2016年3月9日水曜日

★中国の見解:南シナ海で品格ある行動をとるべきは米国である



公平を期すため、中国の見解をお伝えしますが、皆さんは一読してどうお考えになりますか。全く反対の世界ではこう見えるのかということでしょうか。この論説の筆者は世界の情報に通じ論理的に訓練された方だと思いますがその背後には情報を与えらない諸々の人民があり、容易に情報操作が可能なら、また自説の展開を自信たっぷりと世界に発信する国家に説得が可能でしょうか。力による解決しかないのでしょうか。それにしても日本も英語で堂々と主張を伝える必要がありますね。本ブログの作者など喜んで無給でもそんな作業に従事したいのですが。
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

Comment: U.S. should conduct itself with dignity in South China Sea

Source: China Military OnlineEditor: Zhang Tao
2016-03-08 16:370

BEIJING, March 8 (ChinaMil) -- 米軍は空母打撃群を南シナ海へ派遣するという強硬策に出たが、3月5日に同部隊が「これまでにない形で」中国艦船により「包囲された」と主張している。
  1. この発表を聞けば米軍が軍事力を誇示し南シナ海で緊張を作り出す真の意図で怪訝に感じる向きがあろう。またこのような行動による悪影響へも懸念が生まれる。
  2. 第一に、「航行の自由」とは南シナ海で騒ぎを起こす米軍の言い訳に過ぎない。
  3. 米報道によれば米太平洋艦隊報道官が3月3日に「米軍艦艇、航空機はかねてから西太平洋全域で作戦を実施している。南シナ海も含み数十年にわたり活動してきた」と発言している。
  4. このこと自体が南シナ海では航行の自由はこれまで問題ではなかったことの証明であり、米軍艦は他国の軍艦・商船と同様に何ら障害を受けずに長年にわたり同海域を航行している。
  5. 昨年10月、今年1月と米軍のUSSラッセン、USSカーティス・ウィルバーがそれぞれ中国の南沙諸島および西沙諸島の水域に中国政府の許可なく進入しておきながら「航行の自由」原則の保護措置だと主張した。
  6. このような行動は中国の主権と安全保障へ深刻な脅威であり、域内の平和安定を損なった。また国際法がうたう「航行の自由」の濫用であり、偽善と弱い者いじめという米国の本質をさらけ出したものだ。
  7. 二番目に、米軍は南シナ海で波を立て中国を封じ込めることで自国による支配を維持しようとしている。
  8. 南シナ海問題で米国は中国の自国主権防衛努力を「西太平洋の支配」を求めるものと主張し、中国が支配権を確立すれば、米国の全世界的覇権への挑戦になるとしている。
  9. したがって一部米国人が海上紛争を利用して中国封じ込めを主張している。米国のNavy Times報道では米軍「小艦隊」で「中国に対抗させ」るとしており、ここでも力の示威および南シナ海で波を立てることが真の目的だと露呈している。
  10. 三番目に、南シナ海での米軍の軍事冒険行動が地域内緊張の根本原因である。
  11. 太平洋軍司令官ハリー・ハリスは中国による南シナ海の「軍事拠点化」を議会公聴会で非難し、米海軍は今後も該当水域での巡視活動を継続すると述べている。
  12. ハリスは3月2日にニューデリーで一部国に「弱小国をいじめ強圧的に服従を求めようとしている」と国名を挙げずに発言したが、米軍のいわゆる「航行の自由」作戦と南シナ海での大規模な軍事力誇示が緊張を生み出しているのが実態である。
  13. 中国が駐留する諸島、環礁の沖合へ軍艦を派遣することで、両国の海軍・空軍部隊は近接距離で接触しており、ひとたび何かあれば事件につながる。一方で米軍の冒険主義によりフィリピンのような国が中国への挑発行為に自信をつけており、域内の安全安定で阻害要因になっている。
  14. さらに一部報道によればホワイトハウスは米軍が南シナ海で行っている軍事冒険行動を逐一把握していないという。
  15. 米空母が南シナ海に侵入したとの報道もまず軍が発表したが、ホワイトハウス報道官はその後の報道記者会見でUSSジョン・C・ステニスが南シナ海を航行するのは通常の空母活動の一環であり、「航行の自由」作戦ではないと述べている。このことから米軍と政権側に見解の不一致があるのがわかる。
  16. 最後に米軍が南シナ海の中国へのすべての挑発行動と示威活動を停止するよう希望し、両国間の相互信頼がこれ以上傷つかないよう望むばかりだ。
  17. 米国は中国と協調することで相違点を乗り越え、戦略的な判断ミスを回避すべきである。南シナ海問題を巡り再び米国が歴史的な戦略誤判断を繰り返すことがないよう希望する。
(本稿の執筆者上級大佐張軍社Zhang Junsheは人民解放軍海軍軍事学術研究所の研究員である。


0 件のコメント: