2016年11月5日土曜日

RC-135はイスラム国戦闘員排除にこう役立っている




War Is Boring
The U.S. Air Force’s Biggest Spy Planes Are Hunting Islamic State Fighters
RC-135 Rivet Joints spot terrorist radios, phones and scoop up chatter
by JOSEPH TREVITHICK
  1. 米空軍最大ののスパイ機部隊がイスラム国戦闘員の所在を探り出している。イラク、クルド両部隊がモスル市から戦闘員を排除しつつある中でのミッションだ。
  2. 2016年10月21日に少なくとも一機のRC-135V/Wリヴェットジョイントがアル・ウデイド空軍基地(カタール)を離陸し、イラクあるいはシリアへ向かった。ボーイング707旅客機が原型の同機は空中給油なしで4000マイル飛行できる。
  3. 「同機は20カ国が参加する連合軍航空兵力にリアルタイムで現場情報を提供する」と公式説明文にある。別の説明文では「ほぼリアルタイム、現場での電子戦支援、情報収集、解析、伝達能力を提供する」とある。.
  4. 地上戦でイスラム国が劣勢になる中で戦闘員が密かに逃亡するのを防ぐのは重要だ。
  5. リヴェットジョイントは中東では最初の湾岸戦争以来ほぼ常駐しサダム・フセイン軍の監視、飛行禁止地帯の執行に携わってきた。
  6. 2003年の米主導連合軍のイラク侵攻ではRC-135が後方からサダム部隊や反乱分子との戦闘を支えた。2011年に米地上軍が撤退したが、その後もイラクの戦闘員の動向を監視してきた。
Above, at top and below — an RC-135V/W Rivet Joint prepares to take off and eventually departs Al Udeid Air Base in Qatar on Oct. 21, 2016. U.S. Air Force photos
  1. 2014年にイスラム国がシリアからイラクへ侵攻し、イラク政府軍を敗退させた。イラク、クルド人部隊がモスル攻略を開始した今年10月にはリヴェットジョイントが再びその能力を発揮している。
  2. 米空軍第55飛行隊(ネブラスカ州オファット空軍基地)は17機を運用し、世界各地に機材を派遣している。
  3. RC-135乗員は最大30名でパイロット、航法士以外に情報専門員、飛行中の故障に対応する機器修理要員が搭乗する。アンテナ多数をつけた同機の主な任務は戦場上空あるいは近隣を弧を描く飛行パターンで飛び敵通信を探知することにある。
  4. さらに発信元を特定し、情報を基地に送る。2011には新たに戦術データ・リンク(TDL)が搭載され、各部隊と情報同調が簡単になった。
  5. 「RC-135W/Vリヴェットジョイントは」新装備で「有効な機材になった」と空軍史は述べている。同機は「TDL搭載で性能を向上した」 War Is Boring は情報公開法により年次報告書の写しを入手した。
  6. イスラム国戦闘員は民生通信手段やインターネット携帯電話を多用しており、同機は所在を容易に突き止められる。
  7. 「携帯電話、トランシーバー方式、インターネット、電子メールを多用している」とペンタゴンの広報官クリストファー・ガーヴァー米陸軍大佐は2016年6月8日に報道陣に述べた。「戦場でもインターネットを使っている」 「そのため通信手段の排除として携帯電話中継塔を狙っている」
  8. 戦闘員の所在を突き止めること以外に情報要員は今後の攻撃に役立つ追加データも集めている。傍受した通信内容は押収した文書や機器類からの情報と合わせて戦闘員への作戦に有効利用されている。
  9. 「傍受や監視対象が特定できてもあえて攻撃しない場合がある」とガーヴァー大佐は述べ、「破壊すれば情報が取れなくなる」ためだという。
  10. またリヴェットジョイント部隊が敵通信を妨害しているとの報道もある。2016年5月には匿名情報源からとしてデイリー・メイル紙が英国のエアシーカー部隊(リヴェットジョイントの英空軍制式名称)がリビア国内のイスラム国戦闘員の通信を秘密のうちに妨害していると報道している。
  11. ただし「エアシーカーをジャミング機材と考えるとテレビの『怪しい伝説』ではないが誤りとなる」とロバート・ホプキンズ(前RC-135パイロット)が語っている。
  12. 「ジャミングには大量の電源出力が必要で発電に大量の空間と重量が必要となる。がリヴェットジョイントでは余裕がない」
  13. ただしリヴェットジョイントの強力なセンサーで他の機材を正しく誘導することが可能だろう。米海軍、海兵隊、空軍はイスラム国の通信妨害に専用機材を送り込む。
  14. とはいえRC-135は航空作戦に強力な支援を提供する。英空軍がエアシーカー1号機を取得したのは2015年だが、ただちにイラク、シリア上空に同機を派遣している。
  15. 「英軍のエアシーカー最新号機はイラク、シリア上空でまもなく活動開始する。米軍を除けばこれだけの能力を有する国はない」と英国防相マイケル・ファロンは2015年に述べている。
  16. 米空軍のリヴェットジョイント各機は今後もイスラム国に対する優位性をペンタゴンに提供する。あるいは中東で別の勢力が出現しても当面は優位性確保に役立つだろう。■


0 件のコメント: