★A400M:1号機引き渡し完了、時間をかけて実用化に進む英軍



なかなか手こずっていますね。ヨーロッパの苦悩を象徴するような事例になりましたが、民生では順調なエアバスも軍用では経験不足なのか時間がかかるようです。そういえば我が国のC-2はどうなったのでしょうか。A400Mと合わせ、国産化の意味があるのでしょうか。

A400M Capability Delays Won’t Impact U.K. Operations

Nov 28, 2014Tony Osborne | AWIN First

英空軍が予定通りに今年中にエアバスA400M軍用輸送機の4機すべてを受領するのは無理なようだ。
  1. 技術的な問題が重なり、1号機の受領手続きが予想以上に長引いて、ブライズノートンt Brize Norton 空軍基地に飛来したのは11月17日になったことで、4号機は確実に、さらに3号機も来年早々の引き渡しになりそうだ。
  2. 1号機MSN15の引き渡し式典は11月27日に開催され、デイヴィッド・キャメロン首相も参加し、英軍への就役を盛大に祝うものとなった。
  3. フランス政府と生産スロットを交換したことで英軍向けA400M全22機の引き渡し完了は2018年の見込みで、初期作戦能力獲得は2015年とし、当初7機体制とする。
  4. 段階的に性能を加えていく予定で、戦術輸送能力の実施は2017年遅くまで行わないが、全性能の獲得は2022年に設定されている。同年に現行のC-130Jが退役する予定だ。
  5. 戦術ミッションでは高度250ft.での飛行訓練が必要で、貨物またはパラシュート兵の投下を行い、空中給油に加え未整備滑走路からの運用も想定。フォークランド諸島では特殊な要求があり、乗員は海上監視ミッション訓練も受ける。
  6. 一部乗員は特殊作戦向けの高高度パラシュート投下の他、ゴムボート投下、ヘリコプター給油、低高度150ft.飛行での訓練も必要だ。
  7. 引き渡しが遅れたのはメーカーのエアバス・ディフェンスアンドスペースが戦術作戦能力の付与で手こずり、11月初めには契約破棄寸前までの事態となったが、依然としてフランス、ドイツ、トルコの各国と同社の間で協議が続いており、トルコは2号機の受領を拒んでいる。
  8. 英国は徐々に性能を引き上げる予定だが、これは他国に比べると余裕があるためだ。C-130Jに加えC-17を保有する英国に対してフランス、ドイツ、トルコはC-160トランザールの老朽化が進み、ハーキュリーズも旧型を運用している。
  9. だが英国向けの1号機も受領したものの問題に直面した。11月17日の受領後に実施した訓練フライトは1回のみで、直後に技術的な問題が見つかり、地上待機となってしまった。
  10. 英軍用2号機MSN16はマドリッドのエアバス・ディフェンス社で防御装置一式の取り付けの作業中。英軍が採用したのはノースロップ・グラマン製の指向性赤外線防御システムでA330ヴォイジャー給油機、C-17,C-130Jに搭載されているのと同じもの。3号機の初飛行日程は未定だ。
  11. ブライズノートン基地ではエアバスとタレスが共同で訓練を実施し、まず教官パイロットの養成にあたっている。通常の乗員向け訓練は1月に開始される。
  12. 乗員はまずC-130JやC-17の経験者から選抜され、今後は新規パイロットが加わる。機種転換には5ヶ月かかる。
  13. 英国がA400M導入に当てる予算は28億ポンド(44億ドル)で、英国は同機にアトラスの名称を与えている。■




コメント

このブログの人気の投稿

★★★★北朝鮮ミサイルが中国衛星で誘導されている可能性

★★★真偽は?日本もUCAVを開発していた

★★ロッキードが極超音速技術の完成に近づいている模様、SR-72との関連へ注目