★★航空機搭載レーザー兵器の開発はここまで進んでいる



航空機搭載レーザー装備の開発はかなり進んでいるようです。技術に遅れを取る中ロはこれに警戒してくるはずですね。技術漏えいが発生しないよう高度の保安体制が必要です。実現すれば戦闘の様相は大きく変わります。

The National Interest


Northrop Grumman Is Building Laser Weapons to Save America's Future Fighter Aircraft from Missile Attacks

November 4, 2016


ノースロップ・グラマンが開発中のレーザー兵器は次世代戦闘機を敵ミサイルから防御するのが目的で米空軍研究所AFRLが契約交付している。

  1. 同社はビーム制御部分を開発製造し、AFRLが自機防御高エネルギーレーザー実証事業Self-Protect High Energy Laser Demonstrator (SHiELD)の高度技術実証(ATD)として今年8月に契約交付うけた。SHiELDはポッド搭載のレーザー兵器実証装置で指向性エネルギーを防御につかう。
  2. 「ノースロップ・グラマンが中心のチームで革新的なビーム照準を実証済みのビーム制御技術に組み込んで空軍が求めるレーザー兵器の性能を現行並びに次世代の機材に織り込みたい」とノースロップ・グラマン・エアロスペースシステムズが声明を発表している。
  3. SHiELDでのノースロップの役割は重要なビーム制御にある。ビーム制御装置により飛行中の大気状況を把握したうえでレーザーのゆがみを補正する。また飛来する目標を捕捉追尾し、レーザー照準をする機能で、その後にレーザービームを「成形」し焦点を目標に合わせる。具体的にはミサイルや敵機本体を想定する。
  4. ノースロップの担当部分はSHiELDタレット研究の空中効果部分(略称STRAFE)でAFRLは最終的にSTRAFEビーム制御装置をレーザー発生装置、電源、冷却装置と一体にすることだ。AFRLはその他要素部分を別契約で開発中だ。
  5. AFRLはSHiELDをポッドに収めて高度防空体制でも機体の残存性を大幅に上げようと考えている。そこでSHiELDを戦術航空機に搭載し超音速飛行中にコンセプトの有効性を確認したいとする。フライトテストはすべて順調なら2019年にはじまる。
  6. SHiELD実証が成功すれば、空軍は実戦用装置を既存の第四世代戦闘機各型向けに開発し、残存性を高める。SHiELD技術は米海軍の機材にも有効に活用されるはずだ。
  7. また次世代の侵攻制空機材としてロッキード・マーティンF-22ラプターの後継機になる機体にもSHiELDを搭載し、ここでは最初から機体内部にとりつける。ポッド型のSHiELDは第五世代機F-22やF-35にはステルス性能を損なうため望ましくない。同様にノースロップ・グラマンのB-2スピリット、B-21レイダー爆撃機にも搭載するのは困難だろう。
  8. それでも指向性エネルギー兵器とは大きな可能性があることがわかっているものの、レーガン政権の時代から実現に困難が実感されている技術である。それが10年後には実用化されようとしているわけである。
Dave Majumdar is the defense editor for The National Interest. You can follow him on Twitter: @davemajumdar.
Image: Northrop Grumman.

第五世代機に装着できず、第四世代機の防御性を引き上げるのであれば、ステルス性能が無駄になりますね。「常識」で考えればレーザー発生に必要な電源その他の大きさから言って現在の戦闘機サイズでは搭載は困難と思っていましたが、なんらかのブレイクスルーがあった、あるいはこれからあることを期待しているのでしょうか。それとも大型戦闘航空機の構想でこそ実現するものなのでしょうか。



コメント

このブログの人気の投稿

★★★★北朝鮮ミサイルが中国衛星で誘導されている可能性

★★★真偽は?日本もUCAVを開発していた

★★ロッキードが極超音速技術の完成に近づいている模様、SR-72との関連へ注目