2016年11月21日月曜日

歴史に残る機体11 ダグラス A-3ホエール




This ‘Whale’ saved 700 planes during the Vietnam War

Nov 17, 2016 6:55:54 am
歴史愛好家がヴィエトナム戦当時の米海軍機を話題にするとF-4ファントムが中心になる。各軍が共用した同機は海軍でエース2名を生み出した。ランドール・「デューク」・カニンガムとウィリー・ドリスコルだ。そしてもちろんA-6イントルーダーがある。同機は小説で映画化された「Flight of the Intruder」(邦題イントルーダー 怒りの翼)でも有名だ。
だがもっと注目されて然るべき一機がある。
The RA-3 Skywarrior decked out in camouflage and displaying its various reconnaissance package options. (Photo from Wikimedia Commons)
RA-3Bスカイウォリアー、カモフラージュ塗装で搭載可能な各種偵察装備を展示している。(Photo from Wikimedia Commons)
それはダグラスA-3スカイウォリアーで機体の大きさから別名「ホエール」と呼ばれる。たしかに大きな機体で全長76フィート、翼幅72フィートで最大離陸重量は82千ポンドにのぼった。最大航続距離は2,100マイルでペイロード12,800ポンドを搭載した。
当初こそ爆撃任務をこなしたが、スカイウォリアーがその名を輝かせたのは電子戦と空中給油で、海軍は85機をKA-3B給油機に改装し、うち34機にはジャミングポッドを搭載しEKA-3Bとした。
The KA-3 could carry a lot of av gas. (Photo from Wikimedia)
空中給油中のKA-3B. (Photo from Wikimedia)
給油機として空母航空隊各機に燃料を補給しただけでなく、敵レーダーを妨害し、攻撃部隊の探知を遅らせる活躍もしている。
別にRA-3B偵察機も生まれ、ERA-3B電子アグレッサー機、EA-3B電子偵察機も加わった。
KA-3BとEKA-3Bは北ベトナム領土奥深くまで空爆部隊を送り込んだだけではない。各機は空母帰還用の燃料も補給し、対空兵器の損害を受けた機体も助けた。航空史家ジョー・ボーガーの算出では海軍・海兵隊所属機700機以上がホエールの空中給油で救われている。
この数字は大きな意味がある。EB-66E爆撃機が1972年のイースター攻勢作戦で撃墜された事例では、大規模救出作戦で、唯一の生存者アイシール・「ジーン」・ハンブルトン中佐の回収をめざした。途中で5機を喪失し、米軍11名の生命が失われ、2名が捕虜になった。
A-3最後の派生型EA-3Bは1991年の砂漠の嵐作戦にも投入され、VQ-2飛行隊が運用し、その後退役した。E-3として民間がエイビオニクスのR&D用途に2011年まで飛行させていた。
初飛行1952年の機体としてはなかなかのものではないか!
WATM contributor Harold Hutchison was consulting senior editor at Soldier of Fortune magazine and is the author of the novel Strike Group Reagan. He has also written for the Daily Caller, National Review, Patriot Post, Strategypage.com, and other national web sites.
EB-66(A-3が原型の空軍仕様)事案はバット★66の邦題で映画化されていますね。艦上爆撃機としてこれだけ大きな機体が生まれたのは核爆弾が小型化できなかったからです。


0 件のコメント: