DARPAはすごいことを考えています


Darpa Plans Triple-Target Missile Demo


aviationweek.com 5月22日



【モード切替が可能なミサイル】 DARPA(国防高等研究計画局)の2010年度予算要求には32.5億ドルで新型高速長距離空中発射兵器を開発し、対航空機、ミサイル、防衛網突破を目的とするものが計上されている。三つの目標に対応できるので、T3(Triple Target Terminator)と呼称され、戦闘機・爆撃機および無人機の外部あるいは内部搭載され、空対空、空対地の切り替えが可能で、一回の任務で対象とできる目標の範囲が広がることになる。2010年度はまず7百万ドルでT3計画を開始させ、推進動力、マルチ・モードのシーカー、データリンク、デジタル誘導制御、発展型弾頭の技術要素を求めることから始める。

【他にもこんな変なものがいっぱい】 その他の新規事業で2010年度から開始を目指すものは以下の通り。①自動空中給油: 高高度で無人機への宮中給油をプローブとドローグを装着したグローバル・ホークで実施する。②トランスフォーマー車両: 地上走行可能な航空機で、ハイブリッドの電気ダクトファン推進により、1から4名を二時間飛行させる ③潜水航空機: 飛行と潜行が可能な機体。そのほか企画中のものにサイレントトークがある。これは発声なく神経信号により特定の語彙を伝えるもの。「頭脳は単語固有の信号を形成し,声帯に電気インパルスを送っている」とDARPAは説明する。脳波計を使い、この「発声信号」を捕らえ、各信号を単語レベルで整理することを目指し、機密性のある意思疎通をめざすという。DARPAの狙いは第一段階として戦闘状況でよく使われる100語の特有の脳波パターンを把握すること。
コメント: やっぱりDARPAのプロジェクトには相当奇妙なものが入っていますが、これが情報操作なのかはわかりません。とまれ、創造力の維持発展のために技術的な挑戦をあえて進めているようです。「変なもの」と書きましたが、DARPAは懸命に実現を追及するのでしょうし、その中から本当に実用となるものが生まれるのでしょう。自動空中給油はその中でもまず早く実用化してもらいたいものです。

コメント

このブログの人気の投稿

★★★★北朝鮮ミサイルが中国衛星で誘導されている可能性

★★★真偽は?日本もUCAVを開発していた

★★ロッキードが極超音速技術の完成に近づいている模様、SR-72との関連へ注目