スキップしてメイン コンテンツに移動

★米空軍>レーザー搭載戦闘機が2022年に登場



100kW級のレーザー光線でこれだけの仕事が本当にできれば革命的な変化ですね。敵を発見すれば即破壊できるのですから空の戦闘の様相が変化します。ただし文中にあるように大気中の航空機からの照射よりも軌道上から発射するほうが効果が高く、宇宙の軍事利用にこの先すすんでいくことになるのでしょうか。また1Lの航空燃料の発熱量は約37MJとのことですが、これがレーザー照射一回に必要なインプットとしても再照射に必要な時間間隔はどのくらいなのでしょうか。究極の姿としては小型核融合炉を搭載した大型戦闘航空機(UAVで護衛する)でほぼ無制限にレーザーを照射(複数方向へ)するというのはどうでしょうか。


Laser Fighters: 100 kW Weapons By 2022

By SYDNEY J. FREEDBERG JR.on May 18, 2015 at 4:00 AM

PENTAGON:. スター・ウォーズファンが興奮するかもしれない。米空軍は小型機から照射する100キロワット級レーザー兵器の実用化を目指している。空軍研究所が明らかにした。直近の航空機搭載レーザーはメガワット級のエアボーン・レーザーで747を改装した実験が2011年に中止されている。今回は2022年に実証を戦闘機で行う。
  1. だがF-35Aへは搭載されない。ステルス戦闘機はレーダー断面積を小さくするため武装を内蔵するが、今回のレーザー装置は外部武装ポッドに内蔵する。
  2. 技術は着実に進化中とモーレー・ストーン Morley Stone (空軍研究所技術主任)は語る。半導体レーザーの構造は有害な化学レーザーより数段簡単で小型にできる。エアボーン・レーザーは化学方式だった。技術が進歩したとはいえ、小型機へのレーザー搭載は容易ではない。そこで「機体内部への搭載の前にポッド方式の外部搭載でリスクを軽減する」のだという。”
  3. 外部ポッド方式でもレーザー兵器の内蔵は容易ではない。AC-130ガンシップの巨大なウェポンベイは別で特殊作戦軍団はAC-130にレーザー砲の搭載をめざす。「戦闘機への搭載は難易度が高い」とAFRL所長トーマス・マシエロ少将 Maj. Gen. Thomas Masiello は言う。
  4. 米軍が現時点で運用中の唯一のレーザー兵器は30キロワット級試作品で、USSポンセに搭載しペルシア湾に展開中だ。艦載レーザーには特有の問題がある。海面上は水分が多く、レーザー光線が減衰し、歪む。高空ではその問題はないが、航空機には高性能の補正光学装置がないと焦点が合わない。また艦船の設置場所は戦闘機よりはるかに広い。
  5. 「航空機搭載はずっと難易度が高い」とAFRLのデイヴィッド・ハーディー David Hardy 指向性エネルギー局局長は述べる。「艦船搭載の場合はSWAP(寸法、重量及び出力)が大きく確保できる」とハーディーは説明し、さらに「航空機は艦船より振動が大きい。船も横揺れはあるが振動はそこまで大きくない」という。精密機械に振動は禁物だが、レーザーでは標的の一点を焼くため照射の保持が必要だ。
  6. 「レーザーの本質は加熱装置です。加熱・溶融し穴を開けます」とハーディーは言う。ただし、標的をそこまで加熱するには高度技術が必要で、発射源が飛行中の場合はなおさらだ。軍は巨大な化学レーザーの実用化は断念したが、ABLの経験から貴重な結果を得た。これが小型電動レーザーの制作に役だっているとハーディーは言う
  7. もうひとつ大きな進歩がジェネラル・アトミックスのHELLADSレーザーで生まれており、まもなくDARPA単独の実験からDARPA・空軍研究所の共同事業に移行する。「150キロワット級電動レーザーとなる」とハーディは言う。(HELLADSの公称出力は未公表で、詳細は秘匿扱いになっている)HELLADSは高出力レーザー兵器として航空機搭載を可能にするのをめざす。現在は地上設置だが、外寸と裏腹に高出力を実現し「100キロワット超の電動レーザーで妥当なSWAPの実現を証明する」ものだという。
  8. 「今後10年以内に100キロワット超の出力を常時発生するシステムが完成すると思います」とハーディーは説明。「数百キロワットになるでしょう」
  9. では100キロワット級の出力で何ができるか。ハーディーは想定する標的の話をしたがらないが、戦略予算評価センター(CSBA)の研究によれば巡航ミサイル、無人機、有人機を相当の距離から破壊できるという。
  10. CSBAで報告書を作成したマーク・ガンジンガーMark Gunzingerは「150から200kWのレーザーなら地対空や空対空ミサイルの破壊が可能」だという。「大気が薄い高高度であれば効果が高い」
  11. マシエロ少将はレーザーは空対空ミサイルに取って代わる存在と見ている。「ほぼ無限に使える究極の指向性エネルギー兵器だ。レーザー照射一回に必要なエネルギーは燃料1リットル相当と試算している」
  12. 「ミサイル防衛が最大の関心事です」とハーディーは記者に語った。これは海軍や陸軍のレーザー開発でも同じだ。「ただし当方は攻撃効果も注目し、ジェット燃料で発電すればレーザー照射を続けることができる」
  13. F-16の対空ミサイル搭載数は6発だ。6回発射したら、命中のいかんをとわず基地に戻り再装填する。ガンジンガーはレーザー搭載機なら給油機のいるところへ戻ればよいという。「着陸・再装填せずに空中給油でレーザーはまた使用可能となり、戦場へ戻れる」という。制約条件はパイロットの耐久力だけだが、無人機ならもっと長く作戦空域にとどまれる。
  14. 「開発中のレーザーはいくつかあり、HELLADSもそのひとつだが、大きな進歩が見られる」と航空機に搭載可能な小型兵器に近づいているとガンジンガーは記者に語った。「航空機搭載レーザー兵器の現実化はすぐ先です」
  15. 未来を展望できる空軍関係者のひとり、デイヴ・デプチュラ退役中将retired Lt. Gen. Dave Deptulaは航空機搭載レーザーの可能性を信じる。また近い将来に宇宙配備レーザーも実用化されると記者に語ってくれた。当初は短距離防御システムとなれば、出力、焦点、大気のゆがみ等の問題を克服して攻撃するより、敵をこちらに接近させればよいという。レーザーの射程は更に延長される可能性があり、航空宇宙機材は運搬手段にすぎない。
  16. レーザーは高密度の光線にすぎない。大気中で減衰し、水平線の先への標的へ照射できない。ただレーザー照射地点の高度が高ければ、それだけ有効照射距離が伸び、大気が薄いほうが効果的だ。ここに空軍の求めるレーザー兵器の可能性、艦船あるいは地上から照射するレーザーでは実現できないものがある。
  17. 「大気の制約から開放されたレーザーの効果は想像にかたくないでしょう」とデプチュラは記者に話す。「宇宙空間あるいは宇宙からレーザーを使用する機会が増大する」とし、敵航空機や弾道ミサイルを上空から撃墜できるという。これは現行の国際条約では実施不可能とデプチュラも認め、「宇宙空間の武装化はしたくないが、今後を考えると宇宙空間での作戦準備は今から進めておくべきだろう」
  18. 宇宙から、空から、あるいは地上からのレーザー照射は革命的に大きな可能性を有している。「革命的変化ということばの使いすぎが目立つ」とデプチュラはいうものの、今回の場合は妥当だ。「チャック・イエーガーが音速の壁を破って以来、音速での戦闘は当たり前になった」と記者に語る。米国、ロシア、中国がそれぞれマッハ5超の極超音速兵器を開発中だが、レーザーがあれば、「光速での戦闘が普通の話題になる」という。■


コメント

このブログの人気の投稿

★★★米空軍次期戦闘機はもう戦闘機の形状となることはない---第六戦闘機の用語は駆逐

米空軍は次期戦闘機材の姿を未来から考えていますね。目的は航空優勢の確立であり、ドッグファイトは目的ではないと分析し、宇宙やサイバーも含めた多様なシステム構造の一貫として次期機材を捉えております。また、アジア太平洋での作戦をにらみ足の長い機体となると現在の戦闘機と相当形状が異なってくるとし、現状の姿の延長線上に次期機材を想定する勢力の生み出す結果と全く異なる結果を生み出そうとしています。改めて空軍の構成、運用がシステムで成り立っていることを痛感させられる内容です。 Air Force Prepares to Hash Out Future Fighter RequirementsBy: Valerie Insinna, August 28, 2016 (Photo Credit: Northrop Grumman)http://www.defensenews.com/articles/air-force-future-fighter-jet-penetrating-counter-air-next-generation-air-dominance
WASHINGTON — 一年をかけて将来の制空任務に必要な戦術や技術を検討した米空軍が次期戦闘機を実現する第一歩を踏もうとしている。2017年予定の代替策検討(AOA)に先立ち、空軍は予備作業を開始している。AOAはF-35に続く機体の要求条件、調達戦略に焦点をあてる。空軍は次期戦闘機をNGAD次世代航空優勢とかPCA侵攻制空用機材と呼んでいる。
だがアレクサス・グリンケウィッチ准将はAir Superiority 2030による戦力連携チーム(ECCT)を率い、NGADは従来の戦闘ジェット機と大きな違いが2つあると強調する。ひとつめが調達期間を比較的短くすることだ。
「2020年代末までに何らかの形が必要です」と准将はDefense News取材で発言している。「現実的な日程として2028年頃に中心的な技術分野で大幅な投資があれば侵攻制空性能で初期作戦能力が実現します
第二の相違点に関係するのがこのたびまとめられたAir Superiority 2030研究で将来の米空軍の航空優勢で決め手になるのは単一機種としての第六世代戦闘機のような機体ではなく、統合ネットワーク化された一連のシステムの集合だとする。この組み合わせの中に侵攻能…

★★★破損機材二機からF-15を再生したイスラエル空軍の実力に脱帽

すごい。やはり国家の存続がかかった緊張状態を毎日続けて70年になる国は違いますね。イスラエルを敵に回したくないものです。 Meet the Israel Air Force unit that frankensteined a totaled F-15F-15二機の使用可能部分をつなぎ合わせて一機再生してしまったイスラエル空軍 By: Barbara Opall-Rome, May 15, 2017 (Photo Credit: Photo by Heidi Levine) http://www.defensenews.com/articles/meet-the-israel-air-force-unit-that-frankensteined-a-totaled-f-15
TEL NOF AIR BASE, Israel – ボーイングやロッキード・マーティンなど米企業がさじをなげたことをイスラエル空軍第22補給処が普通にやりとげてしまった。 2011年の事故でボーイングが喪失扱いと断念したF-15Bアローヘッドが飛行再開している。来月で事故から6年になる。事故は離陸直後にペリカンを空気取り入れ口に吸ったことで大火災が発生した。乗員2名は緊急着陸に成功したが、機体後部は完全に焼け落ち修理不可能と判定された。 その後三年余り、機齢35年の同機の処遇で議論が続いていた。機体の前方部は無傷なのでコックピットとエイビオニクスは予備部品にすればよいという声が出た。そこに第22補給処が前方部分と20年間も「機体の墓場」に放置されたままの単座型F-15の後部と接合する提案をしてきた。 「その案が出たのでボーイングに実施可能か照会したが、答えは返ってきませんでした」と第22補給処の指揮官マキシム・オルガド中佐がDefense Newsに語っている。「再度同社に聞くと、冗談と思って真剣にしなかったと判明したのです」 第22補給処は事故機の前方部分と20年間も「機体の墓場」で放置されていた別の機体の後部を接合した。 Credit: Photo by Heidi Levine ボーイングは声明文で第22補給処との協力関係は40年続いており、イスラエル空軍F-15の即応体制維持の一助となっている「同部隊のプロ意識や能力の高さには敬意を払っており、教えられることもあり相互に恩恵が生まれている」と述べた。 第…

★★★イージスアショア導入でミサイル防衛体制強化を目指す日本

LEAH GARTON—MISSILE DEFENSE AGENCY

防衛大綱にまで記述している以上イージスアショアの導入は固いところです。が、文中に指摘あるように対外有償軍事援助=販売として許認可を持つのは米政府ですので、今後の米中関係など他の影響も考慮すべきでしょう。ただし、中国の反対意見は無視するとしても、中国が沖縄と同様に国内反対派に火をつけることのほうが怖い気がしますが。
Japan May Acquire Aegis Ashore To Defend Itself From North Korean Missiles日本がイージスアショア導入を検討中。北朝鮮ミサイル防衛を目指す。The system is especially well suited for Japan's strategic needs, but China would not be pleased with seeing it setup on Japanese shores.日本の戦略的ニーズにぴったりだが、導入されれば中国がたまっていないだろう。BY TYLER ROGOWAYMAY 5, 2017 http://www.thedrive.com/the-war-zone/10012/japan-may-acquire-aegis-ashore-to-defend-itself-from-north-korean-missiles
日本がイージスアショアミサイル防衛装備の導入で北朝鮮弾道ミサイル脅威に効果的対応が可能になるか検討を急いでいる。 THAAD導入も検討したがイージスアショアの有効距離が大きいことで日本の地理条件に合い戦略上の狙いにも合致すると判断した。またイージスアショアが日本のミサイル防衛能力装備の水上艦と相互運用性がありセンサー、発射装置、迎撃体、運用方法を共通化できることも好条件だ。 価格も問題だ。ジャパンタイムズは「THAAD一個部隊は1,250億円で全土防衛に6隊が必要だ。イージスアショアは800億円程度で二個編成で同じ面積をカバーできる」と伝えている。イージスアショアはPAC-3ペイトリオット部隊と陸上配備ミサイル防衛の二重構成とし、短距離、中距離弾道ミサイルが大気圏再突入後に迎撃する。 イージスアショアはルーマニアのデヴェセルに導入済みだ。AP 日本の地理条件…