★スコーピオンの初の顧客はUAEになるのか




UAE Negotiating Possible Scorpion Purchase

Nov. 2, 2014 - 03:45AM   |  
By AARON MEHTA and AWAD MUSTAFA   |   Comments

Sources say the UAE is in serious talks about becoming an early customer of the Textron AirLand Scorpion jet.
消息筋によればUAEがテキストロン・エアランドのスコーピオン購入を真剣に検討し商談中だという。 (Darin LaCrone / Textron AirLand)

WASHINGTON AND DUBAI — アラブ首長国連合はテキストロン・エアランドと同社の新型スコーピオンジェット機の導入を巡り商談中であると複数筋が伝えている。
  1. また成約まではいかないが、商談内容を知る関係者からは商談は進行中で、同国のトップ級とテキストロンCEOも話をしている模様だ。.
  2. 「UAEがスコーピオンに関心を示し、テキストロンシステムズのCEOエレン・ロード Ellen Lord が現地を訪問しUAE空軍関係者と数回協議している、と内部事情に詳しい米政府関係者が明かしている。
  3. スコーピオン営業推進チームはテキストロン・エアランド社内に設置され、テキストロン・システムズには所属していないが、業界筋によればロードが数回訪問した際には同機の話題も含まれているという。
  4. スコーピオンはISR機でありながら攻撃能力も備えている。2013年9月に発表された際には業界内で懐疑的な意見が強かったが、低コストとモジュラー構造により一般に流通している装備を使い、複合材を使用する利点もあるという。
  5. 米政府関係者と業界筋によればUAEがスコーピオンに目を付ける理由はまずアル・フルサンAl Fursan航空展示アクロバティック飛行隊(現在はアレニア・アエルマッキMB-339を使用中)向けだという。
  6. アクロバット飛行はテキストロンが想定したミッションではないが、業界筋によればアル・フルサン向けに導入すればその後の関係拡大の一歩となるという。
  7. UAEがアレニア・アエルマッキM-346を練習機に選定したのは2009年で、48機導入を決めた。取引にUAV売却も含めたため、技術移転規則にひっかかり商談が中断した経緯がある。現在までこの商談の方向性は双方から発表されていない。
  8. 8月になり、スコーピオンチームからDefense Newsに対し練習機専用型を開発中との話がでた。双発、尾翼2枚の構造はそのままで主翼を短くし、エンジン推力も増やすとの説明だった。
  9. スコーピオン導入で実際に飛行時間あたり費用がどう変化するかは不明だが、推定値の段階でISR/練習機型はM-346に対し十分な魅力があるとされる。
  10. テクストロン商談を後押ししそうなのがUAE国営製造会社 Strata Manufacturingで複合材胴体部分で同機製造に加わる。
  11. 「経済効果が重要な要素です。国営企業は同機の諸元を見て何機製造できるか試算するでしょうし、UAEは航空機製造に参入したいと希望していましたからね」(業界筋)
  12. テクストロン関係者は国営企業の親会社ムバダラ航空宇宙 Mubadala Aerospaceに同機の技術諸元を説明ずみという。
  13. ただし両社の提携は一筋縄ではいかないようだ。
  14. かねてからUAEには同機のローンチカスタマーになることに抵抗があった。これは今も同じで、同上業界筋によれば同国は正式購入の前にテクストロンが別の顧客を見つけるよう期待しているという。だが、具体的な購入先は浮上していない。テクストロンはアジアに大きな商機があると見ている。
  15. 業界筋によれば同社はすでにマレーシア、ブルネイ、フィリピン、インドネシア、バーレーン、カタール、サウジアラビアの各国と意見交換を行っているとし、このうちマレーシアとブルネイが実現度が一番高い。
  16. UAEが求める練習機仕様を実際に作ると、追加技術分析が必要となり、正式合意はまだ先ではないか、というのが同上技術筋の見方だ。
  17. 「あと18ヶ月しないと無理で、ひょっとすると2年になるかも。2016年というところでしょうか。それでもテクストロンが受注すること地見ています」
  18. UAEから見解は得られず、テクストロン広報も直接の言及を避けた。「当社の方針は将来の案件について一切のコメントをしないというものですが、スコーピオンに対する各国の関心は強いものがあり、今も増えていますので、ローンチカスタマー候補の国があると言えます」
  19. 同社は広報を巧みに展開し同機への関心を高めてきたが、2013年9月に突如公開するまでは秘密を守ってきた。
  20. だが、同機を広く各地に移動させ、ファーンボロショーや空軍協会年次総会で実機を公開したが、確定受注はまだないままだ。
  21. ただ同社は米国での営業も忘れていない。その中にはスコーピオンを練習機に改修し、米空軍のT-X次期練習機として採用を狙う案もある。それでも同社は最初の顧客は海外と見ている。
  22. Defense News取材で7月に語った同社顧問ホイット・ピーターズ(元空軍長官)Whit Peters は同機の営業の狙いを示していた。
  23. 「ISRに加えて、攻撃能力の実施を狙う空軍は各地に見られます。ただし、現実的に各国は支払い可能な機体価格と安全な運航を求めています」 ■


コメント

このブログの人気の投稿

★★★★北朝鮮ミサイルが中国衛星で誘導されている可能性

★★★真偽は?日本もUCAVを開発していた

★★ロッキードが極超音速技術の完成に近づいている模様、SR-72との関連へ注目