★エアバス>A400Mがスペインで墜落



事故原因の究明が望まれます。トラブルが続くA400M開発がこれでまた遅れるのでしょうか。それにしても新造機が初飛行で墜落するというのは製造上の問題があったのではないでしょうか。
追記 事故は離陸直後に発生しています。ターミナル4を参照してください。

Airbus A400M Crashes During Test Flight

May 9, 2015 Tony Osborne | Aerospace Daily & Defense Report
Tony Osborne

5月9日エアバスA400M軍事輸送機がスペインで完成後の初飛行時に墜落し、搭乗していたテスト要員が死亡した。
  1. A400Mで初の死亡事故となった。同機はセビリアのサンパブロ空港(同機の最終組立工場に隣接)を離陸し、空港近隣の工場地帯付近に墜落した。現地時間午後1時の出来事だった。
  2. エアバスは搭乗6名のうち2名は救助され病院へ緊急搬送されたと確認した。重症であるといわれる。乗員はスペイン国籍のエアバス・ディフェンスアンドスペース社員。
  3. エアバス・ディフェンスアンドスペースによれば事故機MSN23はトルコ空軍向けの機体で来月に納入予定だった。同機は地上テストを終了し、初の飛行テストのため離陸したもの。
  4. 英国防省からは保有するA400M2機の運行を直ちに停止し、事故原因の究明を待つとの声明がでている。
  5. A400Mでは戦術運用能力の開発が遅れる中で全体日程を再編成するさなかで今回の事故が発生したためエアバス・ディフェンスアンドスペースには微妙な問題になっている。

(参考) Airbus Military A400M Fast Facts
Type : Cargo/Transport/Refueling
Crew : 2+1
Wing Span (Feet) : 139.1
Maximum Length (Feet) : 148
Maximum Height (Feet) : 48.3
Wing Area (Square Feet) : 2,384
Empty Weight (Pounds) : 169,000
Gross Weight (Pounds) : 300,900
Powerplant Number, Make & Model : 4 X TP-400-D6 turboprop/11,000 shp. Performance Typical for Primary Mission : M 0.7
Loading Typical for Primary Mission : 81,500 lb. cargo or 90,000 lb. transferable fuel
Source: Aviation Week Intelligence Network


コメント

このブログの人気の投稿

★★★★北朝鮮ミサイルが中国衛星で誘導されている可能性

★★★真偽は?日本もUCAVを開発していた

★★ロッキードが極超音速技術の完成に近づいている模様、SR-72との関連へ注目