北朝鮮の軍事行動に備える米韓軍

U.S. Experts Weigh North Korean Capabilities

aviationweek.com 5月28日烏山空軍基地にて

北朝鮮関連の情報収集は一筋縄ではいかない。人的情報源がわずかであることに加え、険しい地形、地下施設の分布、また上空飛行ができないことがその要因であると米軍専門家は明かす。だが、米国は韓国と共同でこの困難な作業にあたっている。「情報収集は通常兵力の対峙の最後の防御です。開戦が現実のものとならないことを祈るばかりですが、毎日の準備は怠りません。警告時間の余裕がなく、厳しい状況ですので、第一に考えているのは相手側対象の識別と警報発令です。」(ゴードン・イスラー米空軍大佐 第7空軍情報部隊司令官)
【ソウル攻撃の可能性】 北朝鮮軍のソウル攻撃態勢は均衡がとれておらず、1950年に成功した攻撃で米軍・韓国軍を釜山まで追い詰めた経験を再現することは不可能と見られる。韓国軍と米軍の最大の課題はソウルへの砲撃、ミサイル攻撃の阻止にある。北朝鮮は特殊作戦部隊、戦術ミサイル(スカッド改良型)、大量破壊兵器(化学弾頭)と多岐の作戦能力の維持に努めているようだ。
【北朝鮮の装備近代化】「装備の近代化もすすんでいます。テポドン2の追跡誘導はいっそう正確になっており、射程距離も伸びてきました。」(ジョー・ディヌオボ大佐 在韓空軍情報収集偵察監視グループ司令官)「コンピュータ利用による指揮命令能力が向上し、防空網のネットワーク化を進めています。ただ、資源に乏しいため演習経験が不足しており、作戦目標も限定しています。その結果、ソウル攻撃能力を示すことで交渉材料としようとしているのです。」(同大佐)
【開戦のシナリオ】 米韓連合軍の防空体制のあらましが本誌に判明した。大規模攻撃が北から開始の場合は、韓米軍は一日あたり3,000回の出撃を実施し、「非常に能力の高い防空網」に対処する。「北朝鮮の軍事力の多くを目標とする」(マイク・ケルツ准将 第7空軍副司令官)ものだという。「相手側の配備には旧装備としてSA-2、SA-3、(長距離の)SA-5がありますが、コンピュータと光ファイバーで非常にうまく統合しています。今や予想可能な周波数をもらすこともありません」(同准将)「控えめにみても北朝鮮は開戦24時間から48時間以内に25万発の重火器を発射する可能性があります。長距離射程の砲兵陣地を構成するトンネル構造を攻撃し、発射回数を減らす必要があるのです。また、系統だって目標を判別し、攻撃することになるでしょう」(同准将)
【開戦には至らない?】 ただし、軍上層部は金成日政権には失敗が許されない状況であるために開戦に一気に踏み込み、結果通常戦で米韓連合軍に敗北するとは考えていない。毎回崖っぷち状況の繰り返しが続いているが、確かなことは誰にもわからない。本当に北朝鮮政府が衝動的な行動に出るのか、実は裏でもっと大きなゲームを進めているのか見極めようとしている状況だという。

コメント:これから数週間あるいは数ヶ月は目を話せない状況が続くでしょう。イラク、アフガニスタンとは異なり仮に軍事作戦展開となると米軍は相当の量の集中的な作戦を実施するでしょう。開戦とならないことを祈りますが、平和は期待するだけでは実現できません。力には力で対応する冷徹なアプローチが必要です。それにしても冷戦構造の名残りのような古めかしい状況がまだこの地域に残っているのは残念でなりませんが、一気に片付けるのがいいのかもしれません。

コメント

このブログの人気の投稿

★★★★北朝鮮ミサイルが中国衛星で誘導されている可能性

★★★真偽は?日本もUCAVを開発していた

★★ロッキードが極超音速技術の完成に近づいている模様、SR-72との関連へ注目