2016年3月6日日曜日

Darpaの垂直飛行X-プレーン契約をオーロラが獲得


これもDarpaが進める先進技術の案件です。分散推進方式であり、機体形状は相当これまでの常識を覆すようです。初飛行に成功することを祈りましょう。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

DARPA’s Vertical Takeoff ‘X-Plane’ Contract Goes to Aurora

Lara Seligman, Defense News 8:44 a.m. EST March 4, 2016
635926758015916809-b0b7478e-e539-4c70-b657-172fa07b97b4.HR.jpg(Photo: Aurora Flight Science)
WASHINGTON – 国防高等研究プロジェクト庁DarpaがオーロラフライトサイエンシズをX-プレーン無人垂直離着陸機の製造元に選定した。
Darpaが交付する契約はVTOL X-プレーン事業の第二段階と同社が発表。
オーロラ案はライトニングストライクLightningStrikeの名称で、ロールロイスAE1107ターボシャフトエンジンによりハネウェル製発電機三基を運転する。
オーロラは技術実証用に一機製作し、既存VTOL機の1.5倍の速度が実現すると同社は発表。フライトテスト開始は2018年ごろになる。
これだけではわかりにくいのでBreaking Defense記事から同機の特徴をまとめると、

You-Ain’t-Gonna-Believe-This Design Wins DARPA X-Plane Deal

By RICHARD WHITTLEon March 04, 2016 at 10:27 AM

  • 契約規模は89.4百万ドル
  • 分散電気推進方式
  • 小型ダクテッドファン24基を搭載し、各ファンにモーターがある
  • 主翼がティルトする
  • 3基の発電機の容量は合計3メガワットで4,023馬力に相当
  • 機体重量は10,000から12,000ポンドを狙う
  • 巡航速度300ktはV-22より50ノット速い
  • なお選考に敗れた三社は以下の通り
    • カレムエアクラフト
    • ボーイング
    • シコースキー
  • オーロラ案が最も先進的だった
  • 成功すれば一気に電気飛行機が普及するかも
とのことです。


0 件のコメント: