke heard in Arkhangelsk has it that someone happened to call the KGB headquarters just after a major fire. “We cannot do anything. The KGB has just burned down!” he was told. Five minutes later, he called back and was told again the KGB had burned. When he called a third time, the telephone operator recognized his voice and asked “why do you keep calling back? I just told you the KGB has burned down.” “I know,” the man said. “I just like to hear it.”
アルハンゲルスクで聞いたジョーク。大火事が発生してKGB本部に電話してきた人がいた。「もう手がつけられません。KGBも焼け落ちました」とのことだった。五分たって同じ人物から再びKGB焼失の電話が来た。三回目になり、電話交換手も声の特徴がわかり、「どうして何度も電話してくるのよ。KGBが焼け落ちたって言ったでしょ」「その通り。その言葉を聞きたくてね」

6.
A train bearing Stalin, Lenin, Khrushchev, Brezhnev, and Gorbachev stops suddenly when the tracks run out. Each leader applies his own, unique solution. Lenin gathers workers and peasants from miles around and exhorts them to build more track. Stalin shoots the train crew when the train still doesn’t move. Khrushchev rehabilitates the dead crew and orders the tracks behind the train ripped up and relaid in front. Brezhnev pulls down the curtains and rocks back and forth, pretending the train is moving. And Gorbachev calls a rally in front of the locomotive, where he leads a chant: “No tracks! No tracks! No tracks!”
スターリン、レーニン、フルシチョフ、ブレジネフ、ゴルバチョフが乗った列車が線路の先がなく停車している。各指導者それぞれ独自の方法を試す。レーニンは労働者小作人を遠方から集め、線路を作れとまくし立てる。スターリンは列車が動かないと見ると乗員を射殺した。フルシチョフは死んだ乗員を復活させ列車の背後の線路を剥がして前方に敷設させた。ブレジネフはカーテンを外し、前後に動かしていかにも列車が動いているように見せかけた。そしてゴルバチョフは機関車の前で集会を開き、「線路がない、線路がない」との唱和を率いた。

7.
You try finding photos of Russians laughing.
Ivanov: Give me an example of perestroika*.
Sidorov: (Thinks) How about menopause?
ロシア人が笑っている写真を探しているとする。
イワノフ「ペレストロイカの写真がほしい」
シドロフ(一瞬考えて)「閉経はどうか」
*ペレストロイカの直訳は「リストラクチャリング」でありゴルバチョフによる経済自由化を指すことが多かった。

8.
An old lady goes to the Gorispolkom* with a question, but by the time she gets to the official’s office she has forgotten the purpose of her visit. “Was it about your pension?” the official asks. “No, I get 20 Rubles a month, that’s fine,” she replies. “About your apartment?” “No, I live with three people in one room of a communal apartment, I’m fine,” she replies. She suddenly remembers: “Who invented Communism? –– the Communists or scientists?” The official responds proudly, “Why the Communists of course!” “That’s what I thought,” the babushka** says. “If the scientists had invented it, they would have tested it first on dogs!”
老婦人が質問があってゴリスポルコム*を訪ねるが到着したら質問が思い出せない。「年金関連ですか」係官が聞く。「いいえ、一ヶ月20ルーブル頂いてますので十分です」と答える。「ではアパートのことでしょうか」「いいえ、公共住宅で三人と同じ部屋に暮らしています、大丈夫です」と答えたところで急に思い出す。「共産主義を発明したのは誰でしたっけ、共産主義信奉者か科学者のどっちですか」 係官は誇らしくこう答えた。「もちろん共産主義者自身ですよ」「やっぱりそうでしたか」とバブシュカ**は「だって科学者が発明したんだったらまず犬で実験するところですもんね」
* ゴリポルコムGorispolkomとはソ連時代の行政窓口。
** バブシュカ babushkaとは老婦人、祖母のこと。

9.
An American tells a Russian that the United States is so free he can stand in front of the White House and yell “To hell with Ronald Reagan.” The Russian replies: “That’s nothing. I can stand in front of the Kremlin and yell, ‘to hell with Ronald Reagan’ too.”
アメリカ人がロシア人に米国では自由が保証されホワイトハウスの前で「ロナルド・レーガンは地獄に落ちろ」と堂々と言えると教える。ロシア人はこう答えた。「それがどうした。こっちはクレムリンの正面で『ロナルド・レーガンと一緒に地獄に落ちろ』と叫べるよ」

10.
A man goes into a shop and asks “You don’t have any meat?” “No,” replies the sales lady. “We don’t have any fish. It’s the store across the street that doesn’t have any meat.”
店にやってきた男が尋ねる。「肉はないのか」女性販売員は「ありませんよ」と答える。「魚はありません。通りの向こうの店ですよ、肉はないのは」

11.
A man is driving with his wife and small child. A militiaman pulls them over and makes the man take a breathalyzer test. “See,” the militiaman says, “you’re drunk.” The man protests that the breathalyzer must be broken and invites the cop to test his wife. She also registers as drunk. Exasperated, the man invites the cop to test his child. When the child registers drunk as well, the cop shrugs and says “Yes, perhaps it is broken,” and sends them on their way. Out of earshot the man tells his wife, “See, I told you is wouldn’t hurt to give the kid five grams of vodka.”
妻と幼児を乗せて運転している男。民警に路肩で止められアルコール検知テストだ。「見ろ」民警が言う。「飲酒運転だ」 男は我慢できず検知器が故障していると主張し、民警に妻のテストをさせる。妻も酔っ払っているとわかる。憤慨した男は民警に幼児のテストをしろと迫る。幼児も酩酊判定になったので民警は肩をすくめ、「故障してるかな」と一家を解放した。その後、十分離れてから男は妻に言う。「ね、言ったとおりだろう。この子にウォッカ5グラム飲ませてよかっただろう」

Blake Stilwell is a traveler and writer with expertise in television & film, international relations, public relations, and the Middle East. He is a veteran USAF combat cameraman whose civilian work includes ABC News, NBC, HBO, and the White House. Blake is based in LA but often found elsewhere.


コメント

匿名 さんのコメント…
おもしろかった~
匿名 さんのコメント…
いつも色々な記事ありがとうございます。

ご存知かもしれませんが「世界史系ジョークサイト集まとめサイト」の「共産圏関連」を思い出しました・・・。

http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Cupertino/2261/sekaishi/index.html

M.K.

このブログの人気の投稿

★★★★北朝鮮ミサイルが中国衛星で誘導されている可能性

中国も北朝鮮関連では叩けば埃がどんどん出そうですね。北京が見切りをつければ平壌の現政権など簡単に転覆させるでしょうが、中国国内にある北朝鮮とのしがらみ(おそらく共産党内部の派閥争い)と東北部の軍の非合法ビジネスの問題があり、米国といったん話がついても実施が難しいのでしょう。そのうちにしびれを切らした米国が単独行動に出るかもしれません。
Record China Is North Korea Using China's Satellites to Guide Its Missiles? 北朝鮮は中国衛星を使ってミサイル誘導をしているのか
Peter J. Brown May 23, 2017 http://nationalinterest.org/blog/the-buzz/north-korea-using-chinas-satellites-guide-its-missiles-20810?page=show

北朝鮮がミサイル発射を繰り返し米本土を狙うICBM開発に走る中、ひとつ見落とされている点がある。ミサイルに衛星誘導を使っているのではないか。北朝鮮に衛星航法ネットワークはないため、中国衛星を利用しているとの観測がある。 2014年報道で北朝鮮技術者が中国国内で北斗Beidou衛星航法システムの運用を研修中とある。同年の別の記事で中国軍専門官から中国は北朝鮮による北斗の軍事利用を止められないと発言している。 北斗以外に北朝鮮の選択肢として米露両国のGPSがあり、ロシアはグロナスGlonasと呼んでいる。 「グロナスの可能性もありますが、ミサイル誘導に北斗を利用している可能性の方が高い」と小泉 悠(未来工学研究所特別研究員、ロシア安全保障問題)がメールで述べており、ロシアは北の核実験後に武器および軍事関連技術の北朝鮮向け禁輸措置を取っているがグロナスが対象かは不明と小泉は述べる。 北斗衛星群打ち上げは1994年に始まり、現在は東アジア以遠まで展開している。北斗は民生商業用途と軍用の両面で利用され、軍用では妨害を受けず正確にデータが利用できる。 北朝鮮が北斗の軍用機能を利用しているか不明だが、民生用機能で精密誘導兵器を運用しているとは考えにくい。というのは北斗の民生機能は日米韓の電子妨害に弱く有事の際に北朝鮮が利用するのは困難になるためだ。 「特別のチップならびに中国の協力がな…

★★ロッキードが極超音速技術の完成に近づいている模様、SR-72との関連へ注目

Amid SR-72 Rumors, Skunk Works Ramps Up HypersonicsSR-72の噂と関連か、スカンクワークスの極超音速技術が加速中
Sep 27, 2017Guy Norris | Aerospace Daily & Defense Report http://aviationweek.com/technology/amid-sr-72-rumors-skunk-works-ramps-hypersonics
SR-72: Lockheed Martin FORT WORTH, Texas—ロッキード・マーティンが極超音速技術開発を加速化しており、初の実証機を目撃したとの報告もあり、スカンクワークスが進めるSR-72高速機開発との連関が注目される。 「詳細は言えませんが、スカンクワークスのあるカリフォーニア州パームデールで超高速飛行実現の動きを倍増しています」とロッキード・マーティンで航空力学執行副社長オーランド・カバルホOrlando CarvalhoがSAE 国際航空技術学会で語っている。「端的に申し上げれば米国は極超音速革命まであと一歩まで来ています」 Darpaと米空軍研究実験部門が共同で進める推進滑空兵器および極超音速空気取り入れ式兵器コンセプト研究に言及して、カバルホは「この十年で研究は大幅に進み、極超音速技術で状況が一変する意味があることが明らかになってきました。今後も研究テストを進め、極超音速飛行の実現にDarpaとのプロジェクト二件を活用します。国家安全保障ではスピードが肝心です」 SR-72への言及はなかったが、同社が極超音速機として退役済みの高速SR-71ブラックバードの後継機を提案中であることは広く知られており、カバルホの前向きな発言はロブ・ワイスRob Weiss(ロッキード・マーティンの高性能開発事業体執行副社長兼総支配人)の発言に重なる。6月にワイスはAviation Weekに選択的に有人操縦となるSR-72の前身となる飛行研究用機体(FRV)が予定通り進行中と暗に述べていた。 スカンクワークスはFRV開発を来年から始めるといわれ、初飛行予定は2020年だ。FRVはF-22ほどの機体サイズで推進力はフルスケールのコンバインドサイクルエンジン一基だ。しかし実証機に先立ち、ロッキードは各種技術の地上・飛行テスト…

★★真偽は?日本もUCAVを開発していた

日本にもブラック事業がある(あった)のでしょうか。映像公開したのは機密解除になったのか、事業がもっと先に進んでいるからでしょうか。各務原での目撃がないことから別の場所で秘密裏に開発されたのでしょうか。川崎重工関係者は口がさけても語れないと思いますが、事実なら日本もUAV-UCAVを開発していることがわかりますね。判断は読者の皆さんにおまかせします。This is the combat drone Japan has been building in secretこれが秘密裏に開発していた日本の戦闘無人機だ 川崎重工ブースのビデオでUCAV試作機の飛行状況を写していた (Photo by Harold Hutchison) By Harold HutchisonOct. 06, 05:10 AM http://www.wearethemighty.com/news/this-is-the-combat-drone-japan-has-been-building-in-secret
無人戦闘航空機、つまりUCAVはこれからの軍事航空のカギを握ると言われる。米国、ロシア、フランスが開発中と判明している。 だが本誌We Are The Mighty (以下WATM)はこのたび日本も秘密裏にUCAV開発を進めていたことを知った。 ワシントンで先ごろ開催された空軍関係のイベントでWATMは川崎重工業のブースでビデオ画像を見た。それは同社によるUCAV研究開発の様子で、画像内のUCAVはボーイングX-45やノースロップ・グラマンX-47に似ているようだった。 会場で詳しく聞こうとしたが、同社係員が日本政府の意向だとしてやんわりと断ってきた。翌日も別の係員はこの件は存じていないと答えてきた。 結局三番目に会った川崎重工の小林タクミ氏が「試験機で10年近く前のもの」とし、「防衛省予算による実験事業だった」と説明してくれた。同氏はさらにメールで「2008年ごろのプロジェクト」と述べている。 WATMが当時空軍の筆頭参謀次長として情報監視偵察分野を担当し現在は航空宇宙研究にあたるミッチェル研究所の所長をしているデイブ・デプチュラ退役空軍中将に日本がUCAV開発をしていた事実を知っているか聞いたところ、即座に「知らない」との答えが返ってきた。 このことから日本のUCAVは秘密のベールに隠されていたことがわか…