オーストラリア潜水艦事業に絡みたいサーブ・コックムスとはどんな企業なのか


オーストラリア向け潜水艦建造の競合相手になりそうなサーブ傘下のコックムスの話題です。同社が提携したコリンズ級がオーストラリアにとっては不満の種なのですが、同社はオーストラリアにこれまでも実績のある会社で決して無視はできないと思います。だがはたして日本の2社に海上自衛隊向けとは別に輸出用船体を作る余裕があるのか、そこに米国も割り込んできて、ますます混迷しそうな状況ですね。同社を率いるフランソン女史の発言を見ると、とてもオーストラリアの想定する性能を実現できる実績のある会社と思えないのですが、いかにも自信満々ですよね。日本側もメディアを使って自社の立ち位置を説明してはいかがでしょうか。

Saab Confident in Its Kockums Submarine Builders

Oct. 29, 2014 - 05:03PM   |  
By CHRISTOPHER P. CAVAS   |   Comments
Saab Kockums Security and Defense Solutions unitを率いるグニラ・フランソンは世界の海軍市場で競合に勝ち残りたいと意欲満々だ。 (Christopher P. Cavas/Staff)
PARIS — コックムス造船が再度スウェーデンの所有・統制に復帰した際は同国の国民、政府、産業界が全員承認する稀な事例となった。
  1. 「全員が好意的な反応を示すのはこの国で初めてでしょう」と言うのはサーブ・コックムスSaab Kockums Security and Defense Solutionsを率いるグニラ・フランソンGunilla Franssonである。
  2. サーブはコックムスを傘下に収め潜水艦建造でスウェーデンらしさを出してきた。
  3. 「サーブ・コックムスとしてサーブの強みとコックムスの造船能力を提供します」
  4. フランソンはサーブの海軍艦船建造実績を上げたうえで、「サーブは造船では有名とはいいがいですが、コックムスの名前はサーブが造船も手掛けていることを印象付けます」
  5. サーブの名称はグリペンに代表されれる航空機製造、サーブ・バラキューダSaab Barracudaとして米国に本社を置く安全保障防衛システム開発で知られているとフランソンは指摘。
  6. サーブ・コックムスは海軍関係の事業を世界規模で展開し、艦船建造からシステムズまで手掛けようとする。
  7. 「海軍関連事業は業界内の協力があって成立し、一社ですべてのシステムを提供できません」
  8. サーブはシステム統合企業と自社をみていると語る。「当社の強みは海軍関係の統合機能です。主契約企業をめざし、競合他社の製品も利用します」
  9. コックムスがドイツ持ち株会社と関係が不安定だったのはホバルツウェルケ・ドイチェHowaldtswerke-Deutsche Werft が国有企業だったコックムスを1999年に買収したためだった。その後ティッセンクルップ・マリンシステムズThyssenKrupp Marine Systems (TKMS)に2005年に編入され関係はさらに悪化し、併合でコックムスの潜水艦設計建造事業が廃止されるとの猜疑心だけが高まっていた。
  10. 今年二月にスウェーデン政府から「国益の観点で潜水艦建造能力が必要だ、サーブに同事業をやってもらいたい」と言ってきたとフランソンはいう。そういわれて、ことわれなかった、と回想する。
  11. コックムスは15年もの間外国に所有されていたが、「スウェーデン企業のままで、TKMSへ統合されていない」とフランソンは言う。
  12. スウェーデン政府方針でサーブ・コックムスはA26潜水艦の開発を再開し、設計・建造の準備を急いでいる。フランソンはこの事業の行方に自信を持っている。
  13. 「20年間潜水艦を一隻も建造してなくても、スウェーデン海軍用に潜水艦をドック補修していましたから」と言う。
  14. 造船技術そのものはサーブが手に入れた900名のコックムス社員の中にある。「30年40年勤務の社員が多数おり、技能水準を維持しています。スウェーデンには海軍関係者も多く、コックムスと強い関係を持っていますので、技能で心配はしていません」
  15. 経営管理層はサーブ出身者、コックムス出身で半々だという。「管理職には20年30年の経験があり、海軍士官出身者もいますよ」
  16. 政府契約でサーブ・コックムスはA26設計を見直し、「現在の要求水準に合致するか確認中で、サブシステム、調達品を再検証する」という。
  17. サーブ・コックムスはA26潜水艦調達の決定が数年以内に決まり、詳細設計、建造を開始できると見ている。A26級一号艦の納入は2022年目標だとフランソンは言う。
  18. TKMSは傘下のコックムスに潜水艦の輸出営業を許さず、スウェーデン側に不満の種だった。同社はオーストラリア向けに建造したコリンズ級の出来具合に誇りを持っている。コリンズはスウェーデン海軍向け設計案を拡大した潜水艦である。
  19. 同社はオーストラリアで再度存在感を高めようとしている。オーストラリア政府はコリンズ級6隻の後継艦として12隻の建造を計画している。
  20. 「オーストラリア案件に当社も関与したい。オーストラリアとは強い関係がある」(フランソン)
  21. サーブには20年にわたり防衛事業を支える現地社員がオーストラリアにおり、「サーブはオーストラリア企業として認知されています。コックムスが加わり、潜水艦事業で強力な入札企業となります」
  22. 「潜水艦調達を獲得するのが目標ですが、決めるのはもちろんオーストラリアです」 ■

コメント

このブログの人気の投稿

★★★★北朝鮮ミサイルが中国衛星で誘導されている可能性

★★★真偽は?日本もUCAVを開発していた

★★ロッキードが極超音速技術の完成に近づいている模様、SR-72との関連へ注目