ヘッドライン11月26日



11月26日のヘッドライン

筆者が注目する記事の要約を掲載しています。時差・掲載時間の関係でその後進展した内容と食い違うことがあります。

ロシアが鉄道移動式新型ICBMを開発中
ロシア報道では専用鉄道車両からの新型バルグジンICBMが発射前起立待機テストに成功した。専用車両で6発のRS-24ヤルスミサイルを運用する。次は発射テストで、2018年までに実用化を狙う。

F-35C運用開始を2018年に設定した米海軍
海軍初のステルス機材としてF/A-18E/Fスーパーホーネット、E-2Dホークアイで構成の空母航空戦力に加わる。デルタフライト・パスで空母着艦のパイロット負担を軽減する。空母運用を考慮して主翼を拡大したC型はすでに海軍運用の実証試験を第三段階までこなしている。

米海軍13万名の個人情報流出
契約企業ヒューレット・パッカードのノートパソコンから13万4千名の名前、社会保障番号が流出したと海軍が発表。NCISが同社と捜査を続けている。現時点で個人情報が悪用された兆候はないという。
イランは民間機でテロリスト向け武器を輸送していた
レバノンのヒズボラ向けに武器等を密輸していたと米情報機関が把握しており、議会に報告しえいる模様。イラン向けに大量の旅客機販売を認可したオバマ政権だがこのままでいいのか。http://freebeacon.com/national-security/iran-using-planes-smuggle-weapons-terrorists/
インドが33年かけて開発した軽戦闘機はまだ完成の域に達していない
ヒンドゥスタン航空工業製Tejas軽戦闘機を低価格で整備が簡単と途上国向けに輸出を狙うインドだが、同機開発は1980年代にはじまっており、真剣に関心を示す海外国があるのだろうか。http://nationalinterest.org/blog/the-buzz/india-took-shocking-33-years-develop-jet-fighter-its-still-18505



コメント

このブログの人気の投稿

★★★★北朝鮮ミサイルが中国衛星で誘導されている可能性

★★★真偽は?日本もUCAVを開発していた

★★ロッキードが極超音速技術の完成に近づいている模様、SR-72との関連へ注目