★ウッディ島への対空ミサイル持ち込みへの批判に反論する中国の論理は歪んでいる



中国人の考え方がよくわかる内容になっています。南シナ海は昔から中国の固有の領土、領土を守るため軍の装備を持ち込むことに何ら問題はないし、前からやっている。防御兵器なので軍事化とは別。人工島問題は南沙諸島だ。今回は西沙諸島の一部であり状況が違う。米国から干渉されるのは心外だ、問題は域内当事国と一対一で解決すべき。さあ突っ込みどころがいっぱいなのですが、ひとつひとつ論理で対抗していかなければなりません。そのためにも大統領が交代する時期は極めて米国西側には不利な時期です。規制実の積み上げをどう阻止できるのかが問われます。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

Defense Ministry: China's defense facilities on Xisha Islands have existed for years

Source: China Military Online Editor: Yao Jianing
2016-02-18 16:030

BEIJING, February 18 (ChinaMil) -- 中国国防省は2月17日いわゆる「中国の脅威」を再び西側メディアが誇大報道していることに反論した。同日に米国メディアが衛星写真から「中国が地対空ミサイルを南シナ海の永興島(ウッディー島)に配備した」と報じていた。
  1. 米報道では中国がそれぞれ8発のHQ-9地対空ミサイル発射台を有するミサイル部隊二個をレーダー装備とともに永興島に配備したとしている。中国国防省情報局はこの問題について質問に答える形で2月17日午後に西沙諸島は中国固有の領土であり、中国は正当な権利を行使して防衛装備を自国領土内に配備しているのであり、国家の領土主権を守る手段であると回答した。
  2. 該当島しょ部、環礁部の海空の防衛手段はこれまで長年にわたり配備されており、西側メディアがこの問題を取り上げて騒ぐのはいわゆる「中国の脅威」を蒸し返しているに過ぎないと国防省は論評した。
  3. 米フォックスニュースは2月16日にミサイルは前週に到着したと報じている。衛星画像を見ると同島の海浜は2月3日には何もなかったが、2月14日にミサイルが視認できる。
  4. 米政府関係者からは画像からHQ-9防空装備のようだと発言があったとフォックスにユースは伝えた。HQ-9の有効射程は125マイルで付近を飛行する航空機への脅威となるとフォックスニュースは述べている。
  5. 人民解放軍海軍の付属シンクタンク中国海軍学術研究所の研究員張軍社Zhang Junsheは西沙諸島は太古の昔から中国の主権下にあり、人民共和国建国の1949年以降は西沙、南沙、中沙の各諸島に行政事務所ができたほか、兵員が駐屯していると指摘。
  6. 西沙諸島、永興島が自然島であり人工島ではないことに議論の余地はないとZhangは述べている。米国は意図的に西沙諸島で問題を引き起こしており、中国が自国領土の保全のため防衛兵器を展開するのは当然だとZhangは発言。
  7. 自国領土の島しょ部分に兵器を配備するのはごく当たり前のことで多数の国家が実施しており、米国も信託統治領のグアム島に戦略爆撃機や原子力潜水艦を配備しているではないか、したがって米国にこの問題を批判する資格はないというのがZhangの論点だ。
  8. 西沙諸島に中国は1949年以降は各種防衛装備を展開しており、米国が意図的に西沙諸島を南沙諸島問題に関連させるのは不純な動機があるためだとZhang は付け加えた。■


コメント

このブログの人気の投稿

★★★★北朝鮮ミサイルが中国衛星で誘導されている可能性

★★★真偽は?日本もUCAVを開発していた

★★ロッキードが極超音速技術の完成に近づいている模様、SR-72との関連へ注目