中国の新型ターボプロップ輸送機 珠海ショー余聞①




Avic Shows Model Of New Turboprop Airlifter

Nov 10, 2014 Bradley Perrrett | AWIN First



ZHUHAI, China Avicがロッキード・マーティンC-130とほぼ同寸のターボプロップ軍用輸送機の模型を珠海航空ショーで公開した。

同社は以前から新型機開発を言及しており、公開された模型は60トンクラスで情報が一致する。

機体構造は高翼、主着陸装置は機体取り付け型でT字尾翼と6枚ブレイドのプロペラ推進だ。

名称はないが、中型輸送機と分類されている。展示された模型には8316との番号、RSの文字が尾翼にあり、中国空軍の標識がついていた。

現在中国で運用中の中型輸送機Y-9(アントノフAn-12の国産化)やY-9(Y-8を大幅に改修)よりも胴体直径が大きくなっている。Y-8とY-9はともに陝西飛機工業 Shaanxi Aircraft が生産している。同社はAvicで大型機生産を担当。

この新型機の開発状況は明らかにされていない。エンジンはWJ-16(出力3,782 kw (5,072 hp.))と推測される。もし、WJ-16を採用しC-130Jと同等の推力重量比とすれば、機体総重量は88トン近くとなる。■


コメント

このブログの人気の投稿

★★★★北朝鮮ミサイルが中国衛星で誘導されている可能性

★★★真偽は?日本もUCAVを開発していた

★★ロッキードが極超音速技術の完成に近づいている模様、SR-72との関連へ注目