スキップしてメイン コンテンツに移動

★歴史に残らなかった機体⑥ 巨大迎撃戦闘機Tu-128フィドラー



The National Interest


Russia's Super-Sized Tu-128 Fighter: The Supersonic B-52 Killer ロシアの巨大戦闘機Tu-128はB-52キラーとして設計されていた

April 1, 2017


  1. ソ連国境線は非常に長く米核爆撃機やスパイ機の侵入にそなえた警戒飛行は困難だった。地対空ミサイルが登場したが全土を覆うのは不可能だった。そこでソ連はお得意の巨大機で対応しようとした。それがツポレフTu-128ジェット戦闘機で、全長30メートル、完全装備で30トンで大型機として知られるF-4ファントムの1.5倍だ。NATOがコード名「フィドラー」のTu-128は最大級の実用戦闘機になった。
  2. つまるところTu-128とはB-52爆撃機迎撃用の専用戦闘機だった。冷戦初期の米ソ両国はそれぞれ特殊用途の迎撃戦闘機を開発し、核爆弾投下を食い止めようとしていた。迎撃機は高速と長距離航続性能で敵爆撃機に接近する構想だった。レーダーと長距離ミサイルにより遠距離からの攻撃も重要な要素だった。一方で敏捷性や格闘戦闘能力は不要とされた。
  3. ソ連はスホイ製高速戦闘機を各型開発したが、いずれも航続距離は400ないし500マイルしかなく、レーダーも搭載していなかった。そこで1955年にソ連は燃料を大量搭載し、強力なレーダーと大型空対空ミサイルを運用する戦闘機仕様をまとめた。三年後、ツポレフ設計局からTu-28迎撃機案が提出される。これは失敗作Tu-98超音速爆撃機試作型を原型にしていた。Tu-28は1961年初飛行で無人標的機の追尾撃墜に威力を実証し、生産型が発注され制式名をTu-128に変えた。
  4. AL-7Fターボジェット双発の同機は合計15トンまでの燃料を搭載し、航続半径1,600マイル、滞空時間を2.5時間とした。航法士がRP-Sスメルチレーダーで31マイル以内を探知したが当時としては優秀だった。ソ連戦闘機では地上レーダー管制センターの指示を受けての迎撃が普通だったが、フィドラーは強力な搭載レーダーにより単独で迎撃できた。
  5. 敵機にロックオンすれば大型R-4ミサイル(NATOコード名 AA-5アッシュ)四発を発射した。R-4は全長5メートル重量1,000ポンドで赤外線誘導、レーダー誘導の二形式があり、有効射程はそれぞれ9マイルと15マイルで、高高度でも運用可能だった。ソ連の運用思想は標的に各型を一発ずつ発射し撃墜可能性を高めるとしていた。
  6. ただしTu-128で敵機に接近しすぎるのは望ましくなかった。R-4の最小射程は1マイルでフィドラーは最大g荷重は2.5でしか旋回できなかった。(今日の空戦戦闘機なら4gでもらくらく操縦できる)敵戦闘機との交戦は想定しないフィドラーは電子対抗装備やレーダー警戒受信機は搭載されていない。
  7. もう一つ問題があった。フィドラーのレーダーとミサイルは低空飛行機に対応できず、米空軍の運用思想は1970年代に入ると高速低空飛行を重視し始めていた。そこでソ連も各機をTu-198M仕様にアップグレードし改良型レーダーとR4Mミサイルで高度800メートルまでの目標に対応させた。機体運用後期にはフィドラーはTu-126AWACSと組んで敵機探知の可能性をあげようとした。
  8. Tu-128の生産数は198機で防空連隊6個に配備された。このうち14機がTu-128UT練習機でコックピットを機首に追加したグロテスクな機体となり、「ペリカン」のあだながついた。フィドラー操縦はベテランパイロットだけが許され最高水準の俸給を受けた。フィドラーは遠隔地前線基地に配備され、SR-71ブラックバードの追尾を試みたが、SR-71の高速についていなかった。
  9. ブラックバードは国際空域にとどまるため、フィドラーも怒りの一発を御見舞できなかった。かわりに乗員は米偵察気球を攻撃してうさ晴らしした。小型円形の気球はロックが困難で、あるTu-128はミサイル四発を全部発射して一機撃墜するのが精々だった。
  10. フィドラーは高信頼性がパイロットに気に入られたようだ。上昇率が高く、高高度性能も高かった。Tu-128はスーパークルーズが可能で超音速飛行をアフターバーナーなしで実現している。今日でもこれができる戦闘機は少ない。欠点としてフィドラーは着陸が難しくパイロットは12マイル先で滑走路に機体を合わせる必要があった。他方で頑丈な構造だったようだ。1978年にTu-128が二機空中衝突したが、一機は主翼が潰れエンジン片方で帰投に成功している。
  11. Tu-128は1990年まで供用され、MiG-31フォックスハウンド迎撃機に後を譲った。同機はマッハ3で新しいレーダー、ミサイルを搭載する。その時点で戦闘機設計の潮流は多用途戦闘機に重点が移り、F-15やSu-27の時代になっていた。にもかかわらずTu-128の機体は流麗といえなかったが、大きな燃料搭載量でソ連遠隔地の領空に目を光らせることができたのである。
Sébastien Roblin holds a master’s degree in conflict resolution from Georgetown University and served as a university instructor for the Peace Corps in China. He has also worked in education, editing and refugee resettlement in France and the United States. He currently writes on security and military history for War Is Boring.
Image: Tupolev Tu-128, Russian Air Force Museum. Flickr/Creative Commons/Alan Wilson

コメント

このブログの人気の投稿

F-15J用に新型国産空対空ミサイルの導入に向かう防衛省

Japan Revives Hope For Local Missiles On Upgraded F-15sJul 22, 2019Bradley Perrett | Aerospace Daily & Defense Report https://aviationweek.com/defense/japan-revives-hope-local-missiles-upgraded-f-15s AAM-4: Niranira

日本の防衛省が三菱電機製AAM-4B空対空ミサイルをF-15改修に合わせ搭載させる構想の復活を狙っている。 構想はまだ初期段階だが、戦闘機用空対空ミサイルでレイセオンの供給独占体制が崩れる可能性が出てきた。日本のF-15はまず20機が2019年から2024年にかけ性能改修を受け、対象は102機に及ぶ。 ただし防衛装備庁は7月17日付でAAM-4Bを改修機へ統合する調査の提案募集を発表している。同庁は2020年までの調査完了を期待している。 防衛省への取材で改修対象機はレイセオン製APG-82レーダーを搭載するが調査を受けて米側の合意がないと実際の搭載はできないと述べた。 同じ空対空ミサイルと言ってもレイセオンのAIM-120Amraamと違い、AAM-4Bはアクティブ電子スキャンアレイ(AESA)レーダーを搭載する。原型はAAM-4だが大型化し推進剤の搭載量を増やしてAmraamの射程を超える可能性もある。 .同省はAAM-4Bはゆくゆくは共用新型空対空ミサイル(JNAAM)にその座を譲ると見ている。JNAAMとはラムジェット推進方式のMBDA製メテオを原型に日英両国で開発するもの。 JNAAMでもレーダー統合に米国の許認可が必要となる。 AAM-4B導入はJNAAMの実用化が失敗した場合のつなぎを防衛省が考えていることが明白だ。
提案企業の資格要件として「AAM-4ならびにAAM-4Bの設計性能分析に経験」を有するものとあり、三菱電機と戦闘機製造で日本の最先端を征く三菱重工業が対象となっているのは明らかだ。応募締切は8月5日。■

次期戦闘機はNGFの呼称へ。日本独特の大型戦闘航空機になりそう

Latest Japanese Fighter Concept Suggests Greater Range最新の日本の戦闘機コンセプトは、長い航続距離を示唆
Bradley Perrett December 20, 2019 https://aviationweek.com/defense-space/latest-japanese-fighter-concept-suggests-greater-range
Latest Next Generation Fighter concept. Credit: Japanese Ministry of Defense
防衛省は、日本が目指す次期戦闘機の新デザイン案を公開した。航続距離とペイロードが以前より重視されているようだ。 写真は決定案ではないとされるが、2020年4月1日から始まる新年度における戦闘機および関連技術で認められた総計280億円(255,780,000米ドル)の予算案の一貫として防衛省が示した。 事業名が将来型戦闘機から次世代戦闘機(NGF)へ変更になったと12月17日に河野太郎国防相が言及したが、2020年度予算案の防衛省文書で確認された。 双発型の同機は、2030年代の運用開始をめざし、日本は、英国および米国のパートナー企業との協力案を検討中。 今回発表の想像図は、26DMUと呼ばれた2014年度作成のものと大きく異なる。新設計は、将来型戦闘航空機構想(FCS)およびテンペスト戦闘機プログラムのコンセプトに通じるものがある。前者はフランスとドイツ、後者は英国が主導する。テンペストはNGFの原型になる可能性がある。 26DMUには傾斜した尾部表面4つがあったが、NGFには2つしかなく、おそらく45度で取り付けられる。 主翼部分も劇的に異なり、高いアスペクト比のようだ。前と同じように前縁部は直線構造だが、後縁はテンペストとFCASコンセプトの主翼に似ており、さらに1990年代に共用打撃戦闘機競合に失敗したマクドネルダグラス案のように、また1950年代のマクドネルF-101ブードゥーのように内側に傾斜している。 ダッソーのFCASコンセプトのように、日本案の後縁は、尾部表面の前縁とほぼ同じ点で胴体につながる。英国が公開したテンペストのコンセプトでは、主翼は日本案より低いアスペクト比で、尾翼表面の後縁まで後方に延長されている。 防…

★★世界いかなる場所にも24時間以内に展開する「ラピッド・ラプター」構想の持つ意味とは

F-22を制空戦闘機としてのみ見ているとこの記事の趣旨が理解できないと思います。たしかにシリア戦線で戦闘デビューしたラプターは当初こそ何ができるんだと揶揄されても仕方ない存在でしたが、戦術の改良と訓練により対地攻撃能力も開花させたのでしょうね。配備機数が少ないこともあり大量投入は不可能なので、初回に効果の高いパンチを敵にお見舞いすると言う構想のようです。


"Rapid Raptor": The Air Force Can Attack Anywhere with a Stealth F-22 in 24 Hours 米空軍は「ラピッド・ラプター」構想でF-22を24時間以内に世界の任意の場所へ派遣し攻撃するby Kris Osborn March 13, 2019  Topic: SecurityBlog Brand: The BuzzTags: F-22RaptorF-22 RaptorMilitaryTechnologyWorld https://nationalinterest.org/blog/buzz/rapid-raptor-air-force-can-attack-anywhere-stealth-f-22-24-hours-47377

米空軍は「ラピッド・ラプター」でF-22の四機編隊の迅速派遣をめざす。文字通り世界いかなる場所にも24時間以内到達を目標とし、急速に展開する世界情勢に対応する。 構想自体は数年前から存在し、F-22の4機、乗員、C-17による支援、燃料、整備、兵装を迅速に世界各地に派遣し、高速攻撃、第一撃を実施するのが狙いと空軍関係者が述べる。 F-22の即応体制はひとえに新ソフトウェアの実現にかかっており、ソフトウェアを順次連続改良する「パイプライン」方式を目指している。 「ソフトウェアに古臭いルールを適用する余地はない。これまで違う形のソフトウェア開発が必要だ。F-22では従来型の調達方法を引き渡しまで継続する流れとして再編した」とウィリアム・ローパー空軍次官補(調達技術補給担当)が空軍協会主催のシンポジウムで語っている。 「迅速調達」でソフトウェアに重点を置く空軍はF-22で新型兵器二点を有効化した。機体、兵装、搭載方法やセンサーといったハードウェアすべてをソフトウェアで性能向上するのがF-22の基本設計思想だ。