11月29日のヘッドラインニュース


11月29日のヘッドライン

筆者が注目する記事の要約を掲載しています。時差・掲載時間の関係でその後進展した内容と食い違うことがあります。

MQ-4Cトライトンのグアム配備準備が進行中
米海軍はノースロップ・グラマンMQ-4Cトライトンを一年以内にグアムに2018年に展開させる。

イスラエルがF-35を追加発注し、50機体制へ
イスラエル内閣は27日に17機のF-35i追加発注を全員一致で承認した。米議会はイスラエル向け同機の販売を75機まで認めている。同国はまず19機を27億ドルで一括発注しており、うち初号機が数週間以内にイスラエルへ移動する予定。第二次調達は14機(28億ドル)で2015年に発注していた。

シリアで米軍人初の死亡案件発生
米海軍の爆発物処理班隊員が11月24日シリア北部で即席爆発装置処理中に死亡した。死亡地点はISISの最大拠点ラッカの南との報道があり、米軍の活動範囲がうかがわれる。シリアには米特殊部隊300名がクルド人勢力を支援するため展開している。

中国の超長距離空対空ミサイルは要注意
中国が新型ミサイルを試射している。報道どおりなら米ミサイルの二倍の射程があり、対抗することができなくなる。AMRAAMが全長12フィートだが、中国新ミサイルは20フィートでマッハ6で飛翔するという。(このニュースは別個掲載予定

無人機をEMPで撃墜せよ 韓国の新技術
指向性高エネルギーのEMP電磁パルスで北朝鮮が運用する無人機を墜落させる技術を開発中。


コメント

このブログの人気の投稿

★★★★北朝鮮ミサイルが中国衛星で誘導されている可能性

★★★真偽は?日本もUCAVを開発していた

★★ロッキードが極超音速技術の完成に近づいている模様、SR-72との関連へ注目