スキップしてメイン コンテンツに移動

★米空軍>レーザー搭載戦闘機が2022年に登場



100kW級のレーザー光線でこれだけの仕事が本当にできれば革命的な変化ですね。敵を発見すれば即破壊できるのですから空の戦闘の様相が変化します。ただし文中にあるように大気中の航空機からの照射よりも軌道上から発射するほうが効果が高く、宇宙の軍事利用にこの先すすんでいくことになるのでしょうか。また1Lの航空燃料の発熱量は約37MJとのことですが、これがレーザー照射一回に必要なインプットとしても再照射に必要な時間間隔はどのくらいなのでしょうか。究極の姿としては小型核融合炉を搭載した大型戦闘航空機(UAVで護衛する)でほぼ無制限にレーザーを照射(複数方向へ)するというのはどうでしょうか。


Laser Fighters: 100 kW Weapons By 2022

By SYDNEY J. FREEDBERG JR.on May 18, 2015 at 4:00 AM

PENTAGON:. スター・ウォーズファンが興奮するかもしれない。米空軍は小型機から照射する100キロワット級レーザー兵器の実用化を目指している。空軍研究所が明らかにした。直近の航空機搭載レーザーはメガワット級のエアボーン・レーザーで747を改装した実験が2011年に中止されている。今回は2022年に実証を戦闘機で行う。
  1. だがF-35Aへは搭載されない。ステルス戦闘機はレーダー断面積を小さくするため武装を内蔵するが、今回のレーザー装置は外部武装ポッドに内蔵する。
  2. 技術は着実に進化中とモーレー・ストーン Morley Stone (空軍研究所技術主任)は語る。半導体レーザーの構造は有害な化学レーザーより数段簡単で小型にできる。エアボーン・レーザーは化学方式だった。技術が進歩したとはいえ、小型機へのレーザー搭載は容易ではない。そこで「機体内部への搭載の前にポッド方式の外部搭載でリスクを軽減する」のだという。”
  3. 外部ポッド方式でもレーザー兵器の内蔵は容易ではない。AC-130ガンシップの巨大なウェポンベイは別で特殊作戦軍団はAC-130にレーザー砲の搭載をめざす。「戦闘機への搭載は難易度が高い」とAFRL所長トーマス・マシエロ少将 Maj. Gen. Thomas Masiello は言う。
  4. 米軍が現時点で運用中の唯一のレーザー兵器は30キロワット級試作品で、USSポンセに搭載しペルシア湾に展開中だ。艦載レーザーには特有の問題がある。海面上は水分が多く、レーザー光線が減衰し、歪む。高空ではその問題はないが、航空機には高性能の補正光学装置がないと焦点が合わない。また艦船の設置場所は戦闘機よりはるかに広い。
  5. 「航空機搭載はずっと難易度が高い」とAFRLのデイヴィッド・ハーディー David Hardy 指向性エネルギー局局長は述べる。「艦船搭載の場合はSWAP(寸法、重量及び出力)が大きく確保できる」とハーディーは説明し、さらに「航空機は艦船より振動が大きい。船も横揺れはあるが振動はそこまで大きくない」という。精密機械に振動は禁物だが、レーザーでは標的の一点を焼くため照射の保持が必要だ。
  6. 「レーザーの本質は加熱装置です。加熱・溶融し穴を開けます」とハーディーは言う。ただし、標的をそこまで加熱するには高度技術が必要で、発射源が飛行中の場合はなおさらだ。軍は巨大な化学レーザーの実用化は断念したが、ABLの経験から貴重な結果を得た。これが小型電動レーザーの制作に役だっているとハーディーは言う
  7. もうひとつ大きな進歩がジェネラル・アトミックスのHELLADSレーザーで生まれており、まもなくDARPA単独の実験からDARPA・空軍研究所の共同事業に移行する。「150キロワット級電動レーザーとなる」とハーディは言う。(HELLADSの公称出力は未公表で、詳細は秘匿扱いになっている)HELLADSは高出力レーザー兵器として航空機搭載を可能にするのをめざす。現在は地上設置だが、外寸と裏腹に高出力を実現し「100キロワット超の電動レーザーで妥当なSWAPの実現を証明する」ものだという。
  8. 「今後10年以内に100キロワット超の出力を常時発生するシステムが完成すると思います」とハーディーは説明。「数百キロワットになるでしょう」
  9. では100キロワット級の出力で何ができるか。ハーディーは想定する標的の話をしたがらないが、戦略予算評価センター(CSBA)の研究によれば巡航ミサイル、無人機、有人機を相当の距離から破壊できるという。
  10. CSBAで報告書を作成したマーク・ガンジンガーMark Gunzingerは「150から200kWのレーザーなら地対空や空対空ミサイルの破壊が可能」だという。「大気が薄い高高度であれば効果が高い」
  11. マシエロ少将はレーザーは空対空ミサイルに取って代わる存在と見ている。「ほぼ無限に使える究極の指向性エネルギー兵器だ。レーザー照射一回に必要なエネルギーは燃料1リットル相当と試算している」
  12. 「ミサイル防衛が最大の関心事です」とハーディーは記者に語った。これは海軍や陸軍のレーザー開発でも同じだ。「ただし当方は攻撃効果も注目し、ジェット燃料で発電すればレーザー照射を続けることができる」
  13. F-16の対空ミサイル搭載数は6発だ。6回発射したら、命中のいかんをとわず基地に戻り再装填する。ガンジンガーはレーザー搭載機なら給油機のいるところへ戻ればよいという。「着陸・再装填せずに空中給油でレーザーはまた使用可能となり、戦場へ戻れる」という。制約条件はパイロットの耐久力だけだが、無人機ならもっと長く作戦空域にとどまれる。
  14. 「開発中のレーザーはいくつかあり、HELLADSもそのひとつだが、大きな進歩が見られる」と航空機に搭載可能な小型兵器に近づいているとガンジンガーは記者に語った。「航空機搭載レーザー兵器の現実化はすぐ先です」
  15. 未来を展望できる空軍関係者のひとり、デイヴ・デプチュラ退役中将retired Lt. Gen. Dave Deptulaは航空機搭載レーザーの可能性を信じる。また近い将来に宇宙配備レーザーも実用化されると記者に語ってくれた。当初は短距離防御システムとなれば、出力、焦点、大気のゆがみ等の問題を克服して攻撃するより、敵をこちらに接近させればよいという。レーザーの射程は更に延長される可能性があり、航空宇宙機材は運搬手段にすぎない。
  16. レーザーは高密度の光線にすぎない。大気中で減衰し、水平線の先への標的へ照射できない。ただレーザー照射地点の高度が高ければ、それだけ有効照射距離が伸び、大気が薄いほうが効果的だ。ここに空軍の求めるレーザー兵器の可能性、艦船あるいは地上から照射するレーザーでは実現できないものがある。
  17. 「大気の制約から開放されたレーザーの効果は想像にかたくないでしょう」とデプチュラは記者に話す。「宇宙空間あるいは宇宙からレーザーを使用する機会が増大する」とし、敵航空機や弾道ミサイルを上空から撃墜できるという。これは現行の国際条約では実施不可能とデプチュラも認め、「宇宙空間の武装化はしたくないが、今後を考えると宇宙空間での作戦準備は今から進めておくべきだろう」
  18. 宇宙から、空から、あるいは地上からのレーザー照射は革命的に大きな可能性を有している。「革命的変化ということばの使いすぎが目立つ」とデプチュラはいうものの、今回の場合は妥当だ。「チャック・イエーガーが音速の壁を破って以来、音速での戦闘は当たり前になった」と記者に語る。米国、ロシア、中国がそれぞれマッハ5超の極超音速兵器を開発中だが、レーザーがあれば、「光速での戦闘が普通の話題になる」という。■


コメント

このブログの人気の投稿

★★★★北朝鮮ミサイルが中国衛星で誘導されている可能性

中国も北朝鮮関連では叩けば埃がどんどん出そうですね。北京が見切りをつければ平壌の現政権など簡単に転覆させるでしょうが、中国国内にある北朝鮮とのしがらみ(おそらく共産党内部の派閥争い)と東北部の軍の非合法ビジネスの問題があり、米国といったん話がついても実施が難しいのでしょう。そのうちにしびれを切らした米国が単独行動に出るかもしれません。
Record China Is North Korea Using China's Satellites to Guide Its Missiles? 北朝鮮は中国衛星を使ってミサイル誘導をしているのか
Peter J. Brown May 23, 2017 http://nationalinterest.org/blog/the-buzz/north-korea-using-chinas-satellites-guide-its-missiles-20810?page=show

北朝鮮がミサイル発射を繰り返し米本土を狙うICBM開発に走る中、ひとつ見落とされている点がある。ミサイルに衛星誘導を使っているのではないか。北朝鮮に衛星航法ネットワークはないため、中国衛星を利用しているとの観測がある。 2014年報道で北朝鮮技術者が中国国内で北斗Beidou衛星航法システムの運用を研修中とある。同年の別の記事で中国軍専門官から中国は北朝鮮による北斗の軍事利用を止められないと発言している。 北斗以外に北朝鮮の選択肢として米露両国のGPSがあり、ロシアはグロナスGlonasと呼んでいる。 「グロナスの可能性もありますが、ミサイル誘導に北斗を利用している可能性の方が高い」と小泉 悠(未来工学研究所特別研究員、ロシア安全保障問題)がメールで述べており、ロシアは北の核実験後に武器および軍事関連技術の北朝鮮向け禁輸措置を取っているがグロナスが対象かは不明と小泉は述べる。 北斗衛星群打ち上げは1994年に始まり、現在は東アジア以遠まで展開している。北斗は民生商業用途と軍用の両面で利用され、軍用では妨害を受けず正確にデータが利用できる。 北朝鮮が北斗の軍用機能を利用しているか不明だが、民生用機能で精密誘導兵器を運用しているとは考えにくい。というのは北斗の民生機能は日米韓の電子妨害に弱く有事の際に北朝鮮が利用するのは困難になるためだ。 「特別のチップならびに中国の協力がな…

★★★真偽は?日本もUCAVを開発していた

日本にもブラック事業がある(あった)のでしょうか。映像公開したのは機密解除になったのか、事業がもっと先に進んでいるからでしょうか。各務原での目撃がないことから別の場所で秘密裏に開発されたのでしょうか。川崎重工関係者は口がさけても語れないと思いますが、事実なら日本もUAV-UCAVを開発していることがわかりますね。判断は読者の皆さんにおまかせします。
This is the combat drone Japan has been building in secretこれが秘密裏に開発していた日本の戦闘無人機だ 川崎重工ブースのビデオでUCAV試作機の飛行状況を写していた (Photo by Harold Hutchison) By Harold HutchisonOct. 06, 05:10 AM http://www.wearethemighty.com/news/this-is-the-combat-drone-japan-has-been-building-in-secret
無人戦闘航空機、つまりUCAVはこれからの軍事航空のカギを握ると言われる。米国、ロシア、フランスが開発中と判明している。 だが本誌We Are The Mighty (以下WATM)はこのたび日本も秘密裏にUCAV開発を進めていたことを知った。 ワシントンで先ごろ開催された空軍関係のイベントでWATMは川崎重工業のブースでビデオ画像を見た。それは同社によるUCAV研究開発の様子で、画像内のUCAVはボーイングX-45やノースロップ・グラマンX-47に似ているようだった。 会場で詳しく聞こうとしたが、同社係員が日本政府の意向だとしてやんわりと断ってきた。翌日も別の係員はこの件は存じていないと答えてきた。 結局三番目に会った川崎重工の小林タクミ氏が「試験機で10年近く前のもの」とし、「防衛省予算による実験事業だった」と説明してくれた。同氏はさらにメールで「2008年ごろのプロジェクト」と述べている。 WATMが当時空軍の筆頭参謀次長として情報監視偵察分野を担当し現在は航空宇宙研究にあたるミッチェル研究所の所長をしているデイブ・デプチュラ退役空軍中将に日本がUCAV開発をしていた事実を知っているか聞いたところ、即座に「知らない」との答えが返ってきた。 このことから日本のUCAVは秘密のベールに隠されていたことがわか…

★★ロッキードが極超音速技術の完成に近づいている模様、SR-72との関連へ注目

Amid SR-72 Rumors, Skunk Works Ramps Up HypersonicsSR-72の噂と関連か、スカンクワークスの極超音速技術が加速中
Sep 27, 2017Guy Norris | Aerospace Daily & Defense Report http://aviationweek.com/technology/amid-sr-72-rumors-skunk-works-ramps-hypersonics
SR-72: Lockheed Martin FORT WORTH, Texas—ロッキード・マーティンが極超音速技術開発を加速化しており、初の実証機を目撃したとの報告もあり、スカンクワークスが進めるSR-72高速機開発との連関が注目される。 「詳細は言えませんが、スカンクワークスのあるカリフォーニア州パームデールで超高速飛行実現の動きを倍増しています」とロッキード・マーティンで航空力学執行副社長オーランド・カバルホOrlando CarvalhoがSAE 国際航空技術学会で語っている。「端的に申し上げれば米国は極超音速革命まであと一歩まで来ています」 Darpaと米空軍研究実験部門が共同で進める推進滑空兵器および極超音速空気取り入れ式兵器コンセプト研究に言及して、カバルホは「この十年で研究は大幅に進み、極超音速技術で状況が一変する意味があることが明らかになってきました。今後も研究テストを進め、極超音速飛行の実現にDarpaとのプロジェクト二件を活用します。国家安全保障ではスピードが肝心です」 SR-72への言及はなかったが、同社が極超音速機として退役済みの高速SR-71ブラックバードの後継機を提案中であることは広く知られており、カバルホの前向きな発言はロブ・ワイスRob Weiss(ロッキード・マーティンの高性能開発事業体執行副社長兼総支配人)の発言に重なる。6月にワイスはAviation Weekに選択的に有人操縦となるSR-72の前身となる飛行研究用機体(FRV)が予定通り進行中と暗に述べていた。 スカンクワークスはFRV開発を来年から始めるといわれ、初飛行予定は2020年だ。FRVはF-22ほどの機体サイズで推進力はフルスケールのコンバインドサイクルエンジン一基だ。しかし実証機に先立ち、ロッキードは各種技術の地上・飛行テスト…