THAAD陣地を撮影していた北朝鮮のUAVのカメラは....


韓国では毎度毎度のことなのかもしれませんが気になるのでお伝えします。まずJane's Defense Weeklyが簡潔に伝えています。

  
韓国で見つかった北朝鮮UAVにはカメラが付いていた。発見場所は韓国東部で軍事境界線近く。韓国国防部が6月12日に発表した。Source: South Korean MND

 

South Korea finds suspected North Korean UAV near border 

北朝鮮付近の地点で韓国が北朝鮮所属と疑われるUAVを発見

 Gabriel Dominguez, London - IHS Jane's Defence Weekly
13 June 2017


  1. 韓国内で北朝鮮のものと思われるカメラを搭載した無人機(UAV)が北朝鮮国境に近い東海岸で見つかったと韓国国防省が6月12日発表した。
  2. 韓国統合参謀本部(JCS)によればUAVの大きさは全長1.8メートル、翼幅2.4メートルで江原道インジェ山中で発見された。2014年に韓国が占拠する黄海白ニョン島で見つかったUAVと類似している。
  3. 「白ニョン島で見つかったUAVにもカメラがついていた。今回の機体のカメラと同種類か分析中だ」とJCSは説明し、解析に約10日かかるという。
  4. 聯合通信はインジェ地元住民から「小型飛行物体」を発見したと連絡があり、軍関係者が現地入りしていたと6月9日に報じていた
  5. 今回のUAVをレーダー探知できていたかは不明。■

ちょっと淡泊な伝え方ですね。今度はDefense Newsを見てみましょう。

Suspected North Korean drone photographed US missile defense site

北朝鮮無人機は米ミサイル防衛陣地を撮影していた

 By: Hyung-jin Kim, The Associated Press, June 13, 2017 (Photo Credit: South Korean Defense Ministry via AP)

SEOUL, South Korea — 北朝鮮所属と疑われる無人機が韓国国内で見つかったが、墜落前に米ミサイル防衛装備を撮影していたと韓国国防部が発表した。
  1. 今回の発見は北朝鮮が対艦ミサイル4発を発射してから4日後のことで新大統領文在寅の北朝鮮対策を一層複雑化している。
  2. 無人機がみつかったのは軍事境界線近くの地点で調査チームは機体ないでソニー製カメラに数百枚の写真を見つけた。
  3. うち10枚が南東部星州に展開中の米THAADミサイル発射装置とレーダー装備だった。残りは住宅地や農耕地と機微情報と言えない対象だった。
  4. 無人機は北朝鮮に戻る前に燃料切れで墜落したようだ。解析をさらに進め、THAAD陣地を撮影した10枚が送信されたかも調べる。
  5. 北朝鮮は無人機に力を入れていると韓国は注目し、北朝鮮軍には無人機300機近くがあるという。2014年には北朝鮮無人機数機が韓国内で見つかっている。専門家によれば機体はローテクだが安全保障上の脅威になる可能性は排除できないという。
  6. これに対し今回見つかった無人機は双発エンジンで前回見つかった単発エンジン機より航続距離も長いと韓国国防省は指摘。北朝鮮が無人機部隊の戦力向上を図っていることが分かる。
  7. 2014年に見つかった無人機にも日本製カメラが搭載されており、韓国大統領官邸青瓦台他を撮影していたと韓国は説明。ただし調査の結果、画像はリアルタイムで送信していないと判明した。
  8. 一方で韓国軍によれば北朝鮮兵士一名が地雷原を徒歩で縦断し亡命してきた。韓国統合参謀本部の発表では亡命の動機を尋問中。■
気を抜くことができない韓国内の緊張状態は大変ですね。それだけに韓国内にとりたてて緊張感がないと伝わると日本では理解しにくいのです。一方で韓国の学校で朝鮮戦争は日本を相手に戦って韓国が勝利したとの誤った教育を本当にしているのなら将来が心配ですね。SONYのカメラなど生々しい内容は日本では報道していないのでは。


コメント

このブログの人気の投稿

★★★★北朝鮮ミサイルが中国衛星で誘導されている可能性

★★★真偽は?日本もUCAVを開発していた

★★ロッキードが極超音速技術の完成に近づいている模様、SR-72との関連へ注目