北朝鮮ICBM戦力予想は2018年に早まる。今回の発射に対する米側対応のあらまし


今回の発射は米時間で昼間になるよう調整したのでしょうか。制裁措置で北朝鮮経済が打撃を受けていないのはお伝えしていますが、その際は中国の対応がザルだったのです。今年になり中国もやっと一部対応し、さらに強い措置を取っても効果が出るのは来年以降で、ICBM戦力化が加速しているとの評価が正しければ来年に完成するのであれば制裁に意味がないことは明らかですね。そうなると軍事オプションしかないのでは。今から準備するのであれば今年末から来年早々が作戦時期からと思います。(無責任ですが)

After North Korea's July 4, 2017, ICBM launch, the U.S. and South Korea fired their own ballistic missiles into the Sea of Japan, using the Army Tactical Missile System (ATACMS). Army photo

Dunford Discusses ‘Military Options’ After North Korean ICBM Launch 北朝鮮ICBM発射でダンフォード統合参謀本部議長「軍事選択肢」を検討中

 POSTED BY: RICHARD SISK JULY 28, 2017

写真 7月4日の北朝鮮ICBM発射を受けて米韓両国も弾道ミサイルを日本海に発射した。写真は陸軍戦術ミサイル装備(ATACMS)。米陸軍写真

  1. 北朝鮮がICBM発射したことを受け統合参謀本部議長ジョセフ・ダンフォード大将が韓国軍トップに直ちに電話を入れた。
  2. 統合参謀本部報道官グレッグ・ヒックス海軍大佐はダンフォード大将、米太平洋軍司令官ハリー・ハリス海軍大将が韓国統合参謀本部議長李淳鎮Lee Sun-jin大将と電話会談したと発表。
  3. ダンフォード、ハリス両大将は北朝鮮への米韓同盟の「断固たる誓約」を強調し、「軍事対応オプションも検討」して北朝鮮のICBM脅威の増大に対応すると述べた。
  4. ダンフォード、ハリス両大将による異例ともいえる反応は7月28日金曜日午前11時(東部標準時)にミサイルが日本の排他的経済水域に着水した直後のこと。
  5. ミサイルは中国国境近くの舞坪里Mup’yong-niから発射され高度3,700キロに達したと韓国統合参謀本部が発表。飛翔時間は45分ほどで1,000キロ飛び日本付近の海面に没し、「以前より高性能のICBMと推定される」とも発表した。
  6. 7月4日に北朝鮮が打ち上げたミサイルはICBMとされ、アラスカまで射程に収めると米関係者は述べていた。
  7. 北米防空司令部NORADは今回のミサイルで北米に直ちに脅威とならないと判断するが、北朝鮮が米本土を標的に収めるミサイル開発で大きな進展をしているのがテストからわかる。
  8. 北朝鮮が核弾頭を搭載し大気圏再突入可能なICBM開発に成功したかはっきりしないが、国防情報局DIAは北朝鮮が実戦化までの期間を大幅に短縮したとの報道がある。
  9. DIAはこれまで最低三年が必要としてきたが「信頼性のある核ICBM」を2018年中に製造するとの結論を得たとワシントンポストが今週報じた。
  10. 今回の発射でドナルド・トランプ大統領は上下両院が採択した北朝鮮に加えイラン、ロシアを対象に一層厳しい制裁法案への署名を迫られている。
  11. 下院軍事員会のマイク・ターナー下院議員(共、オハイオ)はトランプに法案署名を即座に求めている。「ミサイル発射の連続にはしかるべき結果を見舞うべきだ。今週初めに北朝鮮制裁強化に賛成票を投じた。上院も同調した。大統領にはただちに署名で法案成立を期待し北朝鮮ミサイルのこれ以上の進展を阻止したい」
  12. ダン・サリバン上院議員(共、アラスカ)は「米国はなにをするかわからない独裁者が米国人数百万人の運命を握る事態は看過できない」「本日の発射テストで弾道ミサイル防衛の強化統合が一層必要となった。アラスカのみならず全米の防衛が必要だ」と声明を発表。
  13. ダンフォード議長はことあるごとにロシアが米国安全保障上の「最大の脅威」と口にしてきたが、先週は北朝鮮に関しても警告している。
  14. コロラド州アスペンで開催された安全保障フォーラムでダンフォード議長は「最大の軍事力を有する」ロシアが脅威であるものの「緊急性から見れば北朝鮮が第一課題」と述べていた。■

コメント

このブログの人気の投稿

★★★★北朝鮮ミサイルが中国衛星で誘導されている可能性

★★★真偽は?日本もUCAVを開発していた

★★ロッキードが極超音速技術の完成に近づいている模様、SR-72との関連へ注目