2017年4月21日金曜日

北朝鮮海軍の低戦力を軽視すれば大変な結果になる



North Korea’s Navy—More Nuisance Than Menace

北朝鮮海軍は脅威と言うより迷惑な存在

Kim's rickety fleet can harass but not stop the U.S. and South Korean navies

おんぼろ北朝鮮海軍で米韓海軍部隊の阻止は不可能


  1. 朝鮮半島で武力衝突が発生した場合、北朝鮮海軍兵力は連合軍にとって迷惑な存在となるが、海岸線近くで作戦実施した場合に限られ、その脅威度は手に負えないものにはならない。
  2. とはいえ米韓海軍部隊は北朝鮮海軍を沿岸部にくぎ付にしておかないと不意打ち攻撃を受ける可能性がある。韓国海軍の海防艦「天安」の例でha北朝鮮特殊潜航艇がCHT-02Dホーミング魚雷で2010年3月26日に同艦を沈めta。
  3. 北の特殊潜航艇は米韓海軍部隊が北朝鮮に接近する際に脅威対象になる。「先制攻撃で排除すれば消える脅威とはいえ外部脱出すれば大変だ」とフェリーブリッジグループで海軍関係専門家のブライアン・マグラスがThe National Interestに語っている。「制御できる脅威といって良い」
「ロメオ」級潜水艦に同乗する金正恩  KCNA photo

  1. だが北朝鮮には通常型潜水艦多数があり、連合軍の海軍作戦上は脅威となる可能性がある。「潜水艦部隊はおよそ70隻あり、ロメオ級潜水艦等で構成」と韓国国防省の白書は2014年から同じ記述だ。
  2. 「潜水艦部隊の任務には海上交通路の遮断、機雷敷設、水上艦攻撃、特殊作戦要員の敵地侵入の補助がある。北朝鮮は水中攻撃能力を向上させており、新型潜水艦・潜水艇の建造、さらに弾道ミサイル搭載可能な新型潜水艦もあり、新型魚雷も開発している」
  3. 北朝鮮の通常型潜水艦部隊は迷惑以上の存在ではない。「小型ディーゼル艦多数があり海軍作戦を複雑にしていますが勝利を妨げる存在ではない」とジェリー・ヘンドリックス(新アメリカ安全保障センターの国防戦略評価部長)がThe National Interestに語っている。
  4. 「懸念の中心はミサイルと砲兵隊で、同盟国たる韓国や日本が脅威を受けていることです。もっと大規模な世界規模の戦略問題となれば世界経済への影響は避けられないため、米国は中国に衛星国家の面倒をみるよう求めています」
  5. 一方で北朝鮮水上艦部隊は沿岸防衛を主にしつつ揚陸作戦で地上部隊の支援が中心となる。
北朝鮮の ‘Nongo’-級ミサイル艇 KCNA photo

  1. 「水上艦の主力は小型高速艇で誘導ミサイル艇や魚雷艇、警戒艇、火器支援警備艇で地上軍の侵攻を支援するのが約目ですが沿岸部防御も任務だ」と韓国が出した白書は説明。
  2. 「中大型艇を建造し、超スレンダー艇多数があり、水上艦艇相手の攻撃能力が充実している」
  3. 北朝鮮には揚陸作戦の実施能力もあり、多くは特殊作戦部隊の運用想定で北朝鮮も力を入れる分野だ。「揚陸作戦用には260隻ほどあり、LCACや高速揚陸艇もある」と韓国国防省の文書にある。
  4. 「ミッションは特殊作戦部隊隊員を攻撃対象の敵地点の後背部に重要軍事施設や戦略的な意味のある施設を破壊し、上陸部隊に重要となる上陸地付近を確保することにある」
  5. 北朝鮮海軍はおおきな脅威ではないが、軽視されるべきでもない。連合軍が気を抜けば、平壌の海軍部隊は損失を与えることが可能だ。■

0 件のコメント: