2016年2月27日土曜日

★速報 LRS-B制式名は B-21、 米空軍が発表



US Air Force Unveils New B-21 Bomber

By Lara Seligman, Defense News9:57 a.m. EST February 26, 2016
635920764844302418-B21-hires.png(Photo: Courtesy of Ann Stefanek, US Air Force Pentagon)
ORLANDO, Fla. — 米空軍長官が新型長距離打撃爆撃機の完成予想図を初公開し、制式名称はB-21だと発表した。
  1. 2月26日、空軍協会主催の航空戦シンポジウムの席上でデボラ・りー・ジェイムズ長官が次世代爆撃機予想図を披露し制式名称がB-21だと発表した。
  2. ただし愛称は未定で、長官は空軍隊員に提案を求めた。
  3. 「これが機体の完成予想図で制式名も決まりましたがまだ名称がありません」とジェイムズは紹介し、「空軍隊員の皆さんにB-21の一番ぴったりする愛称案を提案してもらいたい」と述べた。「試作機も完成しておらず、本日公開した完成想像図は初期設計概念図を基にしている」と空軍は声明を発表。制式名の由来はLRS-Bが21世紀で初めての爆撃機になるためと声明で解説している。
  4. ジェイムズ長官はB-21が同じノースロップが製造したB-2に酷似している理由にも触れている。
  5. 「B-21の設計は要求性能の実現のため最初から既存かつ成熟した技術内容を活用することに主眼を置いていた」
  6. ジェイムズ長官発表を受けてノースロップ・グラマンの広報はB-21爆撃機が与える将来への意義を強調し。
  7. 「ノースロップ・グラマンは誇りをもってB-21爆撃機製造の主契約企業を務めます。米空軍と連携し、我が国の安全保障で死活的な性能の実現に努めます。ご質問は空軍あてにお願いします」
  8. 米空軍はB-21に関し技術開発、製造準備、開発業務での契約をノースロップへ昨年10月27日付で交付していた。配備開始は2020年代中頃と見込んでいる。■


0 件のコメント: