米海軍:次期攻撃型原潜の建造準備に入る


ヴァージニア級建造が続く中、次世代の攻撃型原潜の準備が始まっているようです。潜航中の潜水艦から無人機を発進させるのには弾道ミサイルと同様に圧縮空気で泡を作り、水面上で機体を展開するのでしょうか。相当小さいサイズでしょうが、潜水艦が空も活動領域に加えようとしているのですね。

Navy Starting Work on New SSN(X) Nuclear Attack Submarine
By: Dave Majumdar
Published: October 23, 2014 3:45 PM
Updated: October 23, 2014 3:45 PM
Virginia-class attack submarine Pre-commissioning unit (PCU) John Warner (SSN 785) on Sept. 1, 2014. US Navy Photo
ヴァージニア級攻撃潜水艦ジョン・ワーナー(SSN-785)が9月1日に進水式を迎えた US Navy Photo


米海軍は次期原子力攻撃潜水艦の建造準備に着手する。現行のヴァージニア級(SSN-774)の後継艦として戦力化を2044年と想定し、それまでにヴァージニア級最後のブロックVII建造が終わる予定。

  1. 「長期にわたるSSN新型の建造計画を想定している」と海軍海洋システムズ本部で潜水艦計画を取り仕切るデイヴ・ジョンソン少将Rear Adm. Dave Johnson,が海軍潜水艦連盟Naval Submarine League 主催のシンポジウムで発表した。

  1. 「2034年というと、はるか先のようですが、艦体設計開発部門は今からアクションを取る必要があります」

  1. 次期攻撃型潜水艦はSSN(X)の名称でこれから10年のうちに各種案の検討を完了させておく必要がある。

  1. そうなると新型潜水艦の要求性能、設計、新技術の実証に使えるのは正味9年程度となり、ジョンソン少将は小チームを編成し、5年計画で作業を開始させたと発言。このチームは民間産業の意見も取り入れ同艦が作戦を展開する2050年以降の世界での脅威の中身を想定する。

  1. SSN(X)では艦外のシステムとの統合化が求められるとマイク・コナー中将(大西洋潜水艦隊司令官) Vice Adm. Mike Connor, Commander of Submarine Force, Atlantic (COMSUBLANT)は語る。またヴァージニア級とSSN(X)各艦はネットワーク化され超長距離兵器を運用すると予測。

  1. 新型魚雷推進システムの構想があり、ペンシルヴァニア州立大で研究中で魚雷に搭載すれば200カイリ先の目標を攻撃できるという。

  1. 「射程200カイリの魚雷を運用する心の準備ができていないが、これは実現に向かうでしょう」とコナー中将は述べた。また、ヴァージニア級やSSN(X)の攻撃潜水艦の魚雷発射データが外部から入る可能性を示唆している。

  1. そのため潜水艦から無人機を発進させたり、ボーイングP-8ポセイドンのような航空機が活用される。潜水艦が魚雷を発射しても最終段階の誘導は外部から行うかもしれないとコナーは説明した。■


コメント

このブログの人気の投稿

★★★★北朝鮮ミサイルが中国衛星で誘導されている可能性

★★★真偽は?日本もUCAVを開発していた

★★ロッキードが極超音速技術の完成に近づいている模様、SR-72との関連へ注目