予算削減がミサイル防衛にも影響する?


hit counter


web counter


cheap ultram


Aviationweek.com 3月30日

国防予算削減が予想通りの規模となると、弾道ミサイル防衛のテスト回数が削減となり、とくに地上配備の中間段階防衛(GMD)関連のテストが減ることになる。これは外部からの批判を招き、議会は逆にテスト回数を増やすよう求めているのに逆行。オバマ大統領が2010年国防予算を発表する際にはミサイル防衛庁(MDA)予算の削減は20億ドル規模で20%規模になると見られる。先週の記者会見で大統領は総額400億ドルの予算節約が国防総省関連で可能と発表している。MDAが弾道ミサイル防衛に2002年から使った予算総額は560億ドルで2013年までにさらに500億ドルを支出する見込み。GMDのテストは120百万ドル増加する可能性ありとパトリック・オライリーMDA長官(陸軍中将)は先月の下院聴聞会で発言している。それでも小委員会委員長のエレン・タウシャー(民 カリフォルニア州選出)他議会指導者はもっと多くのテスト実施がヨーロッパへの配備前に必要と訴える。その結果、本誌にミサイル防衛メーカー関係者が語ったところによると予算削減のため実際の発射テストよりもモデリング-シミュレーション(M&S)が実施されることになるという。これはM&Sを連邦政府から請負実施する機関には朗報だ。ランディー・フォーブス(共 バージニア州)はM&Sの強力な提唱者であり、M&Sが「前面に出る。なぜならばテスト方法で唯一実施可能な方法だからだ」と語る一方、同議員は企業救済策のために国防予算にしわ寄せが来ていることに我慢がならない。「M&Sでテストは出来るが、ミサイルを打ち落とすことは出来ません」

「テストに予算はいつでも使えるのではないか。」とラリー・ダジェン(ノースロップ・グラマンのミサイル防衛統合システム部長)は語るが、同氏もオライリー長官がM&Sを実弾テストと組み合わせて実施する方針で、各テストでは単独の技術要素でなく弾道ミサイル防衛システム全体に焦点を合わせる方針を支持している。

コメント: 最近の報道で改めてミサイル防衛についてIQが高まってきた方も多いでしょう。PAC3という紹介の仕方はいかがなものでしょうか。しかし、MDAについては触れられる機会は少ないようです。これだけの予算がすでに投じられているのは、レーガン時代のSDI構想から始まっているからなのですね。当時は散々悪口を言われたスターウォーズ計画ですが、いよいよその成果を示す機会が来るかもしれません。見事に機能したら、当時こけおろしていた人たちはなんというのでしょうね。もちろん、使わないにこしたことはないのですが、備えることは必要ですし、それにより相手方の整備意欲をなくさせることも可能です。それにしてもレーガンという人は偉大だったのですね

コメント

このブログの人気の投稿

★★★★北朝鮮ミサイルが中国衛星で誘導されている可能性

★★★真偽は?日本もUCAVを開発していた

★★ロッキードが極超音速技術の完成に近づいている模様、SR-72との関連へ注目