2016年2月26日金曜日

★米戦略軍司令官の見る世界情勢:ロシア、中国、北朝鮮、大量破壊兵器拡散防止、THAAD....



STRATCOM Haney Concerned About Russian Surveillance Flights Over U.S.

By: John Grady
February 24, 2016 6:51 PM


ロシア偵察機の性能が向上しており、米国領空を通過飛行していることが議会で問題となり、米戦略軍トップも懸念を表明した。
  1. セシル・ヘイニー海軍大将は下院軍事委員会戦略兵力小委員会で2002年のオープンスカイズ条約で飛行中の機体の向かう方向や飛行情報は即座に共有されているものの条約が認めている光学技術の利用で「相手国に我が国や他国の詳細な偵察能力が生まれている」と述べこの能力でロシアが比較的弱い衛星偵察機能を補完していると指摘した。
  2. 核戦略、弾道ミサイル含め全方位でロシアは米国に挑戦していると国防次官代理ブライアン・マッケオンは述べている。その例として「核兵器を使うと無謀な発言している」のはロシア式の「緊張を上げることで緊張を下げる」危機対応の考え方の反映だとする。
  3. ロシアが「交戦的そのものの言い回し」を繰り返していること、中距離弾道ミサイル協定の違反、ウクライナ東部での行動に対し米国は「これまでより広範なロシアからの挑戦」に軍事的に対応する準備を進め同盟各国の不安を取り除こうとしているとマッケオンは発言。
  4. ヘイニー大将からはこれ以上予算が削減されれば「新規リスクへの対応は不可能」になると発言があった。核兵器三本柱がぎりぎりの状態になっているという。
  5. 戦略兵力の維持、向上は引き続き国家安全保障の最優先事項だとマッケオンも発言。「次期会期の議会および新政権には課題」となるのは近代化予算の確保で皮切りはオハイオ級ミサイル原潜の後継艦建造(2021年)になる。
  6. ヘイニーは戦略軍の予算配分は現在の3%が2020年代には5%に増加すると予測している。
  7. ロシア以外にマッケオンは冒頭の声明文で中国が「質的な向上」を戦略軍、通常兵力双方で見せていること、北朝鮮が核兵器・ミサイルの開発を継続していること、またイランについては核兵器開発を本当に中止しているか警戒を怠らないことを言及した。
  8. またテロ集団が大量破壊兵器を入手しないことが「絶対必要」だとし、リビアと国境を接するチュニジアへの支援で化学兵器の流出を防止する米国の動きを紹介。同様にヨルダン、ウクライナへも援助し大量破壊兵器の拡散を防止していると述べた。
  9. ヘイニー大将はイージス・アショアミサイル防衛は予定通りルーマニアとポーランドで2018年に運用開始と述べている。
  10. 北朝鮮の脅威についてマッケオンは来週にも米韓協議をソウルで開催し、最終段階高高度防空ミサイル(THAAD)の配備を検討すると述べた。韓国が配備に同意すれば、「最重要課題の解決の展望が開ける」としている。■


0 件のコメント: