空中空母の実現方法を公募中のDARPAは真剣


DARPAはいつも奇抜なことを考えているように見えますが、現実の世界にとらわれず究極のあるべき姿を見ているのかもしれません。その点で思考方法が柔軟なのでしょうね。

Pentagon Wants to Build Aircraft Carriers in the Sky

by MIKE HOFFMAN on NOVEMBER 12, 2014
Aircraft-Carrier-Sky-600x400
ペンタゴンの中心的研究部門が母機に小型無人機を搭載する方法を模索し、軍事応用の経済効果を見極めようとしている。
国防高等研究プロジェクト庁(DARPA)から発表があり、提案競争で大型機(ほぼC-130なみ)に無人機複数を搭載し、広い地域に無人機を発出させる案を公募している。DARPA関係者によると無人機の空中発進のみならず回収方法も募るという。

大型有人機で通常型航空攻撃を実施すると費用がかさむだけでなくパイロットにも危険が伴う、とDARPAは説明し、そのためペンタゴンは「混合法」“blended approach” で小型無人機の飛行距離を伸ばし、有人機に搭載して運ぶ方法を求めるのだという。
「まず小型機の性能を引き上げる方法がほしい。その有力な候補は既存大型機に最小限の改修を加え、『空中空母』にすること」とDARPA主査のダン・パットDan Pattは言う。
DARPAが求める飛行実証では母機と無人機を今後4年以内に飛ばす。関係者の期待は今回の提案から正式なDARPA案件としてシステムを構築することだ。
今回の発表ではDARPAが無人機を小型化し、価格も低くすることを期待していると強調。軍司令官が求めるのは費用対効果の高い空爆の実施案だ。■


コメント

このブログの人気の投稿

★★★★北朝鮮ミサイルが中国衛星で誘導されている可能性

★★★真偽は?日本もUCAVを開発していた

★★ロッキードが極超音速技術の完成に近づいている模様、SR-72との関連へ注目