2016年11月19日土曜日

クウェート、カタール向け販売成立でボーイング戦闘機生産ラインは2020年代まで維持可能になった


ボーイングの粘り勝ちのようですが、商談の正否で生産ラインの維持がかかっていたので、神経をつかう場面が多数あったと想像できます。しかし生産ラインがまだあるのになぜ米空軍はF-15を発注しないのか不思議ですね。予算がない、の一点張りなのでしょうが。

Kuwait, Qatar Deals Move Forward, Likely Putting Boeing Fighter Jet Production Into the 2020s


WASHINGTON —米国務省が高性能ジェット戦闘機売却を承認し、クウェートにF/A-18E/Fスーパーホーネット40機、カタールにF-15QAが72機それぞれ販売できることになる。
  1. 両機種を製造するボーイングに大きな意味があり、生産ラインを2020年代まで維持できる見通しがついた。
  2. この内クウェート案件は101億ドルでE型32機、F型8機のスーパーホーネットを売却する。販売にはF414-GE-400エンジン本体と予備部品、AN/APGアクティブ電子スキャンアレイ(AESA)レーダー及び兵装システムとして20ミリ機関砲、誘導ミサイル発射装置240式、AN/ALR-67(V)3レーダー警戒受信機45基、 AN/AAQ-33 SNIPER高性能照準ポッド12基、コンフォーマル燃料タンク8基を含む。また必要な支援・ロジスティック業務も含む。
  3. カタール案件は211億ドルで機体と兵装システム以外に米国内における訓練、保全支援装備、ロジスティック支援も含む。同国はF-15とユーロファイター・タイフーンで検討していた。
  4. 国防安全保障協力庁から米議会に対し両案件の内容提示が11月17日になされたと国務省が報道発表した。政府側から議会に海外軍事販売案件を30日以前に通告する義務がある。議会が売却に反対した場合は案件を無効化するか修正する必要が生まれる。ただし、議会からは非公式に案件を承認する動きがすでに出ており、議会側が両案件を阻止するとは見られていない。
  5. 米海軍のスーパーホーネットとE/A-18Gグラウラー購入が2017年度2018年度にかけ予定されており、さらにクウェート向けFMSが実現することで同機生産は2020年代まで維持できるようになったが、ボーイングはさらに販売を伸ばしたいとする。
  6. 一方でカタール案件でF-15生産ラインも2020年代にかけ維持できる。以前は2018年初頭に閉鎖の見込みだった。
  7. クウェートはF/A-18ホーネットを運用中で、カタールはミラージュ2000とアルファジェットをフランスから導入している。
  8. もう一件、バハレーン向けF-16案件は前進がないままだ。■


0 件のコメント: