★J-31はFC-31(輸出専用モデル)になるのか 珠海ショー余聞②



なるほど、J-31が国内呼称で、FC-31が輸出仕様の型式名称であることが判明しました。中国は米国の考えたハイローミックスは真剣に考慮していないのでは。それともJ-20が長い槍で、J-31とは別の短剣があるのか。これはいまはわかりません。広大な沿岸線を有する中国には防空体制の完璧な整備はなかなかむずかしいでしょうから、シンボリックな高性能機を配備することが費用対効果で意味があるのではないかと思います。

With J-31 Flight, China Makes a Statement

Nov. 15, 2014 - 03:45AM   |  
By WENDELL MINNICK   |   Comments

CHINA-ECONOMY-AVIATION
輸出を視野に入れる: 中国のJ-31ステルス戦闘機が珠海航空ショーで11月11日に展示飛行を行った。(JOHANNES EISELE/ / AFP/Getty Images)

ZHUHAI, CHINA —中国の双発ステルス機J-31が珠海航空ショーで飛行展示されたが、当日の曇天と対照的に、メッセージは明瞭だった。中国は新型戦闘機を売り出そうとする以上に中国の航空産業を世界に売り込もうとしているのだ。

  1. 中国はJ-31を輸出する意向だ。その顧客にはイランとパキスタンが並ぶ。J-31は世界市場をにらんだ初のステルス戦闘機で合衆国の輸出制限対象国やロッキード・マーティンF-35の予算が手当てできない国向けのものだ。
  2. J-31輸出の話はAVIC展示ホールで縮尺1:2のモデルが開幕前のプレス向けツアーでお披露目された際に出てきた。モデルにつけられた説明では「FC-31」となっており、中国の戦闘機には「J」がつき、輸出用機材には「FC」がつくのが通例だ。J-31がFC-31として紹介されたのはこれが初めて。
  3. 米議会が任命した米中経済安全保障検討委員会US-China Economic and Security Review Commissionの委員長ラリー・ウォーツェルLarry WortzelからはJ-31の初の公開展示飛行とFC-31の公開はAPEC会合(北京)およびオバマ大統領の訪中とタイミングを合わせたものと発言。
  4. これはロバート・ゲイツ国防長官(当時)の訪中時にCAC製J-20ステルス機が初飛行した2011年1月の出来事を想起させる。この時ワシントンでは米国訪中団に政治的なメッセージを送るものと解釈されたが、中国関係者は関連を否定した。オバマ訪中と珠海でのJ-31公開ではウォーツェルによれば「今回は少なくとも事前予告があった」点が違うという。
  5. 珠海で実機を公開したことから中国は輸出に本腰を入れるつもり、とダグラス・バリーDouglas Barrie ロンドン国際戦略研究所International Institute for Strategic Studiesで軍事航空の主任研究員、は言う。
  6. 「ただし中国の輸出相手先に第五世代戦闘機を導入する実力があるだろうか」と言い、成都J-7戦闘機ファミリーの後継機種ならCACのJ-10やJF-17/FC-1の方が現実的な選択となるはずというのだ。
  7. これに対して中国はすき間市場を狙っている観がある、というのがロジャー・クリフRoger Cliff (大西洋協議会Atlantic Council.でアジア安全保障構想Asia Security Initiativeを担当する非常勤研究員)だ。「F-35の価格は支払えない国でもMiG-29やF-16より進歩した機体をほしがるところは多い」とし、イランやパキスタンがFC-31に関心を示す可能性が十分あるという。しかしながら、開発費用を回収できる輸出需要があるだろうか、とクリフは不思議がる。「Avicは経済の理屈だけで動く会社ではないけど」
  8. クリフは中国空軍にJ-31購入の予定があるのか疑わしいという。ハイローミックスでいえば、ローの部分を構成する機体です。高性能機はJ-20ですが、珠海に姿を現さず、一方で着々と開発が進んでいると言われています」
  9. クリフは実力を誇示するのであればJ-20が珠海に展示されたはずだという。「中国が輸出用に性能が劣る機材を当ててきた前例があります」とし、JF-17/FC-1とJ-10戦闘機の組み合わせ、KS-1とHQ-9地対空ミサイルの例があるとする。
  10. 中国も模倣できていないのが高性能戦闘機用エンジンだ。ロシア製サトルンAL-31エンジンがJ-31試作機に搭載されているといわれる。これで同機がライセンス問題で輸出できなくなるというわけではない。クリフによればロシアがRD-93エンジンを搭載したFC-1/JF-17の再輸出を許した前例がある。
  11. 中国は国産WS-13エンジン開発を進めており、J-31搭載を狙っているという。成功すれば、ロシア製エンジンは不要となるという。
  12. 中国からJ-31外観が驚くほどF-35に似ているのはスパイ活動が最大の理由だといわれている。
  13. 「中国のスパイ活動で二重に被害が発生します。システムを盗まれて、それが販売されるからです」と説明するのはペンタゴンで技術評価部長を務めたエドワード・ティンパーレイク Edward Timperlake だ。「スパイはF-35の開発途中のソフトウェア設計を盗み、ソフトウェアの核心部分は米国が休まず改良しているので入手できず、いわば出席なしで試験結果だけ手に入れたようなものだ。成績は優でも最終試験は盗み切れていない」.
  14. 最終試験問題を入手しようと中国が動いている証拠がある。6月に連邦捜査局はカナダ在住中国人実業家Su BinがF-22ラプターとF-35の秘密情報を合衆国内の国防産業のコンピュータから盗もうとし逮捕されたと発表。SuはF-35のテスト日程と「青写真」で「中国が米国の水準に急速に追いつく」ことを目指したという。Suの電子メールが米法務省により公開されている。
  15. ではF-35と比較してJ-31はどれだけのステルス性を第五世代機として有しているのか。第五世代機とは単にステルス性能だけの存在ではないとクリフも言う。「スーパークルーズ、推力方向転換、AESAレーダー、高帯域低探知可能性データリンクがあります」という。
  16. この基準だとF-22やF-35も第五世代機として完璧ではないとクリフは指摘。「だが、J-31にはスーパークルーズや推力方向転換機能もないようですし、ステルスつきの第四世代戦闘機以上の存在だが、AESAレーダーや高帯域低探知可能性データリンクがついているか次第で評価がかわりますね。ちなみにF-35ではこれは全部ついています」
  17. J-31とF-35の外観上の類似性は中国がF-35のステルス外観設計を複製しようとした努力のあらわれとティンパーレイクも言う。
  18. 「もし同機が物理的にステルス性能を獲得して、大量生産に入れば、大きな問題になる」と地域内の同盟各国を指して発言。しかし、ステルス性とは生存可能性の問題にすぎず、専門家はもっと内部構造を検討する必要がある。ひとつはF-35の融合コックピットであり、中国がそこまでの水準に達しているかだという。
  19. 「融合の有無でJ-31が本当の競争相手なのかそれとも既存機を直線的に発展させた機体なのかが分かれます。性能が上がっているとしてもハブスポーク方式の戦闘管理、空中早期警戒統制システムと地上から操作する迎撃方式が不可欠でしょう」と指摘する。 ■


コメント

このブログの人気の投稿

★★★★北朝鮮ミサイルが中国衛星で誘導されている可能性

★★★真偽は?日本もUCAVを開発していた

★★ロッキードが極超音速技術の完成に近づいている模様、SR-72との関連へ注目