スキップしてメイン コンテンツに移動

★4月15日平壌軍事パレード登場の装備の実力は?



北朝鮮が瀬戸際政策でハッタリをかけているのはわかっていますが、個別に技術と運用を見ていかねばなりません。記念日に合わせて突貫工事で作った一見最新のビジネス居住街区は実は壁だけのセットだとGoogle Earthでバレて失笑のたねです。(この件は既存メディアでは報道されていませんね)指導体制の護持(帝国日本の国体護持を思わせます)しか頭のなかになく(しかも国民を70年間洗脳している)、北も引くに引けないのだとは思いますが、飢餓まで発生する中でこれだけの装備を整備しているのは(さらにここに核、生物化学兵器が加わります)正当な政府の資格がないと言わざるを得ません。運命のカギは米中の秘密交渉にかかっているようですが、異様な技術体系を整備する朝鮮民主主義人民共和国(3つの嘘で構成された国名)は存在しないほうが人類の幸福につながるのではないでしょうか。

Analyzing North Korea's Missile Parade: Prescription For Fear, Dose Of Reality 4月15日軍事パレードに登場したミサイルを分析する

Here are the technological highlights from yesterday's military parade through Kim Il Sung Square. 金日成広場の軍事パレード搭乗装備の技術内容

BY TYLER ROGOWAYAPRIL 15, 2017



North Korea Founder's Birthday
WONG MAYE-E—AP
平壌での軍事パレードにはいつもより多くの関心が寄せられた。米朝間でこれまでになく緊張が高まっている中、実際に開戦の想定もあり、情報機関、報道機関は北朝鮮の軍事装備を注視した。
軍事パレードで登場する装備を実証ずみ軍事技術と誤解する向きが多いようだが、パレードは見栄えする装備を見せびらかす場であり、それ以上の意味はない。
北朝鮮がテストしているミサイルの性能は判明しており、今後の北の狙いもわかっている。The War Zoneは金正恩のミサイル戦略の方針変更をまっさきに読者に伝えており、毎回の発射事例を詳しく追ってきた。
北朝鮮が大陸間弾道ミサイルや潜水艦発射弾道ミサイル能力の獲得に成功したのはまちがいないが、今回のパレードに現れた大型移動起立発射(TEL)車両のキャニスター内に何も入っていなかった可能性もある。
行事には異様だが予想通りの狂乱状態が見られた。AP
そうなると今回のパレードは最終戦を覚悟した平壌の決意のあらわれというよりひとりよがりの希望と夢を描くキャンバスだったのだろう。
金日成広場を装備が行進したがすべてが実用化されているわけではない、少なくとも今は。だからといって全部がまがい物でもない。繰り返すが、今回現れた装備の多くは試験段階で、発展改良の可能性はある。
これを前提に今回パレードに登場した技術をひとつひとつ見てみよう。
なお各種弾道ミサイルの脅威内容がCSISのツイッター内にあるので参照されたい。ただし内容は必ずしも正確ではない。

View image on Twitter
North Korea's ballistic missiles, visualized. https://missilethreat.csis.org/country/dprk/



KN-11水中発射弾道ミサイル  北朝鮮がKN-11「北極星」潜水艦発射弾道ミサイルを初公開した。これは実装備であり、一隻しかないシンポ級潜水艦で水中発射にも成功している。固体燃料を使う中距離ミサイルと考えられている。潜水艦発射なのでTHAAD有効射程外で発射可能だ。

AP
AP
AP


KN-11中距離弾道ミサイル  輸送起立発射車両TELにテスト中の中距離固体燃料式のKN-15が搭載されている。KN-11水中発射ミサイルの陸上運用版で2月にテストが成功している。TELによりどこでも移動できる。完成度が高いように見える同ミサイルは北朝鮮のミサイル脅威で真剣に考えるべき存在だ。

AP



飛翔制御機能を付けたスカッドSRBM スカッド用TELを流用したこのミサイルで興味を引くのは先端部分に飛翔方向制御用のフィンがあることだ。北朝鮮は短距離弾道ミサイルの飛翔制御に取り組んでいる。

飛翔中に方向制御できれば迎撃の難易度が高くなる。とくに飛翔最終段階でこれをされると大変だ。また北朝鮮は対艦ミサイル整備にも力を入れている。スカッドで沿海の敵艦をねらうのは理にかなう。同様の技術が北朝鮮の友好国イラン含む多数国に拡散している。
AP


TELを巡る謎  搭載するTELに比べて異様に大きなミサイルキャニスターがどのミサイルを想定しているか不明だが、開発中の液体燃料式KN-14ICBMではないか。KN-08を大型化したとみられるが、二段式で先端部ノーズコーン形状が変更されている。

TELの構成が中国のDF-31用TELに似ている。KN-14は北朝鮮で最重要のICBMで構成部品をつなぎ合わせてミサイル本体の形にしており、国内の主要ミサイル・核施設内に保管されている。ただしこのミサイルの発射が成功したとの証拠はなく、2016年10月に失敗したとの情報がある。
AP
AP

ICBMはどこ? 大型TELが以前のパレードにも現れているが、今年はキャニスターが多くの注意をひいた。これを見て北朝鮮の新型固体燃料式ICBMだと報道している例が目立った。

誤解のないように目にしたのはキャニスターだけであり、TELも前からあるものだ。またキャニスターの中身は不明だ。他方で大型KN-08(三段方式)の小型版あるいは固体燃料ミサイルは二段式あるいは一段式である。KN-08は最大の移動式ミサイルで開発がここ数年続いているが、以前もTELだけ登場してキャニスターは空だった。
このTELで大型かつ完全新型固体燃料式ICBMを運用するつもりなのかもしれない。ロシアの道路移動式トボルICBMに似ているかもしれない。だがすぐに実現すると思えず、今回登場したTELもプロパガンダ用の「白紙状態」の装備で、テストがすぐ始まるわけでない。
AP
AP


拡大型BM-25 ムスダンIRBM このミサイルも謎が多い。一見するとKN-08の新型のように見えるが、外観上の特徴が異なる。このミサイルの二段目つなぎ目は整形されておらず、ノーズ部分は完全に異なる。もっとよく観察するとBM-25/HS-10ムスダンIRBMを大型化したようだ。ムスダン用のTELに搭載されている。さらに昨年テストされたムスダン同様の黒白の塗装を施されている。

ムスダンの性能は高くないが、テスト発射は成功しており、今回の新型改良版は域内の脅威になるかもしれない。新型版が二段目のみ固体燃料の可能性もある。
AP
AP


新型沿岸防衛装備

沿岸部防御装備として陸上配備されるKh-35対艦巡航ミサイルが登場してパレードで関心を呼んだ。北朝鮮がロシアから1990年代中頃に同装備を供与されていたと発覚したのはごく最近のことだ。北朝鮮は国産化に成功し、輸出までしている。今回は同ミサイルをTELに装備し北朝鮮沿岸各地に移動させ探知撃破を一層難しくしている。
スカッドにも対艦攻撃させたいとする北朝鮮には沿岸防御装備があることは接近阻止領域拒否戦略を今後拡大する意向があることを示す。
AP


改良型暴風号 Pokpung-ho 主力戦闘戦車 国産の暴風号戦車が改良されたようで遠隔式対空砲塔にSA-16イグラIgle携帯防空装備を格納している。目標捕捉をどうするのか不明だが、カメラでロックオンして米韓の航空機をねらうのだろう。

砲塔右側(写真参照)には対戦車ミサイルらしきもの二基がついており、国内製だがいささか古風な「ファイヤーバード」装備のようだ。これは旧式9K111を発展させたものだ。レーザー誘導装置は最近導入されたようだ。
AP


新型地上移動式局地防御装備? この移動式局地防空装備は新型のようだ。運用するミサイル種類は不明だが、国産誘導方式とSA-16改良型の可能性がある。奇妙な外観のノーズ部分がミサイルランチャー内部に見える。またこの装備でも目標探知捕捉方法は不明だ。おそらく左側キャニスター横にレーダーアレイがあり、起立回転するのだろう。

AP
AP


特殊作戦部隊にだまされるな 北朝鮮特殊部隊の行進は不気味だった。迷彩服、暗視ゴーグル、88式機関銃(AK-47の国産版)に大容量銃弾倉をつけていた。

同部隊の一番の任務はトンネルや潜水艦あるいはAn-2複葉機から侵入し韓国国内に混乱を巻き起こすることで開戦直後の作戦を想定している。■
AP
AP

コメント

このブログの人気の投稿

★★★F-35とF-105の意外な類似性、戦闘爆撃機でドッグファイトは不得手

THE BUZZ America's F-105 Thunderchief Fighter-Bomber: The F-35 of the Vietnam War?
David Axe July 3, 2016 http://nationalinterest.org/blog/the-buzz/americas-f-105-thunderchief-fighter-the-f-35-the-vietnam-war-16839
War Is BoringによればF-35はF-16との模擬空戦で旋回速度が遅すぎて勝てなかったとテストパイロットが語っている。
これからの米空軍で最多の戦闘機材になるF-35が数で優勢なロシアや中国の機体と戦って残存できるのだろうか。 答えは歴史の中にある。50年前にも米空軍は同じ予測をしている。攻撃の主力F-105サンダーチーフは重量級ハイテク地上攻撃機で敵戦闘機も同時に撃退できるはず、とF-35と同様だった。 だが事実はF-105も旋回速度が遅くロシア製MiG-21に太刀打ちできず、空軍はF-105の損失を防ぐ特別な戦法を編み出した。同様の措置はF-35でも必要だろう。 F-35とF-105は驚くほど似ている。「F-105とJSFは大型、単座機、単発の戦闘攻撃機で、その時点で最強力なエンジンを搭載、空虚重量は27千ポンド級で翼幅もほぼ同じ35フィートだ」とオーストラリア航空宇宙専門家カーロ・コップが2004年に指摘していた。 http://www.ausairpower.net/Analysis-JSF-Thud-2004.html © 2005, 2007 Carlo Kopp

「両機種とも機内兵装庫があり機外パイロンで燃料と兵装を運べる」とコップは指摘し、「ともに戦闘半径400カイリクラスを目指し推力重量比、高機動操縦性能で制空戦闘機や迎撃機より劣っていた」 http://www.ausairpower.net/Analysis-JSF-Thud-2004.html

★★★米空軍次期戦闘機はもう戦闘機の形状となることはない---第六戦闘機の用語は駆逐

米空軍は次期戦闘機材の姿を未来から考えていますね。目的は航空優勢の確立であり、ドッグファイトは目的ではないと分析し、宇宙やサイバーも含めた多様なシステム構造の一貫として次期機材を捉えております。また、アジア太平洋での作戦をにらみ足の長い機体となると現在の戦闘機と相当形状が異なってくるとし、現状の姿の延長線上に次期機材を想定する勢力の生み出す結果と全く異なる結果を生み出そうとしています。改めて空軍の構成、運用がシステムで成り立っていることを痛感させられる内容です。 Air Force Prepares to Hash Out Future Fighter RequirementsBy: Valerie Insinna, August 28, 2016 (Photo Credit: Northrop Grumman)http://www.defensenews.com/articles/air-force-future-fighter-jet-penetrating-counter-air-next-generation-air-dominance
WASHINGTON — 一年をかけて将来の制空任務に必要な戦術や技術を検討した米空軍が次期戦闘機を実現する第一歩を踏もうとしている。2017年予定の代替策検討(AOA)に先立ち、空軍は予備作業を開始している。AOAはF-35に続く機体の要求条件、調達戦略に焦点をあてる。空軍は次期戦闘機をNGAD次世代航空優勢とかPCA侵攻制空用機材と呼んでいる。
だがアレクサス・グリンケウィッチ准将はAir Superiority 2030による戦力連携チーム(ECCT)を率い、NGADは従来の戦闘ジェット機と大きな違いが2つあると強調する。ひとつめが調達期間を比較的短くすることだ。
「2020年代末までに何らかの形が必要です」と准将はDefense News取材で発言している。「現実的な日程として2028年頃に中心的な技術分野で大幅な投資があれば侵攻制空性能で初期作戦能力が実現します
第二の相違点に関係するのがこのたびまとめられたAir Superiority 2030研究で将来の米空軍の航空優勢で決め手になるのは単一機種としての第六世代戦闘機のような機体ではなく、統合ネットワーク化された一連のシステムの集合だとする。この組み合わせの中に侵攻能…

★★★F-3事業に参画意欲を見せるボーイング、ロッキード・マーティン

Boeing, Lockheed Martin emerge as early rivals for Japan's fighter contest
Jon Grevatt, Bangkok - IHS Jane's Defence Weekly 19 July 2016 http://www.janes.com/article/62368/boeing-lockheed-martin-emerge-as-early-rivals-for-japan-s-fighter-contest Japan's Mitsubishi F-2 multirole fighter aircraft. Source: Japanese Air Self-Defense Force
航空自衛隊JASDFがめざすF-2多用途戦闘機の後継機種をめぐり、ボーイングとロッキード・マーティンがともに参画の意向を表明した。 IHS Jane’sが両社へ7月19日照会したところ、ともに日本での実績をもとに同事業参入を目指していることがわかった。事業規模は200億ドルといわれる。 防衛省は情報提供要求RfIを発出済みで、2018年4月までに「次期戦闘機」の決断を下すとみられる。 F-2は2000年代に三菱重工業MHIとロッキード・マーティンの共同事業で製造され、2027年ごろまでに全機退役する。 ボーイング広報によれば同社はF-2後継機の要求内容を検討中だという。「日本で当社の存在意義を大きくする方策は常に考えており、日本での安全保障ニーズに応えたい」 ロッキード・マーティン広報は「日本から各社に情報の要求が出ているが、当社もこれまでの日本との関係をさらに強化する今回の機会を活用したい」とし、「F-35事業とF-2でMHIと実績が成果を生んでいることは誇り」とする。 RfIは6月に出ており、各国の戦闘航空機メーカー宛に送付されている。RfIは7月はじめに締め切られており、米二社に加えユーロファイターSaabもプレゼンを8月末に行う見込みだ。 RfIは既存機種での検討の一助にするほか、各社の事業参加への意欲をさぐることのがねらいだ。MoDはF-2後継機を純国産あるいは共同開発ですすめるかの決断を下すが、後者の場合は既存機種を原型にするとみられる。■