2016年11月17日木曜日

宇宙装備の防衛体制強化をめざす米空軍、ペンタゴンの動きについて




Visit Warrior

Air Force Pursues Strategy to Defend Anti-Satellite Attacks

KRIS OSBORN
11/01/2016


中国の宇宙兵器開発にペンタゴンが懸念している。
  1. 空軍とペンタゴンは宇宙の軍事化に対応できる戦略づくりを進めており、対衛星攻撃からの防御策を目指していると関係者が明らかにしている。
  2. 今年始めに空軍は多面的宇宙防衛策をたてて、これまでの研究分析結果を活用している。2014年には宇宙戦略ポートフォリオ検討を行い、宇宙装備全般を検討した。2015年に空軍は「宇宙状況認識能力」を見直し、今後の戦略方針の基礎となる宇宙保安体制の主要問題に光を当てた。
  3. 構想では当然ながら米宇宙装備が今までより高度のリスクを伴う対衛星技術にさらされているのを前提とする。そこで空軍は今後五年間で55億ドルを投じる。
  4. 「潜在敵対勢力はこちらの宇宙活装備を無効にする実力を整備中で、一旦開戦となれば現実のものになる」とウィンストン・ボーチャンプ空軍次官(宇宙関係担当)がScout Warrior特別取材で答えてくれた。
  5. 中国の脅威がとくに目立つものとなっており、地上から運動性エネルギー兵器のSC-19ミサイルを発射し、衛星を標的にしたことが数年前に発生し世界の関心と非難の的となった。ペンタゴンは中国の技術開発は相当進んでいると見ている。
  6. 「2007年時点で中国はASAT(対衛星)兵器試験を低高度迎撃手段として実施している。標的は稼働を終えた中国気象衛星だったが、破壊でデブリが数万点飛散している」とボーチャンプは説明。「デブリの大部分は今も軌道上にあり、米国含む各国の軌道上装備に脅威となっている」
  7. 対応して米国の合同宇宙作戦本部が宇宙デブリから回避するよう各国に警告している。その後中国は衛星を標的とはしないもののASAT兵器の実弾テストを継続しているという。
  8. 米国が運用する通信衛星はAEHF(高性能超高周波)方式でアップリンクが44 GHz、ダウンリンクが20 GHzだ。
  9. そこで米国が進める宇宙防衛体制で多くは秘密になっているが、米空軍がめざす宇宙装備の「回復力」確保の片鱗が浮かび上がってきた。
  10. 技術要素の中で分解・多様化が特に注目されている。これは複数衛星で核・非核運用し、多様化戦術で複数衛星に同じ目標を実現させる。
  11. 「衛星は言われるほど脆弱な存在ではない」と空軍で同構想に詳しい筋がDefense Systemsに語った。
  12. その一環として「米軍はGPSとヨーロッパ開発のガリレオ航法の双方を使っている」と同上筋は述べている。そのため米国の衛星が中断あるいは敵攻撃で壊滅しても同盟国の装備を利用できるという。
  13. 分散戦略では衛星多数を分散配備し、攻撃を受けても中核機能を継続させる。また欺瞞戦術で敵対勢力には重要機能の中枢がどの衛星がなのかわからなくなる。「攻撃で弱点となる単独衛星は存在しない」と空軍高官も語っている。
  14. 一部の衛星は「SATCOM」(通信衛星)だが他にはGPSや空軍用語で「宇宙配備赤外線」(SBIR)衛星がある。SBIR衛星は大陸間弾道ミサイルの発射を熱探知しミサイル防衛の効率を高める存在だ。
  15. 戦略案ではこの他にも拡散と防御がキーワードだ。ここでは複数衛星が同じ任務に投入されて攻撃に対する「強靭性」を高める。ここで用いる技術は大部分が秘密だが、関係者によれば各種対抗措置が投入されており、リモートセンシング技術や制御戦術が活用されているという。
  16. 衛星の強靭化対策には電子攻撃環境での作動継続もある。また空軍と国防総省は宇宙開発のペースを早め、民間宇宙開発技術の「ルネッサンス」状況に正しく対応させる。
  17. 空軍長官デボラ・ジェイムズは国防宇宙協議会、空軍宇宙軍団を束ねる立場にあり、ミサイル防衛庁や国防高等研究プロジェクト庁(DARPA)との協同活動を進めている。
  18. その例としてDARPAがハイテクで広角監視が可能な宇宙監視望遠鏡が正式に移譲された。同望遠鏡は危険な小惑星または攻撃の兆候を従来より遠距離から探知できる。
  19. 米軍活動はGPS技術に依存しており、共用直接攻撃弾のような爆弾や通信活動、無人機等装備までが活用している。このことを踏まえペンタゴンは「GPSが使えなくなった」状況でも作戦が可能となる位置航法技術や時間測定技術の開発に取り組んでいる。■



0 件のコメント: