スキップしてメイン コンテンツに移動

もし戦わば(15) ロシア、中国が同時に開戦してきたら米国に勝ち目はあるのか



要は世界秩序を破壊したいと考える勢力が一方にあり、残りの世界は現状維持が一番都合委がよいと考えているのです。ロシア、中国とも実力を把握せず空威張りしており、あるいは米国の没落を真剣に信じ時期が来るのを虎視眈々と待っているのでしょう。エッセイでは太平洋地区の主要同盟国たる日本に対する不信感が見られますが、南シナ海というより太平洋地区での繁栄の条件を守るため日本が何もしないはずはなく、むしろ時の政権によりますが、積極的に米国と共同戦線を張るはずなので、論調には違和感があります。読者の皆さんはどう感じますか。

Wikimedia Commons

Could U.S. Win War Against Russia and China? 

米国はロシア、中国と同時に戦えるのか

 
ROBERT FARLEY
中国とロシアが共同して太平洋とヨーロッパで同時に攻勢をしかけてきたらどうなるか。
  1. 米国はすでに「二正面戦」構想として同時に二大勢力を相手にした戦闘は断念している。イランやイラクと戦いながら北朝鮮を封じ込めるべく国防総省の調達部門は補給体制や基地設置戦略を冷戦後の世界に展開してきたが、それはソ連との対決がもはやあり得ないと判断したためだった。米国の構想放棄には国際社会の仕組みが変わり中国の台頭やテロリストのネットワークが巧妙に世界に広がったことも一因だ。
  2. だが米国が一度に二つの戦争をたたく必要が生まれたら、しかも相手が北朝鮮やイラン以上の敵の場合はどうなるか。中国とロシアが相互調整して同時に太平洋と欧州で戦火を開いたらどうなるだろうか。
政治調整Political Coordination
  1. 北京とモスクワが一連の危機状態を巧妙に作り出し、米軍の反応を別々に引き出す作戦に出たらどうなるか。可能性が高いのは両国の一方が都合よくすでに発生ずみの危機状態を拡大し地域内で利益を求める状況だ。例としてモスクワがバルト海諸国に手を伸ばす状態が考えられる。米国が南シナ海で足元を奪われていれば好機になる。
  2. いずれにせよ、モスクワあるいは北京が手を下せば開戦となるだろう。米国は各地での現状維持で利益を得ているのであり、外交手段、経済手段で政治上の目的の達成を目指すことが得策である。米国が戦争につながる状況を作り出せば、ロシアあるいは中国が引き金を引くだろう。
柔軟性Flexibility
  1. 良い面は欧州や太平洋の戦闘で必要になる条件が別になっていることだ。第二次大戦時と同様に米陸軍がヨーロッパを守り、海軍は太平洋に集中するだろう。米空軍は両戦線で支援にまわるはずだ。
  2. ロシアには北大西洋でNATO軍と戦う実力がない。つまり米国とNATO同盟国がうまく装備を配分すればロシアの海上交通路を遮断でき(同時にロシア海軍の封じ込めも)、その間に米海軍は太平洋に専念できる。戦闘状態がどれだけ長引くかによりまたどこまで事前警告があるかによるが、米国は米陸軍装備の相当量をヨーロッパに輸送し本格戦闘に投入できるだろう。
  3. 米空母、潜水艦、水上艦は太平洋やインド洋に集中配備し、中国のA2/AD接近阻止領域拒否体制に対抗するほか、中国の通商路を遮断する。ステルス爆撃機など長距離航空機材等は両戦線で必要に応じ投入する。
  4. 米軍はいずれかの戦線で決定的な勝利を早く達成するプレッシャーを受けるだろう。このため米国は航空宇宙ならびにサイバーに注力し戦略的かつ政治的に意味のある勝利をどちらか一方でまず確保してから残る戦線に注力するはずだ。在欧米軍の戦力を見れば米軍は太平洋方面をまず優先するのではないか。
同盟関係の実態Alliance Structure
  1. 太平洋地区での米国の同盟構造は欧州とは大きく異なる。現在、欧州同盟国の防衛努力不足が懸念されているが、米国がNATO同盟関係を犠牲にしてまでロシアに戦いを挑む理由はない。米国が戦火を開き、ドイツ、フランス、ポーランド、英国が加わるはずだ。米国以外のNATO加盟国だけでもロシアに対して相当の優位性を発揮できる。ロシアがバルト海諸国を占拠してもNATO空軍力により相当の代償を払うはずで、占拠も長く保持できないだろう。米海軍と米空軍が支援にまわり協調作戦をすればロシアを撃退する優位性がNATO加盟各国に生まれる。米核戦力もロシアに戦術・戦略核兵器を使わせない保険となる。
  2. だが太平洋では米国の状況はもっと困難だ。日本やインドも南シナ海に権益を有しても、だからと言って参戦の保証にはならない。(中立を宣言するのではないか) 有事の同盟関係は紛争の固有条件により左右される。フィリピン、ヴィエトナム、韓国、日本または台湾が中国の標的になる。残る各国は米国の圧力があっても傍観を決め込むかもしれない。そうなると米国は西太平洋制圧を自国だけで進める状況に追い込まれるかもしれない。
結語Parting Shots
  1. 米国には大規模戦闘を二つ同時に戦い勝利を収める力があるが、最低でもロシアないし中国を勝てないと達観させられるだろう。米国がこの目的を達成できるのはあくまでも世界最強の軍を維持しているからであり、極めて強力な軍事同盟を主導しているからに他ならない。さらにロシア、中国はともに独自の軍事上の問題に直面しているため、米国は軍事力の一部をどちらかに集中させ、残りの軍事力で別の相手に対応できる。
  2. ただし、この状況が永遠に続く保証はない。米国も優位性を無期限に維持できず、長期的にはどこまで関与すべきかを慎重に検討せざるを得なくなる。同時に国際秩序を作ってきたのは米国であり、各地の有力国の繁栄がこの秩序で生まれているのだ。したがって当面は各国の支援を期待してよい。■

Robert Farley, a frequent contributor to the National Interest, is author of The Battleship Book. He serves as a senior lecturer at the Patterson School of Diplomacy and International Commerce at the University of Kentucky. His work includes military doctrine, national security and maritime affairs. He blogs at Lawyers, Guns and Money , Information Dissemination  and the Diplomat .
This appeared last summer and is being reposted due to reader interest.


コメント

  1. 問題はやはりNATOが政治的に機能するかどうか、です。 ドイツのメルケルはトランプ(アメリカ)に頼らない独自の「ヨーロッパ統合軍」を構想している様です。 そして既にドイツと連携を取って統合運用している国がいくつかあり、チェコ・ルーマニア・オランダ各国軍は統合軍として活動する動きがあります。 又今後連携する動きがあるのはNATO所属でアメリカを除く殆どの国で連携されるのではと私は思います。 結局の所アメリカに(軍事予算などについて)口出しされ、政治的に掻き乱されるのを嫌っての事でしょう。 アメリカ軍としては当然「2正面作戦」を念頭に戦略を構築するつもりでしょうが、実質的にはヨーロッパの事はヨーロッパでやると追い出され、結果として太平洋戦線に注力出来るのではとも思います。

    少し話は変わりますが、ロシアは日本などと軍事予算は大きく差がある訳ではありませんが、どうしてあれ程新機材を購入出来るのかについてロシアメディアの記事を見ました。購入予算捻出の為に機材の保守管理費用を削っているとの事です。 元々稼働率や保守管理の質について良い話の聞かないロシアが今以上に整備費を削ってしまっては… ソースについては御要望があれば貼らせて頂きます。
    以上です。

    返信削除

コメントを投稿

このブログの人気の投稿

F-15J用に新型国産空対空ミサイルの導入に向かう防衛省

Japan Revives Hope For Local Missiles On Upgraded F-15sJul 22, 2019Bradley Perrett | Aerospace Daily & Defense Report https://aviationweek.com/defense/japan-revives-hope-local-missiles-upgraded-f-15s AAM-4: Niranira

日本の防衛省が三菱電機製AAM-4B空対空ミサイルをF-15改修に合わせ搭載させる構想の復活を狙っている。 構想はまだ初期段階だが、戦闘機用空対空ミサイルでレイセオンの供給独占体制が崩れる可能性が出てきた。日本のF-15はまず20機が2019年から2024年にかけ性能改修を受け、対象は102機に及ぶ。 ただし防衛装備庁は7月17日付でAAM-4Bを改修機へ統合する調査の提案募集を発表している。同庁は2020年までの調査完了を期待している。 防衛省への取材で改修対象機はレイセオン製APG-82レーダーを搭載するが調査を受けて米側の合意がないと実際の搭載はできないと述べた。 同じ空対空ミサイルと言ってもレイセオンのAIM-120Amraamと違い、AAM-4Bはアクティブ電子スキャンアレイ(AESA)レーダーを搭載する。原型はAAM-4だが大型化し推進剤の搭載量を増やしてAmraamの射程を超える可能性もある。 .同省はAAM-4Bはゆくゆくは共用新型空対空ミサイル(JNAAM)にその座を譲ると見ている。JNAAMとはラムジェット推進方式のMBDA製メテオを原型に日英両国で開発するもの。 JNAAMでもレーダー統合に米国の許認可が必要となる。 AAM-4B導入はJNAAMの実用化が失敗した場合のつなぎを防衛省が考えていることが明白だ。
提案企業の資格要件として「AAM-4ならびにAAM-4Bの設計性能分析に経験」を有するものとあり、三菱電機と戦闘機製造で日本の最先端を征く三菱重工業が対象となっているのは明らかだ。応募締切は8月5日。■

★★世界いかなる場所にも24時間以内に展開する「ラピッド・ラプター」構想の持つ意味とは

F-22を制空戦闘機としてのみ見ているとこの記事の趣旨が理解できないと思います。たしかにシリア戦線で戦闘デビューしたラプターは当初こそ何ができるんだと揶揄されても仕方ない存在でしたが、戦術の改良と訓練により対地攻撃能力も開花させたのでしょうね。配備機数が少ないこともあり大量投入は不可能なので、初回に効果の高いパンチを敵にお見舞いすると言う構想のようです。


"Rapid Raptor": The Air Force Can Attack Anywhere with a Stealth F-22 in 24 Hours 米空軍は「ラピッド・ラプター」構想でF-22を24時間以内に世界の任意の場所へ派遣し攻撃するby Kris Osborn March 13, 2019  Topic: SecurityBlog Brand: The BuzzTags: F-22RaptorF-22 RaptorMilitaryTechnologyWorld https://nationalinterest.org/blog/buzz/rapid-raptor-air-force-can-attack-anywhere-stealth-f-22-24-hours-47377

米空軍は「ラピッド・ラプター」でF-22の四機編隊の迅速派遣をめざす。文字通り世界いかなる場所にも24時間以内到達を目標とし、急速に展開する世界情勢に対応する。 構想自体は数年前から存在し、F-22の4機、乗員、C-17による支援、燃料、整備、兵装を迅速に世界各地に派遣し、高速攻撃、第一撃を実施するのが狙いと空軍関係者が述べる。 F-22の即応体制はひとえに新ソフトウェアの実現にかかっており、ソフトウェアを順次連続改良する「パイプライン」方式を目指している。 「ソフトウェアに古臭いルールを適用する余地はない。これまで違う形のソフトウェア開発が必要だ。F-22では従来型の調達方法を引き渡しまで継続する流れとして再編した」とウィリアム・ローパー空軍次官補(調達技術補給担当)が空軍協会主催のシンポジウムで語っている。 「迅速調達」でソフトウェアに重点を置く空軍はF-22で新型兵器二点を有効化した。機体、兵装、搭載方法やセンサーといったハードウェアすべてをソフトウェアで性能向上するのがF-22の基本設計思想だ。

★★日本をファイブアイズに加盟させるべき、という主張をが主要シンクタンから発表されました......ク

ファイブアイズに日本も加われるのか、小泉元首相時代にも要望があったと覚えておりますが却下されていましたね。それから日本の体制や考え方に変化が着実に起こっており、今回は期待できそうですね。ただし旧民主党のように米国の信頼を自ら損ねるような自殺行為が今後発生しなければの話ですが。お金だけ払って肝心な情報はもらえないという屈辱的な立場は過去のものとなるでしょうか。

New Report Suggests Closer Integration With Japan, Including Addition to ‘5 Eyes’ Intel Sharing新規報告書が今以上に緊密な日本との関係を提言し、「ファイブアイズ」情報共有体制への加入も認めるべきと主張By: John GradyOctober 3, 2018 3:02 PM https://news.usni.org/2018/10/03/new-report-suggests-closer-integration-with-japan-including-addition-to-5-eyes-intel-sharing

米海軍のP-8Aポセイドン(哨戒飛行隊(VP)5所属)が最新の日本製哨戒機川崎P-1と並んで姿を見せた。2014年11月。VP-5は前方配備として第7艦隊隷下にあり、広域対潜戦や海上自衛隊との共同作戦の実施体制向上にあたっている。US Navy photo.

日本を「ファイブアイズ」情報共有ネットワークに参加させるべきとの報告書が発表された。その他提言とともに米国と最も近い関係の同盟国のひとつとして日本を組み入れるべきとする。

国際戦略研究所Center for International and Strategic Studiesにおいて10月3日、リチャード・アーミテージ Richard Armitage大使が作成者の一人として「両国はかなり進展している」と米日間での情報共有の現状を語った。【ファイブアイズ」とは米国、英国、オーストラリア、カナダ、ニュージーランドを指し、対潜戦、宇宙画像、ミサイル防衛などで最大度の機密情報を共有している。

アーミテージによれば日本は「米国同盟国の中で最も有能」であり「世界で最重要な地域の中」に位置する。自衛隊はここ数年装備を大きく拡充して独自の情報収集・指揮統制機能を向上さ…