E-2D新型ホークアイがIOC獲得


海軍が進めるNIFC-CA構想で大きく期待されるE-2Dが初期作戦能力を獲得したというニュースです。機体スペースがない同機にさらに空中給油までやらせるのはいかがなものでしょうかね。(ポッドでするんでしょうが) 

Navy Declares IOC For E-2D Advanced Hawkeye

By: Dave Majumdar
Published: October 16, 2014 3:30 PM
Updated: October 16, 2014 3:30 PM
An E-2D Hawkeye assigned to the Tiger Tails of Carrier Airborne Early Warning Squadron (VAW) 125 launches off the flight deck of the aircraft carrier USS Theodore Roosevelt (CVN-71). US Navy Photo
艦載空中早期警戒飛行帯VAW-125のE-2Dホークアイが セオドア・ロウズベルト USS Theodore Roosevelt (CVN-71)から発進しようとしている。US Navy Photo

NAVAL STATION NORFOLK — 米海軍はノースロップ・グラマンE-2D発展型ホークアイが初期作戦能力(IOC)を獲得したと発表。最初の飛行隊は空母早期警戒機飛行隊VAW-125でノーフォーク海軍基地(ヴァージニア州)で運用する。
  1. 今回のIOCでUSSセオドア・ロウズベルト(CVN-71)が再就役(2015年)する時点で海軍は5機種を運用することになる。.
  2. 海軍にはすでに15機のE-2Dが納入されており、今後も断続的に引き渡しがある。50機が発注済みで、最終的に75機を導入すると2027年になり、その時点でE-2Cは全機退役している。.
  3. E-2Dの位置づけは重要で、構築中の海軍統合火器管制対空対抗手段Naval Integrated Fire Control-Counter Air (NIFC-CA) でネット接続の中心となる。セオドア・ロウズベルト空母打撃群はNIFC-CA運用可能となる。
  4. 今年早々に海軍はNIFC-CA機能の実証としてロッキード・マーティンAPY-9UHFレーダーでLink-16と協調交戦能力Cooperative Engagement Capability (CEC) のデータリンクでボーイングF/A-18とイージス艦に目標情報を流し、レイセオン製スタンダードSM-6艦対空ミサイルを発射させている。
  5. 将来はE-2Dに戦術標的ネットワーク技術 Tactical Targeting Network Technologies (TTNT) によるデータリンクを搭載し、帯域と有効距離を大幅に拡大する。来年にも新型データリンクをE-2Dに搭載するとレモン大佐は言う。
  6. 他方でホークアイに空中給油能力を付与する作業も進行中だ。レモン大佐によれば給油能力が加わるのは2020年になるという。■

コメント

このブログの人気の投稿

★★★★北朝鮮ミサイルが中国衛星で誘導されている可能性

★★★真偽は?日本もUCAVを開発していた

★★ロッキードが極超音速技術の完成に近づいている模様、SR-72との関連へ注目